CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« やっと無給医認める? ー国も報道も大嘘つきー | Main | 大阪城記念撮影にケチ ーまた韓国言いがかりー »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
日米安保片務性批判 ートランプだけの怒り?ー[2019年06月28日(Fri)]
トランプの「日米安保片務性(一方性)批判」は乱暴者の暴言、経済交渉や選挙の道具とか批判される。「世界戦略の道具として日本の基地をタダ同然で使う米国は、有時以外は一方的な日米同盟の受益者」だから「その米国の大統領を2年続けて何度も日米首脳会談をやっても,この失言か」とか非難されている。確かにバカな乱暴者だよ、トランプは。だが、果たしてそれだけか。ちがうだろう! 

 日本に来る直前のトランプの片務性(一方性)批判とは、単に日米同盟への批判ではなく、「神日関係」への批判も意味するのだ。そう、あまりに一方的な神と日本の関係だ。神を踏みつけにして朝鮮の悪魔へのイケニエにした上で神を守りもしなかったのに、一方的に日本が巨大な利益を受け続ける異常な関係だ。いつまでそれをトボケ続けるのか、日本人は。それに、それを正せもしない自称キリスト教国の主要先進諸国も大問題だぞ。
 それら全てへの軽い警告ではあるまいか、G20を狙ったように関西地区の南をかすめた「令和」最初の(日本を襲う)台風は。訪日前のドイツ首相に痙攣が起き、欧州の異常熱波で冷房もない遅れた不正確なフランスの地下鉄「メトロ」は蒸し風呂だが、これも警告だ。5月末のトランプ訪日の頃には米国で竜巻の集中発生が長く続き、来日寸前には東京を揺らす地震で、しかもトランプ滞在中も地震だったのは、記憶に新しい。これらが全て神の警告だ。

 今までも何度も引用したキリスト教徒の言葉
 「万象に神意を見る者は幸なり」
では済まない。
「万象の神意を見ぬ者は滅びる」

 これはもう、日本だけの問題に収まらなくなった。人類全体に突きつけられた宿題。さて、どうするね。海洋プラスチック問題も重要だが、次元が違うぞ。「テイクアウト飲料カップ禁止、歩き飲み禁止」という神の言も聞かない奴らが!
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2458
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml