CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 実害なら必ず対抗措置 ー自民党政調会長代理ー | Main | AKB総選挙中止 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
クライストチャーチ ー震災の地で乱射事件ー[2019年03月15日(Fri)]
ニュージーランドのクライストチャーチの2つのイスラム教モスクで連続銃乱射事件が起き、現時点で50人近くが死亡した。犯人は複数の白人で隣国のオーストラリア人、白人優越主義的な反イスラムテロとか報じられる。日本と違って日常犯罪は多くとも重大犯罪が少ないことで「世界で二番目に治安が良い」とか言われるニュージーランドでは最悪と報じられる。クライストチャーチは日本人始め外国人の語学留学先としても有名で、2011年の東日本大震災直前の同地での地震の折りも日本人が多数、欠陥建物の崩壊に巻き込まれて死傷した因縁の地でもある。

 上記のようにクライストチャーチは東日本大震災の直前に地震が起きて私もこのコーナーで言及した。キリストの教会(クライストチャーチ)とは不思議だな、とか。しかも、日本の自分への対応のひどさを嘆いて「次は日本だ」とか書いたら、直後に大震災だったとか記憶する。その意味でも「因縁の地」だ、私自身にとっても。
 ニュージーランドは世界で二番目に治安が良いといっても日本ほどの日常の治安の良さまでは確保できず、万事いい加減でずさんな国民性と言われる隣国のオーストラリア人と如何に違うのか。両国とも現在こそ様々な移民に寛容な政策のため中国人が増加して政治まで中国共産党に歪められて問題になっているが、かつては寛容の対象の移民は白人だけだった。オーストラリアは「白豪主義(豪はオーストリア)」と言われる有色人種の排除が徹底されていた国で、隣接するだけでなく同じく英国の殖民地だったニュージーランドも似たものか。
 しかも、太平洋の住民にとっては極めて迷惑で失礼な話だが、イギリス本国からハルカに離れた未開地域の辺境扱いだったわけで、穴居原人の遺伝子の欧州系移民の白人の中でも最底辺のモノのたまり場だったと聞く、原住民から土地を奪い徹底的に差別抑圧した。現地人の文明化のため親から引き離して子を育ててやるとかいう異常な野蛮行為が文明的な素晴らしい行為と称えられていた地域だ。実際には白人移民こそ最底辺と罪人が多く、オーストラリアでも有名な主要都市も送り込まれた囚人の労働で建設された。罪の元となる性格の一部は子へと遺伝する事を考えると、隔離したりして育てるべきは移民の侵略植民者の白人の方だったのではあるまいか,元から穴居原人の遺伝子なのに。
 そんな自分らのレベルの低さや劣等感を紛らわすためか、やたら太平洋の住民を差別抑圧し優越感を持とうとする傾向がある文化で、その象徴がクジラ問題か。自分らが牛の計画的大量殺戮の数を減らす努力をしない限りオーストラリアやニュージーランドからの牛肉輸入を止めろとか書いたばかりだが。
 クライストチャーチの震災があったのは私がオーストリアやニュージーランドの野蛮さを非難した後だった。ニュージーランドもオーストリアも同じ地殻の「オーストリアプレート」の上で、ニュージーランドは同プレートの辺縁部で地震の起こりやすい場所だったのだ,日本のように。だから、地震はオーストリアやニュージーランドへの天罰ではないのかとか。今回もクジラがらみで非難したばかりだから、マタかと思う、人災と天災の別はあるが・・・。
 白豪主義でアジア人への差別など当然で空気のような常識的なものと考えていた奴らだから、先住民(現地人)への差別や虐殺、現在も続く太平洋地域への文化植民地主義などへの反省も出てきにくい。アメリカは差別や抑圧が激しい一方で有色人種が居住し続けるし反動反省もあるが、オーストリアとニュージーランドではそんな機会や動機さえ足りなかったわけだ。
 日本のマスコミ屋の分析も実に幼稚で表面的だ。今見たTBSの11時台のニュースでは、雨宮は「ニュージーランドは人種差別テロとは無縁だと思っていた」だと。星は「テロは許さない屈しない覚悟を確認する必要がある」だと。自分ら日本のTV屋こそ韓国人のテロの最大最悪の片棒担ぎなのに。国連の調査・勧告の対象にと願う「フジテレビ韓国ドラマ津波警報テロップ不提示」という「無差別殺傷情報テロ」はフジテレビが起こしたもの。しかも、朝鮮系のキチガイ教祖が率いるオウム真理教の犯罪を隠しながら「オウムに関する情報をお寄せ下さい」とわめき続けて視聴料と取っていたのが、このTBSだから、全く説得力が無いどころか、「ぬすっとたけだけしい」としか言いようがないと思う。

 上記のような事実を考えると、今回のクライストチャーチ銃撃事件という大殺戮も、表向き表面的な偽善な両国の仮面を剥ぐ役割は果たすかもしれない。誠に皮肉だが、それこそが神の裁き、天罰かもしれないと感じる。すると、次はマタ日本かね。日本人は注意せよ、といっても無駄だろうけど・・・。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/2135
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml