CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 園児クルマ事故続く ー今度は砂場に暴走車ー | Main | タイ日本テーマパーク騒動 ータイ名所10選問題ー »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
自動車輸出数量制限 ーあきらめないトランプー[2019年05月16日(Thu)]
ついに「自動車輸出数量規制」。日本やヨーロッパから米国への自動車輸出数量(台数)規制案がトランプ政権から出た。つい昨日あたりは「自動車関税アップ検討を半年延期」とか発表、さすがのトランプ砲も米中経済戦争の中で同盟国相手では後退かと思ったが、全くそうではなかった。「経済交渉中は相手国の自動車に(追加)関税かけず」と言っていたが、ある意味では約束は守っている。関税ではない数量規制というWTO体制下では「禁じ手」とか呼ばれる手を繰り出したのだから。


 さて、前回の文章の最後に、「韓国は極限まで日本に甘え、日本は極限まで神に甘える」「年貢(ねんぐ)の納め時」「忘れたらトランプが思い出させる」とか締めくくったよな。分かったか、意味が。トランプも来る私の誕生日月の5月。トランプ訪日の手土産としては良く出来ていると言うべきか、神への引き出物と言うべきか。モウ言い逃れは出来ないぞ。とっとと償え。
 約束もあって関税はかけにくいが、数量規制なら約束の範囲外。日韓両方への規制でないとダメだが、私が心配するのは、もはやそこだけ。先日の中国製品関税(中国製品完全ボイコット)の話に続き、今度は、同じくボイコットを呼びかけたドイツ車(ドイツ製品)も標的。
 見ての通り、完全に世界の流れは決した。新帝新后は後見しても一般日本人は別と書いたろう? さっさと従え、日本政府、日本人! 降伏して償え,神に。サモナクバ破滅を。破滅に韓国を巻き込めれば大満足だよ。為替で大もうけさせてやった巨額のカネの中からワズカでも償えば良かっただけなのに、やらなかったからだよ。東日本大震災という強烈であからさまな神の警告の後の為替差益は神への償いの原資とすべきモノだったのに、自分の懐に入れるばかりだったから。これは正に、神への捧げ物だ。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2326
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml