CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中国広東竜巻連続発生−工場破損、死傷者多数− | Main | 連続ノーベル賞で吹っ飛んだ安倍政権内閣改造 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ノーベル物理学賞にニュートリノ研究の梶田氏−ニュートリノ質量発見−[2015年10月06日(Tue)]
昨日の医学生理学賞の大村氏に続き、今夜発表の2015年ノーベル物理学賞でも日本人の梶田氏が受賞した。質量がないとされてきた素粒子のニュートリノの質量の存在を実証した功績。梶田氏は東京大学の宇宙線研究所長で、同じく東大の特別栄誉教授で2002年ノーベル物理学賞の受賞者である師、小柴氏の指導を受けた。ニュートリノ研究施設「スーパーカミオカンデ」を使って素粒子ニュートリノの質量の証拠となる「振動現象」を観測し質量の存在を実証、素粒子物理学の従来の標準理論の変更を迫るものとなった。梶田氏の師でもある国際共同研究プロジェクトのリーダーだった戸塚東大特別栄誉教授は病没しており、存命していれば先の受賞や共同受賞だった可能性もあったが、梶田氏は同プロジェクトのまとめ役的立場だったそうだ。

 私は宇宙創生期の宇宙の膨張に関する「インフレーション理論」の研究が有力受賞候補とかいう話を先に聞かされていたので、純粋理論の話でもあり、最初はピンと来なかった。部外者など、こんなものだが。
 今回のノーベル物理学賞の研究は昨日の医学生理学賞の大村氏のような実践的業績とは違う「純粋理論」の世界の話で、その技術や実社会への応用は別という大きな違いがある。宇宙の根源に迫る学問だから当然とはいえ、やはり物理学科を抱える理学部は学問のための学問が主で、その辺が同じ理系でも工学部や農学部や医学部や薬学部等とは違う。一部の者にはあこがれられるが実践系の学部より就職はずっと悪い、といった現実的な話もある。私は子供の頃は宇宙の話は大好きだったし、今は自分も宇宙の真理の一部に近づこうとしているつもりだがね。私は大村氏のような話に関わっている内に、いつのまにか梶田氏のような話にも関わっていた訳だが・・・。

 昨日の医学生理学賞に続いて物理学賞でも日本人のノーベル賞の受賞で、特に物理学賞では2年連続となる。今世紀に入ってからの日本人の受賞者数は「うなぎのぼり」。元から優れた業績を上げながら日本人は昔は差別されたり、その後もアピール力が低かったりしたが、最近の躍進?はそれを補った結果ともいえる。受賞すべき者が滞留していただけかもな。
 だが、そんな優れた研究者の古い世代が底をついた後はどうなるのか。受賞者に刺激を受けて頑張る研究者が増えればよいが、マスコミは受賞者を金もうけのタネにするだけだし、古い世代の後はスタップ細胞のような結果ばかりではないと良いがな。ノーベル賞をとったかもしれない日本人研究者を自殺に追いやったスタップ騒動には反日勢力によるスパイ破壊活動の疑いさえ持たれているし、結果は見事にそうなった。研究体制を支援する政治では結果が全てだし、その研究者の指導を受けて大成するはずだった者の将来までつぶしたのだから。我が家の状況を見てもそうだが、スパイ天国の戦後日本社会の惨状を見ると、それが繰り返される恐れもある。ただでさえ左翼的で反日国が喜ぶ悪平等主義だった日本の自称タカ派の首相が「一億総活躍」などといって民主党的な悪平等政策に戻りかねない。どうなるのかね。バカ日本人は地道な天才的研究は得意でも政治的には、それを守れないから・・・。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1279
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1127603
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml