CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 坂本が逆転で初優勝 −大接戦の全日本大会ー | Main | あおり運転処罰法を ー危険運転罪以外の方法ー »
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
いずも本格空母化を ー改造後も実質ヘリ空母ー[2018年12月24日(Mon)]
いずも型護衛艦の「本格空母化」を考えるべきだ。というより、本格空母化の議論をすべきだ。最初から既にヘリ空母だったいずも型に垂直離着陸型のF35・Bタイプという超高級ヘリを追加で乗せるだけで大騒ぎとは、中国の妄言やマスコミの解説は相変わらずひどい。非左翼系野党は、そこで積極的な姿勢を示せ、もう遅いけど。

 当初は、いずも型の空母化改造と言っても短距離発艦や垂直着艦用等に甲板に焦げ止めの特殊塗料を塗り、格納庫を少しいじる程度。実質はヘリ空母のままと言うべきか、改造後も空母と言うより米国流に言えば「強襲揚陸艦」に近い。コレは米海兵隊が敵勢力圏の海岸に強行上陸する時などに使う海上支援基地的な特殊な輸送船で、形は似ても空母とは違うし,海軍のものですらない。米軍では第2次大戦中に造られた古い空母を改造して使ったりもしたが、あくまで別の艦種だ。第一に,いずもには海兵隊も乗せないしな、対潜水艦ヘリばかりで。

 では、本格空母化とは何か。例えば、同じF35でも空母搭載用のCタイプが積めるものではあるまいか。Bタイプとは違い、F35のCタイプには垂直離着陸機能は無く、その意味では空母搭載用とはいえ通常型飛行機。陸上の飛行場よりはるかに狭い軍艦上の甲板での発着のため、他はおおよそ同じだが翼が大きく、短い距離で飛び立てるようにしたのは既述の通り。大きな翼というハンディの分、おそらく通常型のF35・Aタイプより飛行機としての性能(速度や航続距離など)は劣るだろう。逆に言えば、本格侵攻用などにはなりにくく、専守防衛の逸脱とはいえないかもな、やや迫力不足で。
 そんなF35・Cタイプを運用するためには、カタパルト(射出機)やアングルドデッキ(中心線から斜めにそれた滑走路)等を追加しなければならない。スロープ甲板の場合もあるが、カタパルトで垂直離着陸機能を持たない飛行機を打ち出したり、アングルドデッキで既に着艦した他の飛行機に衝突しないように着艦させたりする訳だ。それらがなければ、本格的空母とは、とてもいえない。

 空母化の議論なら、この程度の話はしてもらいたい、日本のテレビには無理だろうけど。いずも空母化うんぬんと騒ぐなら、艦載型のF35・Cタイプの説明でもしろ、バカマスコミは。もう遅いだろうけど・・・。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1868
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml