CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 韓国につぶされた優勝 −フェンシング団体決勝− | Main | テレ朝 古館の降板を  −対韓国違法資金提供?− »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
勝利は皆様のおかげ?−五輪の英雄は奴隷か?−[2012年08月08日(Wed)]
「メダルをとれたのは周囲のみなさんのおかげです」「応援して下さった皆さんのおかげです」。日本選手が勝利すると、決まってそのようなことを言わねばならないようだ。だが、社交辞令だからイタしかたないとはいえ、選手たちこそ国・社会の英雄であって、一般国民に気を使わねばならない存在ではない、特にメダリストは。国民こそ彼らに感謝し、国民の側こそ大いに気を使わねばならないのだ。それが当然の社会だろう?

 それなのに、これはなんだ。日本社会の一般的な社交辞令なのは分かるが、本来は逆なのだ。それを、戦後型の赤く汚れた日本社会の風潮や、最近の五輪のテレビ局による「ショービジネス化」で、英雄であるはずの五輪メダリストが「スポーツ奴隷化」してしまっているのだ。その結果が
「視聴者の皆さんのおかげでメダルが取れた」
という話になっているのではないのか。国民でなく視聴者だ。

 これでは実際には
「メダルはテレビ局サマのおかげです」
と言わさせられているようなものだ。しかも、そのテレビ局は、メダリストの血と汗と涙の結晶のメダルを写してモウケた金を、敵国・韓国に大量に手渡して喜んでいる。日本選手の妨害に巨額のスパイ活動資金をかける連中に金を渡しているテレビ局は、メダリストの最大の敵であって、味方などではない。味方ズラし最悪の敵、裏切り者ではないか。

本当はメダリストは

「テレビ局の皆さんのおかげで散々苦労しました、敵国韓国が肥え太って」

と言わねばならないのだ。



 昔、戦国時代を扱ったNHK大河ドラマ「国盗り物語」で、織田信長が明智光秀をせっかんした理由が、似た話だった。光秀が「ここまで来たのは我らが骨を折ったおかげ」とか言ったのを最高責任者の信長に聞かれ、「私(信長)こそ(矢面に立って)骨を折ったのだ」とか厳しく叱責され、それも一つのきっかけで光秀の反乱(本能寺の変)となる、というストーリーだった。
 「信長はやはり異常」という話だったが、しかし、今となってはよく分かる気がする。信長こそ偉かったのだ。英雄だったのだ。これはメダリストたちも同じなのだ。


 もし選手が
「皆さんのおかげです」
と言っても、それは日本社会ではイタしかたない。そこで、それを否定したり、言わせないのが周囲の役目だろう。
「いいえ、一番エライのはあなたです」
とな。
 よく聞け、赤く汚れた愚かな日本人どもよ。これを正直に言っていた有名人は、今のところ「ビートたけし」くらいだぞ、悪ガキの。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/632
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml