CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 朝鮮系テロをアオリ運転にすり替えるな ーまたぞろの問題スリカエとゴマカシー | Main | タイ韓国GSOMIA ーまた韓国スパイ活動とタイ人の裏切り?ー »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
TBSを撃滅せよ ーTBSオウムビデオ隠し事件の体質は全く変わらないー[2019年09月15日(Sun)]
オウムビデオ隠し事件を繰り返すTBSを撃滅せよ。韓国の手先としての醜悪さ・反社会性が更に露骨になってきた。これ程の天災にも何ら反省せず態度を改めない神の敵、正に悪魔の手先だ。
 朝鮮系テロが疑われる京急踏切事故の横浜や当該運輸会社の千葉の香取を直撃して大被害を出し、指摘し続けた羽田空港から成田空港へとアクセス的に国際空港間を直通し、朝鮮系の政治の影が強い千葉に未だ回復しない大規模停電をもたらした台風15号は、TBSのような韓国の手先が神の怒りを引き出したものだろうよ。東日本大震災にも似た露骨な一致が満載の大災害だ。
 そんな中でTBSがやった事とは、韓国批判の回答の比率が高い世論調査をモミケしゴマカそうと、例の石塚などが唱えた選択肢の調査をやり直してワザワザ韓国批判の民意を反映しない歪曲数字を示すことだった。石塚ら朝鮮系は前回の調査で「日本が譲歩してまで日韓関係を回復させる必要はない」等の回答が多いのを不満に思って「(長期的には)日韓の回復を望む」という選択枝に絞って回答を誘導する調査を行って「日韓回復を願う声が大半」というウソ話をデッチ上げたのだ、短期に妥協などしたくはない多数の者まで含めた。そして、それらの結果を悪用して夜のBS・TBSの情報番組は正に韓国の出先機関の如き惨状となっている。放送法違反どころではないレベルだ。
 TBSに連日出る例のピョンは韓国人の平均すら超えて左の意見で,要するに韓国の現政権・極左政権の代弁者、手先なのだろう。だからこそTBS等に圧力をかけて出ずっぱりの状態にさせるわけだが、これは外国政府による介入という放送法違反よりも前に韓国人の代表ですらないかも知れないな、極左政権の手先だから。


 夜のストーブ番のために明け方にならないと眠らない習慣が付いてしまい、TBSの早朝のニュースを良く見た。月・火曜日は小野寺結衣アナ(外部タレント)というエヴァンゲリオンを思い出させる名前で前・読売巨人軍監督婦人小野寺麻衣アナの年の離れた妹が出ており、名古屋の男子スケーターの女房に良いかとも思って見ていた。水曜は新人局アナ田村真子、木曜は上野愛奈(外部者)と、結構見てはいたが、もうダメだな。外注タレントならTBSがツブされても害はないし、局アナも早めに避難しておくべきだろう。名古屋の話は既に名古屋入りした元フジテレビの旧姓大島にでも任せるから、TBSは関係ないしな。それが関係ないなら、私には全く実害などないわけだ、TBSがツブれても。フジなら良いとも言わないけどな。TBSギライではなかった私をここまで怒らせたのは、まさにTBSの罪だ。大罪だ。


 日本人は惨状を放置し続けトボケたが、台風首都圏直撃と千葉大停電という露骨な神の怒りまで示された以上、何もしないではスマされない。オウムビデオ隠し事件以来のTBSの悪の体質は治らない、死なねば。ならば亡ぼせ。さもないと日本人が亡ぼされる、世界人類に,神に。それが順当だ。当然だ。全く同情も助けもしない。私自身も叩き続ける、貴様ら腐りきった悪魔の手先を。せいぜい、日本人より先に外国人の手でTBSが滅ばされないよう気をつけるのだな。日本人がTBSに有効打を与えた証拠がないままになれば、神の前での弁解の余地が全くなくなる。トランプなどの目から見るまでもなく、神が日本を亡ぼそうとする時に、「消えた天才」と「グレートジャーニー」の2番組だけでは命乞いの証拠としても全く足りない。最低でも100番組だろうよ。それとも「トランプ砲に任せてサボろうよ」か、またぞろ。サボればトランプ砲が貴様ら自身に向き更なる神の怒りを招く事は今さら言うまでもないはずだぞ。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2650
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml