CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 浅田五輪で金めざす?−本心か政治謀略の具か− | Main | 中国広東竜巻連続発生−工場破損、死傷者多数− »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
ノーベル医学生理学賞 医薬用微生物研究の大村氏 −対策薬で寄生虫病撲滅  年間数億人を救う大業績−[2015年10月05日(Mon)]
「いつか必ず取ると思っていた」「あの人はノーベル平和賞かと」「平成の野口英世」といったコメントが出た。今年のノーベル医学生理学賞を日本人の大村修北里大学特別栄誉教授が受賞した。主に退職者に与えられる肩書の「名誉教授」ではない「特別栄誉教授」とは、このような人物のために造られたとも言われるが、それにふさわしい世界人類の公益への巨大な貢献だ。
 医学生理学賞と言っても正確には有機化学の大村氏が、マリリンモンローが新婚旅行で訪れたゴルフ場付近の土壌から採取した微生物の研究により発見したのが抗生物質「エバーメクチン」。これを改良して使った医薬品「イベルメクチン」が「六大熱帯病」の一つとかアフリカの風土病とか言われた深刻な寄生虫病「オンコセルカ症(河川盲目症)」や「リンパ系フィラリア症(像皮症)」等の対策に大きく貢献した。一年に一回飲めば済む手軽さもあり、この薬で当初は家畜、次に人間の該当する寄生虫病の発症が抑え込まれ、あと数年でその病気を撲滅できると言われるに至った。アフリカでは子供でも「イベルメクチン」の名を知っているそうだ。「野口英世の再来」との評価も当然か。
 しかも、この家畜用薬品はペットの犬等にも有効で受益者が広範で、先行した動物薬の方が様々な意味で扱いが楽だった。その販売で得た膨大な利益により開発者の大村氏が公益活動や新研究の原資を得ただけでなく、製薬会社も協力できたため、人間用の薬はWTOが大量に無償配布。それにより感染者が二千万人近かった該当寄生虫病の感染の危険から救われる人間の数は年間3億人とされる。いったい累積数はどれ程になるのか。この辺が「いつかは必ず受賞」「あの人はノーベル平和賞か」とか言われる理由だろう。実に実のある公益への大貢献だ。見せかけ愛国者・国家主義者などとはちがう。安倍首相の祝いの電話を一時そっちのけだったのも、うなずける。
 日本人が国際的な高評価を知らない世界的英雄の日本人。日本では韓国スパイに売り飛ばされて粗末にされても世界では英雄・女神という浅田真央と似ているかね。受賞者当人は「日本では昔から微生物を活用してきた。自分でなく細菌の手柄」といった風。私も、奇跡は神の御業(みわざ)であって決して人のみの手柄ではないと考えるがね。
 大村氏は有機化学の研究者で微生物学者ではないとも表現できようが、私と縁がある「食(日本食)」の世界を見ても、ミソにカツオ節に納豆にヌカ漬けといった多数の一般人の生活に密着した日本食の基本となる洗練された発酵食品や日本酒など、日本はバカ米人のような文明の無い野蛮人には分からぬ高度な微生物利用食品(発酵製品)に取り囲まれた高度な文化を持っている。なのに、その価値に無自覚で反日の悪魔に奪われてばかりだからナ、バカ日本人は・・・。受賞者は農家の長男(跡継ぎ)として生まれたが、高校の頃の病気が契機で肉体労働を伴う実家の家業を継がなくてよいと言われ、大学に進んだそうだ。「自然を観察・分析しながら働く農家は科学者」といった発言内容は、そんな私と共通する部分がある背景から来ている。一応は農学の博士だったからナ、私も。

 それにしても、戦後型悪平等思想で日本や世界を支える天才的才能をつぶしてきた側の日本の悪徳情報商人・テレビ屋が「ノーベル賞だ!」と大騒ぎして金モウケする姿は、実に腹ただしく、あさましい。
 また、絶対に表彰などしてはならない朝鮮系スパイの犯罪者を国を挙げて表彰しながら、真に国に貢献する人間を粗末にして踏みつけにする日本という国の有様は、正に唾棄すべき悪魔的状況だ。ちょうど、ウソの成果で日本の科学の世界の名誉を貶しただけでなく、未来のノーベル賞候補まで自殺に追い込んだ朝鮮半島由来と言われるニセ研究者を表彰して、その被害者をケナスのと同じなのに・・・。

 日本ほど富裕なのに天才や国家的英雄を粗末にしてきた国も無い点には何度も触れてきた。粗末というより反日国等へのイケニエだが・・・。この大村氏の業績を伝えるテレビ局など従来はあまり無く、この偉人は日本国内では知られていなかった、私を含めて。韓国三菱商事の重役が親とされる自称研究者のニセものスタップ細胞を持ち上げ、韓流汚染という韓国の風土病的な寄生虫による伝染病を国内のみならず全世界に伝播させ、無数の日本人視聴者や日本社会だけでなく世界人類を犠牲にしているのを無視して韓国人スパイタレントの宣伝ばかりしてきた日本の腐敗売国テレビ屋。大村氏のノーベル賞受賞や業績を報じて視聴率稼ぎをする資格など全くない。

 国や社会を大きく進歩させ前進させ危機から救うのは、ごく一部の飛びぬけた天才だ。だが、戦後日本人は日本を破壊しようとする反日ナチの米国の占領軍が置いて行った悪平等主義でその事実を忘れさせられ、いや、忘れたふりをし、中韓のスパイや反社会的な左翼の手先になって優れた人間や才能を抑圧し破壊してイイ気になっていた。私や浅田真央も、その良い例だろうよ。いや、悪い例か。
 最近も、五輪という天才アスリートたちの祭典が日本で開かれるのに、その準備にまで手をぬくどころか選手強化費を削ってキールアーチを造ろうとして保身しと。この文章と同じ分類「国政・政策提言」の一つ前の文章は「iPS細胞の山中教授のノーベル賞受賞」の話で、文章下の紹介枠内の最古の文章も5年前の2010年の「ノーベル化学賞ダブル受賞」だった。確かに日本人ノーベル賞受賞者は増えているが、浅田への対応など見る限り、日本人も日本社会も日本政府も、内実はほぼ進歩なしどころか、退歩したようにさえ見えるぞ。受賞直後にスピーチ中の大村氏が安倍首相からの祝いの電話を一時そっちのけにした背景の一つは、そんな所ではと感じた。天才の浅田を踏みつけにした安倍首相ではな。私も同感だが・・・。

 よいか、耳の穴をカッポじって良く聞け。社会を支えるのは左翼のいうような底辺の労働者階級?だけではない。真の社会の柱とは、一般人ができない事をする(何らかの意味での)超人的な人間だ。それが国を、世界を、人類の歴史を支え、変える。そんな数十万人に一人の天才こそ社会の財産であり、それをどれだけ育てられるかにその社会や国の命運がかかっている。「兵士は世界最高だが指導層・上層部が最低」と言われた旧日本軍の構造的欠陥はそのまま現代の日本社会にも当てはまる。武士階級という世界最高の指導階級を自らつぶしてしまった後の日本人社会は特にだが、まず日本人は、世界人類の柱をつぶしてしまったのが貴様ら自身という事実を思い知れ。ノーベル賞、ノーベル賞と騒ぐのは、その後にしろ、卑しい愚か者ども。天罰から生き残ればの話だがな。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1277
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1127241
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml