CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 浅田真央 大型チャリティー番組の顔に ー日テレ24時間TVー | Main | ナゼ顔写真出さぬ2 ー吹田拳銃強奪犯逃走ー »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
観光客が子鹿を殺す ー奈良の鹿の虐待頻発ー[2019年06月16日(Sun)]
奈良の鹿は神の使いとして神聖視されてきたが、汚い外国人は動物園か猫カフェか動物の放し飼いとしか見ない。中韓人などの悪質な多数の外国人観光客がゴミを鹿に大量に喰わせて殺す事例は後を絶たないが、大人の鹿だけでなく、生まれたばかりの子鹿まで殺されていた。

 子育て中の母鹿は極めて神経質で警戒心が強く、容易に外敵を近づけない事で子鹿(赤ちゃん鹿)を守る。神経質すぎて親子の扱いには細心の注意が必要となる。子鹿に人間が触ると母親が怒って突進して危険なだけではない。子供に人間のニオイが付くと母鹿は子供を認識しなくなったり、自分の子供なのに警戒心を抱いたりで、子育てしなくなる可能性が低くない。だから子鹿には特に触ってはいけないのだ,人間でなくとも。

 奈良の鹿を神聖視する日本人なら、従来なら不用意に鹿に触らなかったものだが、バカ外国人は一切お構いなし。奈良の神聖な鹿を猫カフェのネコと同一視するならまだしも、観光目当ての動物園と同じとしか考えない奴らが多い。中国風に客寄せの着ぐるみ程度にしか考えずに、「お客様が触ってやっている、感謝しろ」と。赤ちゃん鹿をかわいがるそぶりで善人に見せかける韓国人的な悪趣味もあるのか。不用意に、注意書きを気にもとめずに、簡単に子鹿を抱上げる暴挙に出るのだ。
 アジア系とおぼしき観光客が奈良で子鹿を抱き上げる様子が、政府べったりのはずのNHKの日曜の番組「ダーウィンが来た」に出てきた。その翌日には子鹿が死体となって発見されるシーンまで放送された。親鹿が世話をしなくなったためだ。担当者は子鹿の保護を考えたが、それが原因で親子の仲を裂いてはいけないとか様子見したのが裏目に出て死んだのだ。まるで児童相談所のようだ。
 その番組では、「人間が触ると子鹿の死を招く」という重大な事実は説明されなかったように記憶する。自分で放送した惨劇の意味を伏せ、アジア系外国人による子鹿殺しとかいう話が伝わって政府の売国観光政策への批判となって官邸ににらまれないようにしたのだろう、公営(半国営)のNHKらしく。

 浅田はもちろん、神の使いも神もイケニエとは、日本人らしいよな。「外国人はひどい!」と口で言うだけのバカ日本人は、本当に無能で無責任だ。奈良の公園や鹿を管理する公務員や、売国観光政策を推進する小役人どもは、貴様らが選挙で選んだ政治屋が監督しているのだから、結局は貴様ら自身の無能さや卑怯さが原因なのだ。「何でもかんでも みんな−」という有名な歌があったが、日本人は「何でもかんでも みんなイケニエ」だからな。イケニエにしたのが人類の神だったのが運の付きだったな。6月30日を過ぎれば自分等のしたことが分かるだろう。それでも反省も行動の修正もしないのが貴様らだけど、徹底的に深く思い知らせる程度のことは出来よう。それで降伏を目指すしかないからな。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2411
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml