CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 応援するならカネを出せ! ーラグビーW杯日本チーム試合終了ー | Main | 即位礼正殿の儀 ー韓国首相の傘を折った台風の風雨の中で一瞬太陽が差し虹が出るー »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
米大使公邸に韓国学生乱入 警官黙認 ー米韓ついに決定的対立かー[2019年10月22日(Tue)]
ついに米韓が決定的に対立、いや破綻しかねない事件が起きた。北朝鮮の手先の韓国人左翼系学生組織の集団が韓国駐在米国大使公邸に乱入し一時間以上も反米宣伝活動で騒いだのに、韓国警察は手ぬるい対応しかせず、事実上「放置・黙認」したのだ、大使公邸警備の警官が。これでは幇助(ほうじょ、助ける事)、消極的協力だ。警官も消極的にだが反米犯罪活動に加わったのだ。
 韓国警察は「学生が塀をよじ登る時に妨害すればケガするかも」「女性活動家に男の警官が触れるとマズいから女性警官を待った」とか都合の良い言い訳だが、あの人権無視の野蛮で遅れた国家主義国の警察が何とも変わった対応だ、まるで法治国家の先進国のマネをしたように。内実は「テロ放置(ほうち)国」なのに法治(ほうち)国を気取るとは、悪いダジャレか? 最近の日本人女暴行事件の犯人を長く放置したのと似た話かね。
 要するに韓国極左政権の意向を受けての韓国警官の不法行為(犯罪)なのだ。直接の指示がなくともソンタクだ。大統領特別補佐官の左翼の狂人が反米デモを奨励する中で起きた事件なので、小役人どもはワザと捕まえなかっただけと言われるが、当然の解釈だろうよ。

 さて、この程度は幾らでも得られる情報だが、やはり韓国と米国は決定的に対立する段階に入ったのだ。間もなく韓国駐留米軍費用負担問題の期限が来る。トランプが韓国側負担5倍増を求める件だ。しかも、日韓GSOMIA破棄の期日も来る。これではいくら商売人のトランプでも韓国に甘い顔はできず、自ら設定した高い要求水準を額面通りに強制して更に韓国政府の反米志向が高まって「米韓同盟の実質的な停止・破棄」の現実化、具体化の可能性が高まる。同時に戦時労働者絡みの差押え資産の現金化による日本からの本格対抗措置も現実化する可能性が高くなった。やはり韓国は西側から離脱して共産陣営につくのだ。日米韓の防衛協力関係の破綻は目の前と考えるべきだ。
 それを考えて全てを設計しろ、日本人。日本の人間や政府の頭や実行能力では無理だがな、到底。
 日本人の基本的人権や企業の権利が全く守られない国、日本人(在韓邦人)の自衛隊の緊急保護活動を全く許さない狂った韓国からは、即座に日本人や日系企業を撤退させねばならないのに、クソ日本政府は全くやらない。直ちに厳しい対韓渡航制限と対韓投資制限を行い、同時にスパイの多数マギれ込む韓国人のビザなし入国を停止しろ。直ちにだ。やらないなら安倍が職を辞せ、直ちに。さもないと更なる災いだぞ。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2699
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml