CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 新幹線飛び降り事件 ー韓国人犯罪との類似点ー | Main | 踏切遮断棒切断事件 ー犯人の火病的体質ー »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
タイ日本テーマパーク  ータイの巨大親日施設ー[2019年04月15日(Mon)]
「これは日本に行けいないタイ人のための施設です」。親日傾向が強いタイ。その北部チェンマイの「日本テーマパーク」が日本でも報道された。名前の日本語訳は「ヒノキランド」。ヒノキの日本式寺院建築や鳥居の長い列など、日本のものを模した施設が並ぶ。開園は昨年末、当初一ヶ月は無料開放され、既に入園者は大変な数なのだと。

 この「ヒノキランド」のオーナーは長く日本に滞在したタイ人で、建築が専門と名乗る。結果、日本風のヒノキ造りの木造建築がメイン施設。言うまでもなく、タイは大変な親日国で特に最近は日本観光ブーム。数千キロ離れた日本に年間百万人以上(約125万人)のタイ人観光客が訪れるのは大変な話だ。私は東日本大震災直後に「タイ人訪日年間100万を目指せ」と呼びかけた側だから,数年での目標達成は満足だ、並行して反日国民観光客が増えすぎてテロの心配が増えたのは大変に不満だが。
 だが、やはり、中進国のタイは先進国でもなく、飛行機で6時間かかる大旅行は負担だ。カネの都合で日本に行けないモノも多い。それもあって私は政府や王室の文化事業等としての積立式の日本集団研修などを提案してきたのだが、未達だ、外国人労働問題対策も合わせて。

 日本に行きたくても行けない、そんなタイ人のための施設との考えだそうで、その点は高く評価できる。が、やはり施設自体には日本的な繊細さが不足、タイ人的な「マイペンライ(いい加減で良い)」精神が垣間見られる。

 雷門を模した門のチョウチンの字が下手、チョウチン下部には余った布がたれる。
 建築物は精巧で木目が美しいが「金閣寺を模した」と言われる割には無塗装。
 鳥居も沢山並ぶがタダつや出し塗装はしたという感じ。

 どうも詰めが甘い,タイ人らしく。これが「日本的」と言われても,本物の日本人には納得できない点がある。

 中国系が多く、一時は独立騒動も起きたタイ北部であり、オーナーの素性も確かめる必要があろう。しかし、問題なければ、タイの日本人や日本企業がアドバイスしたり助けたりして施設の適正化(グレードアップ)は応援してやる必要があろう。日本財団の支部がタイにあれば、当然ながら文化事業の一環として何らかの助言・支援を求めたいが。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2240
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml