CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« タイ洞窟閉じ込め事件 ーピンボケ報道の連続ー | Main | 外国人労働者受入拡大 ー長年の無為無策無能ー »
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
護衛艦いずも空母化 ーようやく防衛大綱改定ー[2018年12月06日(Thu)]
「いずも」の空母化が決定と騒がれている。私が唱えてきた事だから反対はしないが、元からヘリ空母型の大型護衛艦だったのを垂直離着陸型F35(B型)の発着の可能にするため当面は甲板を特殊塗料で補強する程度なのに大騒ぎとは。しかも、そんな程度の話を進めるのに何年もかかるとは、中国の海洋進出がキュウなのに。
 「いずも型」は言葉の上で単なる護衛艦だったのを「多用途運用型護衛艦」にするそうで、「空母という言葉を隠すため」とか騒ぐやつもいる。「専守防衛の基本に反するのをごまかすため」とか言う理屈で。これが日本のマスコミだ、中韓の手先の。尖閣や南シナ海に中国が出てこなければ、離島防衛用として米海兵隊なども使う垂直離着陸型F35を護衛艦に乗せて防衛手段の多角化を示す必要もなかったのだから、「専守防衛」には反しないのは明白なのにな。
 既述の通り、垂直離着陸型F35は通常タイプのF35に比べ特殊機能を有する分、構造も複雑でエネルギーロスも大きく、高価で保守も大変。機能は高度だが飛行機としての性能は劣る。さしずめ特殊用途の「超高級ヘリコプター」か。「いずも」に通常型ヘリに加えて超高級ヘリを乗せる程度でマスコミは大騒ぎ、政府も何年も時間を費やすとは、いくら正規の手続きには時間がかかるとはいえ、眉中眉韓や無責任の口実が多過ぎはしないか。

 「いずも型の改装」の話は、まるで自分の話を観ているようだ。朝鮮系の悪魔に毎晩毒を飲まされ、水も満足に与えられずに骨と皮ばかりになった半死半生の子供が、幼稚園の送迎用バスにも乗れずに毎日交番の前を歩いて通過しているのに、結局は全て見殺しにされたのと同じでな。やはり、日本人にはその程度がお似合いなのだな・・・。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1816
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1410977
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml