CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 9・19桜系フジデモ前日 −フジデモを8/21に戻せ− | Main | 朝日がフジデモ報道!  −集中フジデモの効果− »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
デモはこうでなくちゃ  −9/19桜系フジデモ成功−[2011年09月19日(Mon)]
デモはこうでなくちゃ、といっても一時はどうなるかと思った。デモ隊側がフジ社屋前のボロボロの日ノ丸が国旗侮辱だとして新しい旗にかえ、警官隊も入って騒ぎになったのだ。

 今日9月19日のチャンネル桜(水島代表)・ガンバレ日本(田母神会長・水島幹事長)系のデモは、前々日17日のネット系デモにそれ程は劣らぬ参加者1190人を集め、そこに更に学生のデモも合流した。ひとまずは成功で終わった、かと思った。

 しかし、タダのデモ行進では終わらなかったのだ、前回8/21同様。フジの向かい側に陣取る街宣車に乗る桜の水島代表(幹事長)が、フジ批判街宣の話題として社屋前のボロボロになった国旗(祭日掲揚)を批判し続け、フジ側に改善を求める指摘・抗議となり、フジ担当者の「善処する」との言質を取り付けた。しかし、なかなか動きがないので、「こちらの新しい日の丸をお貸ししましょうか? 進呈しましょうか?」との話になった。

 私もこれには思わず笑った。予備の旗もなくて交換が遅れているなら差し上げる、という極めて穏当な話だが、当然に皮肉でもあったから。国旗という特別な旗をみじめな姿にしないという配慮さえないフジが相手では。
 ここでは私と同じように考えた者が多かったらしく、本当に田母神会長等の主催者側が横断歩道を渡って急いで日の丸を持って行き、交換掲揚(けいよう)を迫ってフジ側と協議に入った。今日は田母神会長らが何度も横断歩道を行き来したのを見たが。
 フジ側も当初は担当者が日の丸の交換を約束しながら、「上に聞いた所、止められた」為に話が止まったとのこと。それで、田母神会長等三名がフジの社内に招きいれられて協議となったのだ。

 だが、それでもラチがあかない。国旗問題でもめ始めたのが3時40分頃だったか。その後、5時頃になるまで進展が無かった。デモ主催者側の推測では、「日暮れで旗をしまう時まで引き延ばせばごまかせるので時間を稼いでいるのだろう」と。

 そして、ついにデモ主催者側がキレた。5時頃、道を渡りフジ側でマイクで実況放送をしていた水島幹事長等の主催者側の一部が「古い旗をおろす」行為を強行したのだ、交換掲揚の為に。「日本人よキレろ!」と勧めた私もビックリ。
 これは騒ぎになった。フジ側のガードマン(アルソック)は当然に止めようとしてモミ合いになった。手が当たった(殴った)とかいう話にもなった。警官隊が介入したが、水島幹事長はひるまずに「これはフジと我々の話だから」と、警察の過度の介入を止めたのだ。
 警察は元から国旗を大切にする立場。本来は日本の公務員は皆そのはずだが。国旗はフジの所有物で勝手に触らないのが常識で、普通の日本人ならそこで止まってしまう。だが、いったんフジ側が約束した交換掲揚の話し合いが引き延ばされる状況で、ガードマンが少々手荒い警備をしてしまった。それらが重なり、警察もフジのカタを持たなくなったのか。
 その後は警官隊はフジ側ガードマンとデモ隊の間に入って混乱を防ぎ、結果として国旗の交換掲揚を助ける形ともなった。どちらかと言えば「デモに好意的な中立」だったらしい。「警官隊が守ったのはフジでなくデモ隊」といった評も出ている。この点は水島幹事長も後に警察に感謝の意を述べ、周辺からも警察に拍手が送られている。「公安がフジデモを抑えるとはウソ。警察(公安)はデモの味方」との私の話は本当だったろう? 
 これにも助けられる形で、新しい国旗が掲揚された。少々小さかったが、きれいな旗だった。

 フジの番組を変えさせた訳ではない。ただ旗をかえただけともいえる。「国旗がボロだからと非難するとは、いかにも右翼のナンクセつけ」と思う者もいよう。確かに小さな成果だが、デモ中に実際に成果が出たのだし、フジの問題ある体質を改めて浮き彫りにした点も重要だ。
 フジ現場責任者が国旗の交換掲揚に応じても、上級幹部が許さない。簡単な話なのに。デモの状況を聞きつけたスパイが外国系資本所有者等に報告し、早速そこからフジ上層部に圧力がかかった疑いもある。スパイ(韓国報道機関等)はフジ本社とほぼ同じ敷地にも同居しているそうだから、報告は早いだろう。
 考えてみれば、祭日の今日にデモがあると分かっていながら、ボロボロの国旗・日の丸をかえなかったのだ。単なる無配慮というより、意図的な嫌がらせや挑発に近い面があったとカングられても致し方ない。いかにも韓国人が喜びそうな反日行為だ。私が毎日毎晩やられて何もかも破壊された手口の雰囲気とも似ている。
 その上、いったん受け入れた国旗交換掲揚まで引き延ばしてごまかそうとするとは。これでは背後の黒いものの存在を疑われるし、フジの今の体質を浮き彫りにする話でもあろう。

 国旗交換掲揚の強行と成功という小さな成果であっても、このような意味があったと思うのだ。

 しかし、警官隊が介入した時は、どうなるかと思った。逮捕者が出るのを覚悟した。しかし、あくまでデモ隊とフジの間の問題として介入を許さず、警察の助けも借りる形で無事に目的を果たしえた点は、功績だったと思う。
 その場にいなかった野次馬まで含めた一般ネットユーザーは、もったいないことをしたな。私は少々気をもんだが、極めて面白い話(興味深いという意味で)ではあったから。ネットの動画という手はあるが、その場にいた者だけが味わえる雰囲気もある。足が痛くなったのも、現場ならではだったし。 


 他に面白いと思ったのは、水島幹事長がフジ本社内に日ノ丸を出す者を発見して街宣で取り上げた事。フジ内部のデモ同調者という事で「フジの中の偉い人」とか呼んでいたかな。


 
 ところで、花王デモから始まった今回の連休前後の4日連続フジデモは大変な残暑と重なり、あまり天に歓迎されていないようにも思われた。しかし、最終日は曇って涼しく、私も日焼けを気にせずに屋外で見ていられた。その後に停滞していた台風が急に動き出した。台風をとどめてくださっていたのだ、連休中は。そう考えると、デモに大変な御配慮を頂いたのかな、天に。

 花王デモの後、デモは織り込み済みだったのか、花王は外資所有比率が高いせいか、花王の株価はあまり動かなかったそうだが、フジの株価は急落との事。そんな所に効果が出たのだな。考えてみれば、フジのスポンサーを突く事でフジを批判するデモだったのだから・・・。

 今後も徐々にデモの効果が伝えられるだろう。私が把握するには数日かかろうが。フジも花王も早く妥協すればよかったのに、韓国人が裏でごり押ししているのか。やはり問題はそこだろうな。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/462
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml