CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 単独訪日 妬む韓国 ー情報歪曲と神の冒涜ー | Main | 川崎児童ら大量殺傷 ー池田小事件との類似ー »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
無理な晩餐会スピーチ ートランプも新帝もー[2019年05月28日(Tue)]
国賓のトランプを招いての宮中晩餐会でのスピーチには少々無理が見受けられた、トランプも新帝も。社交とは、そんなものではある。特に国家同士の高度に儀礼的で形式的なものだと。だが、違和感というか、無理があったのではあるまいか、日米両国とも。

 トランプは恐らく知りもしないのに万葉集の歌人まで引き合いに出す,実に似合わない、ガラにも無いスピーチだった。新元号に関する内容は令和の時代の新帝の即位の祝いの席には良い話題で、良く時機を得てはいるが、スピーチライターがいることが見え見えに感じられては、どうも。最も盛装すべき晩餐会でもボタンを外したままだったし・・・。
  
 新帝のスピーチにも少々無理を感じた。幕府に開国を迫った「ペリーの砲艦外交」は、やり方が有色人種をサルか殖民地人・奴隷としか見ない極めて無礼なものであっただけでなく、結果として鎖国で平和に暮らしていた日本を帝国主義的国家間騒乱に巻き込んでしまい、最も有色人種差別が激しいペリーの米国と必然的に対立を招く結果ともなった。開港の口実も今は米人が必死に非難し反日活動の口実にする「捕鯨」のためだったりと、日本人から見て全く感心できない内容の詰まった話がペリーの「黒船」の来航だった。
 「トモダチ作戦」もトランプの共和党とは違う民主党のオバマ政権の発動によるもので、トランプ歓迎の話としては、いささか難物。オバマ政権の対中国や対朝鮮での弱腰・無策などの失策を非難して政権を取ったのがトランプだし。しかも、オバマは福島第一原発事故の原因を造った米国GEの責任を追及しないよう日本政府に圧力をかけて飲ませたといわれる。その上に、トモダチ作戦参加の米軍部隊は日本人復興関係者用の建物を占拠して被災者でもある復旧作業員を車内泊に追い込んで手柄だけ主張したり、沖縄での米兵の乱暴狼藉を知る被災地自治体に次々に受入を拒否されたり。しかも兵士らが米国に責任がある原発事故の被爆患者を名乗って日本に総額20兆円の損害賠償まで求めてきた。結果「ライアー」と共和党議員の米人にまで議会で叫ばれたし、トモダチ作戦とは結果的には史上最悪の火事場泥棒だったのだ。
 これは研究対象が水に関する新帝にとっても迷惑な話だと思う。水害という日本にも極めて多い災害における救援や復旧にも深く関係する領域だから。津波災害も、真水ではないものの、立派に「水の害」なのだ。スピーチライターは、それを忘れたフリなのかね。「水の新帝」のスピーチなのだぞ、私が後見する。


 招待側も受ける側も、スピーチには無理があった。こんなことだから、私は2015日本国際賞に行かずに良かったと思うのだ。トランプ訪日のスケジュールを決めた2015年の話だよ。いい加減にせよ、これも恐らくはバカ安倍がやらせたのだろうが・・・
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2342
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml