CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 米国の激怒とウオン売り ー韓国GSOMIA破棄決定の結果ー | Main | 韓国は仮想敵国   ー韓国軍竹島侵略大演習ー »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
「米韓関係で韓国は巨大な代償を支払う」 ー韓国GSOMIA破棄での米国の怒りと対韓制裁ー[2019年08月24日(Sat)]
「米韓関係で韓国は巨大な代償を支払う」 早く韓国絡みの資産など売却せよ。米国を狙う韓国のレーダー照射(敵対行為)事件ともいえる韓国GSOMIA破棄決定に対する表題の米元高官の怒りの言が韓国シンパの日本のTVですら堂々と流される状況なのに、韓国政府は「韓米関係は強化される」と大ウソ。如何にウソつき韓国でも呆れる。
 韓国はウソつきコウモリか,幼稚さと錯乱の。内実は反米の韓国極左政権が都合良く米国に日本を牽制させようと同盟国とは思えぬ異常で無謀な「瀬戸際(せとぎわ)外交」をして拒否されるどころか激怒させたのだから。「GSOMIA破棄で米国を怒らせ本気の日韓仲介に引っ張り出そう」とは韓国の手先の日本のTVでも良く聞かれたが,いくら韓国の異常な体質とはいえ、いくら北朝鮮の手先の極左政権とは言え、度を超した甘えと非常識のカタマリだったのだ。
 それに、韓国が北に媚びる手立てとしてもGSOMIA破棄決定したのに、お目当ての北朝鮮は今日もミサイル発射だ。いやはや、全てが韓国の自業自得だな。

 次は、元から嫌韓の米トランプ政権が韓国に対して「何らかのミサイル」を撃つだろう。普通なら、最初は警告の小型ミサイルだろうが、米国にレーダー照射(敵対行為)したかの如き状況で米国を激怒させた以上、それで済むのか。
 従来なら、元から反日ナチである上に韓国ロビー(ワイロや投票圧力)に毒され抜いた米議会やマスコミを抱える米国の政府は、日本を犠牲にして韓国を支えたり、韓国を叩くにも自分が表に出て悪者にならぬよう工作しただろう。だが、今回は米国が「コレグジット(韓国の西側陣営離脱)」の韓国の危険な「瀬戸際外交」によって「レーダー照射(敵対行為)」されてしまった訳だから、米国の仕業と分かる手法でも韓国をお仕置きしないと立場が無い。だからヤルだろう、ヤラざるを得ないだろう、何かを。金融に裏から手を回すだけなら、別に表に出る必要すら無いのだし・・・。

 米国の対韓制裁策の候補としては、何度も述べてきた金融面も考えられる。基礎の脆弱(ぜいじゃく)極まりない「砂上の楼閣(さじょうのろうかく)」に過ぎない韓国経済の数多い決定的な弱点の一つが金融だ。既述の「巨大なクツ屋の成り上がりのスマホ企業」にすぎなかった韓国は金融面でも後進国だから。
 私も日本による「日韓通貨スワップ協定の拒絶の継続」について述べた事があるが、米国が自国等の金融機関を水面下で促せば韓国への資金融通は減り、深刻な経済停滞の韓国なら瞬く間に金融不安、経済破綻だというのだ、かつて韓国が破綻してIMFの管理下に置かれた「アジア通貨危機」のように。
 米国は元から金融大国である上にトランプ政権の政策参謀のバノンには大手金融機関の勤務経験もあり、可能性(韓国にとっての危険性)は低くないと思う。確か、その金融機関とはリーマンショックで破綻した業界だから、余計に制裁手段としての「金融シボリ」の意味を理解しているだろう、痛切に。

 さて、見物だな。今の内に韓国絡みの資産等は売るか移すかすべきだろう。今の韓国の極左首領(文)の内は状況の根本的な改善は期待できないから。売却などは急いだ方が良いと思うが・・・。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2603
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml