CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« テロ犯人の素性開示こそ最大の国際的情報戦略 ー朝鮮系テロ犯人の素性隠しをやめろー | Main | 直ちに対中国断交議論を ー中国人の靖国汚濁テロ犯罪ー »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
指名手配犯写真不公表のトンデモ言い訳 ーアオリ宮崎の顔の映像公表の遅れー[2019年08月19日(Mon)]
「この顔にピンときたら110番」とか書いた指名手配犯の顔写真があちこちに出る。凶悪犯を捕まえたいから指名手配で、一般人の情報提供は極めて重要だからだが、朝鮮系犯罪らしき今回もまた凶暴アオリ運転テロ犯の指名手配なのに犯人・宮崎の顔の影像の公表が遅れたようだ,朝鮮系の大阪富田林署逃亡犯人にも似て。そして、そんな社会を脅かす重大失態にトンデモの言い訳が付いた。「犯人の顔が広がると犯人を見分けた一般人が集団暴行等を加えて犯人の安全を損ない、事件の解明に支障が出るから公表しなかった」だとか。繰り返すが、警察が指名手配犯の顔写真を公表して情報提供を呼びかけるのは何のためだ? この狂った意見を吐く者たちが守りたいのは事件の究明ではなく、タダ単に朝鮮系犯罪者の安全と人権と安全な逃亡だけだろうに! 

 このトンデモ言い訳は[石塚元章]と名乗るマスコミ屋の口から出た。午後のTBSの情報番組「ゴゴスマ」での発言。警察屋でも番組デイレクターでもないのにナゼそんな事情が分かるのか。朝鮮系の圧力で朝鮮系犯罪者顔写真公表を封じようとしているから分かるのか。汚い危険な反社会的な圧力かけの当事者側なら理屈を理解しているのは当然だろうしな。
 そんな本音や裏事情がミエミエなのを誤魔化すためか、「誤解を招かないように申し上げておきたいのは、決して加害者を守るために顔を隠していた訳ではない」と付け加えた。とんだお笑い、良く出来た漫才だろうが、その狂った発言に他の出演者がうなずく姿が画面下の小窓に出ていたのも大変に気持ち悪かった。朝鮮系スパイどもの極めていやらしい演出に朝鮮系のカネが渡った他の共演者どもが従ったのか、他の出演者が大バカだったのか、法務省OBで少年鑑別所で心理分析をしたと称する犯罪心理学者とか名乗る者まで含めて。不良児の半分は朝鮮系と言われるから、つながりが出来たのか,自身が何らかの意味で朝鮮系なのか。
 これだから日本の警察屋や法務省は絶対に信用できないのだ,特に公安維持を使命としながらスパイ防止法も無い段階で無謀にヘイト犯罪防止法制のみを強行した法務省などは。TV屋に負けず劣らず危険な売国奴だからな!

 ヘイト防止法と言えば、石塚は上記の「犯罪者保護ではない」との発言とほぼ同時に、このようにも語ったのは、立場上、当然と言えば当然か。「今のこの世論の感じでは犯人(宮崎)の死傷も有り得た。そうすると事件の真相につながるパイプを無くす事にもなるので」だと。石塚が警戒する現在の日本の世論とは朝鮮批判の当然の世論であり、石塚が無くしたくないパイプとは自身の朝鮮系社会や朝鮮系の国々や財閥企業とのパイプではないのか。それを別の形で表現して朝鮮系犯罪のゴマカシにも使ったのではないのか。石塚のような奴ばかりだから、日本のTV報道だけ見ていると真実や社会の安全とつながるパイプを全て失うのだ!

 この自称・石塚とやらはCBC特別解説委員の肩書きでJNN海外特派員やニュースキャスターを歴任とか出ていたが、「井」や「金」と並んで「石」や「岩」や「武」の字が入るのも朝鮮系の名字の特徴の一つで、以前の凶悪危険運転殺人事件の犯人の名にも石か岩が入っていたと記憶する。偶然か? この石塚の紹介テロップでは「報道一筋38年 ニュースの鬼」とも出ていたが、38年間もこのような反社会的な報道を続けていた訳か。こんな奴を追放する「情報の鬼」が百万とか千万の単位で出なければならないが、世界最悪の言論無能で政治愚鈍の日本人ではね・・・。

 この何らかの意味で朝鮮系とおぼしき異常発言者・石塚は「犯人の顔が分かると皆の怒りがそこに行って暴行殺害にも及ぶ恐れがあるから」とか述べたが、良い意味でも悪い意味でも、そんな事が出来ないのが腰抜け日本人の実態。太平洋戦争中の米国で敵の国から来た日本人のテロ等の利敵行為を警戒する口実で無謀無法に大量の米国西海岸の日系移民を強制収容所に隔離したものの、隔離されない日系人のテロはゼロだったとの話だ。テロ日本人との醜い空想は醜い差別主義者の野蛮や米人の頭の中だけに存在し、日本人の名をかたって悪さをしたのは朝鮮人や中国人だったのだろうよ。そんな日本人の極端なムラビト平和主義、腰抜け百姓ぶりが、凶暴さが当然という朝鮮系の凶悪犯罪者につけいられるから大問題なのに、この朝鮮系と疑われるマスコミ屋ときたら汚いゴマカシのウソばかり・・・。
 第一、いくら情報提供を呼びかけても、多くの者はニュースや手配書をマジメに見なかったり、気づいても面倒がったり事件に巻き込まれ犯人に復讐されるのを嫌って通報しなかったりたりする。多くの場合は単純に変装した犯人に気がつかず,とにかく都会では他人に対して無関心だったり,単に社会的に無責任な百姓だったり。結果、指名手配犯なのに人口の多い大都市でも重要な情報はナカナカ出てこなかったりするのが問題なのだが。

 だが、TBSの場合、そんな「情報隠しの正当化」の話を安易に、いや、絶対に流してはならない歴史があるのを忘れたのか。「TBSオウムビデオ隠し事件」だ。オウムの罪を追求する特番も流したTBSは「オウムに関する情報をお寄せ下さい」と散々強調したくせに、実はオウムが問題行為を報道されまいとTBSにねじ込んだりした折のビデオを自身が隠していた事件だ。
 情報提供を呼びかけたTBS自身が明確な情報の提供を怠ったためにオウムの犯罪の激化を許したと散々非難された,当然だが。そのビデオがTVで公表され警察の捜査に生かされれば、いかに朝鮮の手先の日本の政府の警察でも、実際よりも早く(朝鮮系政治屋どもの妨害があっても)朝鮮系の浅原が首領のオウムという狂った自称宗教団体への本格的な捜査に動かざるを得なくなり、日本最悪と言われる地下鉄サリンテロ事件を含む一連の凶悪なオウムテロ事件の後半部は防げた可能性が高いと強く非難された事件だ。朝鮮系テロ犯罪とも言うべき地下鉄サリン事件を誘発したのは、そのオウムを口では非難して正義ぶったTBS自身だったわけだ。その頃からTBSは朝鮮の手先だったのだろうな、他のテレビ局とも同じで。
 この大事件の発覚後、TBSは反省の特集番組を作ってゴールデンアワーにスポンサーなし、CMなしで放送せざるを得なくなった。司会の筑紫哲也は「TBSは死んだ」と語り、TBSやTV屋の中には開き直って「言い過ぎだ」と本音を語って反省しない奴もいたそうだが、本当にTBSはじめ日本のTV局は一度死んで出直すべきだった。その時にポーズばかりで本当の反省を全くしなかったから,その後も日本では凶悪朝鮮系テロ犯罪が後を絶たず、フジデモも起こり、本体の韓国も野放しになって狂った極左政権の横暴を招き、今日の戦後最悪の日韓関係の惨状を迎えたのだ。だから、以前に非難したTBS出演の論説委員とかや「ひるおび」と共に、この狂った石塚とかいう解説委員とやらも追放しなければならないのだ、TBSに再度の反省番組を作らせると共に。

 
 今回のアオリ犯の情報伝達不良事件だが、最近の大阪富田林警察署逃亡事件に似ている。富田林署逃亡事件では犯人の朝鮮的な人相の特徴を良く示す決定的な情報である「細い上がり目」「キツネ目」の手書きの人相書きがほとんど伝わらず、テレビで何度も流された犯人の顔写真は接写のためか細い上がり目が目立たないものに限られ、世間には情報が良く伝わらず、極めて悪質で狡猾な朝鮮系とおぼしき犯人は善良な旅行者を装ってノウノウと逃げ続けたのを思い出させる。少しヨシダにも似ていたから私にも特に印象深かったが・・・。
 逃亡中の犯人は動画等に撮られる折は朝鮮的な特徴である上がり目を指で隠していたが、これは朝鮮人に共通な偽装工作上の簡単で初歩的な知恵なのだろう。警察やテレビ局はそれに徹底的に協力し、世間を混乱と恐怖に陥れる犯人の逃亡に協力し続けたのだが、その反省がないから、今回のような話になるのだろうよ、またまた!
 国家公安委員長の責任を追及し,辞職させよ。報道各機関の責任も追及せよ。「最後には公表したから良いでしょう」では言い訳にならない。そして、今後このような事が無いようにせよ、絶対に。そして、凶悪テロ犯人の素性の公表だ。京アニテロの犯人のルーツ、祖先の移民元を公表するのが、テロの最大の抑止力になり、国際的情報戦でも最大で最低限の道具となる。これを忘れ妨害する奴は、それこそ非国民の売国奴のスパイダ、その言葉を語りながら自身が売国奴という前防衛大臣の小野寺ようにな。絶対に許さないぞ。世界中から叩かれ苦しむだろうよ。ざまを見ろ、日本政府。自業自得だ。
 そして、この話は日本人全体の話だ。主権者なのだから、日本人の責任なのだ、単にTV屋や監督する総務省や売国の法務省や警察だけでなく。皆が朝鮮という悪魔の手先にしか見えないからな。しっかり神の罰を受けよ,日本人!
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2585
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml