CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中国株式市場「総崩れ」−中国の「暗黒の月曜日」− | Main | 「いじめ」でなく「犯罪」だ−「学校教育ムラ」解体を− »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
殺人小役人と犯罪者の楽園、日本の学校の廃止を   − 滋賀いじめ殺人事件 −[2012年07月18日(Wed)]
「殺人クサレ小役人と犯罪者のガキの楽園」、「日本の学校」をたたき直せ。いや、一度全て解散して出直せ。無くすべきだ、いったん。日本、特に江戸では、江戸時代から寺子屋システムで世界最高の基礎教育水準を達成していた。後進地域の欧米人がキャッチアップの為に作った画一的なお役所仕事の学校システム、それを更に硬直化させた野蛮な占領米人推奨の戦後型学校システムなど不要だ、クサレ小役人根性がはびこるだけで。特にひどいのが戦後新設された中学校だ、公立の。今回の事件も公立中学校が舞台だし。
 すでに日本の学校は反社会的勢力の巣。行くだけムダどころか、子供を殺されてしまう。すでに学校は無法地帯、最も恥ずかしい反社会的な空間だ。教育の名を借りて犯罪が世間で最も安易に認められる最低の偽善空間だ。文明国としての最低限の秩序さえない、危険極まりない「偽善と無法と無責任の園」だ。私の例を見れば分かるだろう? 凶悪な連続殺人未遂をもみ消したのだぞ!
 まともな親は自分の子供を学校から引き上げるだけでなく、「憲法に定められた(子供への)教育の義務」を脅かす現在の学校教育関係者どもを憲法違反の犯罪者として裁判所に訴えろ。護憲だよ、護憲。教育労組はじめ左翼のクサレ小役人どもが大好きな。


 全学校の直ぐの全廃は大変というなら、ごく簡単な事くらいはしろ。
 給食費を徴収する「学校事務員」等の強化だけでなく、最低でも学校ごとに
「法務担当者(学校法律指導員)」
「警備担当者(学校ガードマン)」
「相談担当者(学校カウンセラー)」
「ネット担当者(学校ネット監視人)」
程度は常駐させ、ネットの書き込みまで含めて校内の状況に目を光らせ、校内パトロールを徹底し、警察や法律事務所や児童相談所等と常に連絡を取り合い、「イジメの名を借りた刑事犯罪」等はすぐ摘発し、学校に「文明国の最低限の秩序」を取り戻せ。トイレや屋上や体育館等でのイジメの名を借りた犯罪を防ぐ防犯監視カメラ等も必要だ。
 警察OBや法律業務経験者等のボランティア等でも動員しろ。「教育現場にはなじまない」とかいう赤いクサレ小役人的な言い訳は絶対に許すな。橋下の言うように、「教育には選挙で選ばれた知事などの政治家が責任と方針決定権を持つ」のが当然だ、文部省・教育委員会や日教組のクサレ小役人でなく。
 これだけ世論の目が向いている時なら、ボランテアもいくらかは集まりやすいだろう。「学校・教育現場への権力の介入を許すな」と言った教員組合や教育行政こそ許すな、絶対に。反左翼の日本の常識?勢力も「日教組は許さない」と口で言うだけでなく、今こそ学校や教師をたたき直せ、圧倒的なネット世論と共に。

 学校は既に無法の場になり下がった、教師とか言う赤く汚れたクサレ小役人を養うためだけの。表面的に秩序が保たれていると装っているだけの話。今の学校関係者だけでは何もできないどころか、ますます子供を殺すだけだ。私も経験したように、奴らは間接殺人者だ。見殺し殺人者だ。立派な犯罪者だ。まともな人間ではない。
 ネットでも何でも使って、すぐに社会の常識を学校に注入せよ、そんなものがあればの話だがな。全く常識のないクサレ切った反社会的な者の巣だから、戦後の日本の学校、特に公立中学校は。おかしいのは小学校でも大学でも、公立でも私立でも同じだが。


 同じことは、「近隣国条項?」とやらで韓国人犯罪をすべて見て見ぬふりし、報道すらさせてはならないという日本社会の状況と共通する。まさに、
「赤く汚れた草取り百姓と無法者テロリストの楽園」
だからな、日本は。そんな条項こそ、国民の人権を政府自らが踏みにじる反憲法の異常な「テロ犯罪促進条項」であり、直ちに廃止しなければならないし、それを捨てない政府を「憲法違反」として直ちに訴えねばならない。妨害する韓国政府に対し、正面から戦わねばならない。そろそろ姦国大使館への数万人規模のデモを考えねば、連日の。韓国とは国交断絶後、憲法を改正して戦争しなければならないのだ。
 すでに、世界ネット革命は、赤魔・韓魔撃滅の戦闘(砲撃)段階に入ったのだから。
 もっとも、それまで日本人とやらがこの世にいればの話だがな・・・。



 ところで、全く同じことが私の話でも言える。私にとって、日本社会は「偽善と無法と無責任の園」「クサレ小役人と犯罪者の楽園」だった。違うというならけじめをつけろ。私の目の前にいる超凶悪犯罪者への私個人による仇討ち(あだうち)等による復讐は,法律で禁じられているそうだ。私が母親と名乗る悪魔を殺したりすれば、「あいつが異常だった」と、全て私のせいにしてごまかそうとする意図が見え見えだ。ならばなぜ、「政治的判断」や「一人一殺」とか口では勇ましい連中がなにもしないのか。強度の精神障害者を隔離するとか。あんな奴らがどこで交通事故に遭っても、二束三文で示談なのだし。期限は迫っているぞ。後一週間ないのだぞ。




 
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/614
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml