CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 南九州史上最悪豪雨 ーシラス台地重大危機ー | Main | 地方の維新も朝鮮系? ー富山市議乱行問題ー »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
遅れた対韓対抗措置 ー効果低下を待ったかー [2019年07月03日(Wed)]
今回の対韓国IT素材輸出規制強化は韓国への意思表示の第一歩だし、韓国企業の株価等の国際的評価に危険信号程度は点けられるかも知れない。だが、やはり、この内容の対韓対抗措置は遅かったのでは、既述のように。大げさに言えば、韓国企業側は「新たな90日の輸出審査期間」の分の素材の備蓄さえできていれば良いのだから。
 
 措置対象の韓国企業は対抗措置に備えて散々、対象素材を備蓄したろうし、中韓マネーが支配する腐敗したWTOでの訴訟沙汰を覚悟するなら早くやって韓国の暴挙の一部にでもブレーキをかけるべきだった。しかも今は朝鮮人ナショナリズムが煽られる最中。「敵の最重要産業を痛撃」とは警告になるかも知れないが、敵の鼓舞にも使われる。それでも効果があれば良いが、どうも意図的に「効果が下がるのを待っていた」とも考えられるのだ、売国眉韓の自民党の安倍政権らしく・・・。

 安倍や韓国に媚びるTV出演者達が「徴用工裁判の差押え資産売却で実害が出れば対抗措置」とガラにもなく強硬策?をワメイたのを不審に思った事は何度も書いた。その折は「すでに差押えが実害なのにゴマカスな」「売却後も口実を付けて何もしないのでは」とか考えたが、今は別の形の強い不信感を持つ。「韓国側の準備の時間稼ぎをしたのでは」と。
 そう、「対抗措置をやるぞ」と韓国に警告を送っていたのではと。「交渉で解決する」と言いながら時間稼ぎをしたのではと、愛国者を装って。韓国への警告とは「対日暴挙を止めろ」との警告ではなく、「準備すれば平気な形でやるから(心配するな),準備を急げ」とかな、やや大げさに言えば。結果は見事にそうなったようだ。そう考えると、なるほど安倍政権的な眉韓の方針と矛盾しないわけだ。
 今回の重要IT素材輸出規制強化という措置は、関税でも輸出数量規制でもなく、手続き上の優遇措置の廃止だけ。せいぜい「90日程度の審査期間」がかかるだけとか。その審査期間の分の素材さえ備蓄があれば、また後は元と同じになりかねない。そう考えると、何とも穴だらけ、やったフリの芝居、か。
 「電撃的米朝首脳会談より安倍政権の対韓対抗措置の方が茶番だった」でないと良いのだが。安倍は慰安婦騒動で「不可逆的な解決」などと、ありもしない幻想を振りまいた張本人の眉韓の帝王だぞ。

 いずれにせよ、私は「韓国人ビザなし入国の停止」がない限り、こんな見た目だけ派手で実効には疑問がアリ、反日悪魔へのテロの口実を与えるだけの対抗策では、全く納得の入り口にも立てないな。モウ全ての期限は切れているのだし。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2474
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml