CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 国立競技場白紙撤回を−選手に育成資金を回せー | Main | 止められぬ中国株崩壊−1/2社が株の売買停止− »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
岩手中学生自殺事件 ー典型的なイジメ見殺しー[2015年07月08日(Wed)]
岩手の中学生の鉄道飛び込み自殺事件は、典型的な学校イジメ見殺し事件だ。担任教師は深刻なイジメという校内暴力・学校犯罪を十分に把握するだけの情報を持ちながら、学校は結局は知らぬフリでごまかしていた、ふざけた態度で。自分の仕事や責任を減らすことだけ考え、「イジメは無いから私が関与する必要はない」「私の労働を増やす抑圧的な職務を押し付けるな」といった、外務省的な小役人的な言い訳に満ちた醜い心根だろうよ、学校や日本社会では一般的な話だが。学校教師だから「反日民族が多数紛れ込む左翼労組の方針を地で行く反社会的な悪徳行為」と表現すべきか。更に、岩手は朝鮮系が多い地だそうだ。これだけでも、事件の雰囲気のおおよそは、推測できよう。

 朝鮮系だか何だか知らぬが、反社会的な悪ガキの「学校内犯罪」を野放しにして悪人に媚びて自分の責任から逃れる典型的な日本的小役人根性の結露だ、この事件も。何せ日本人とは、目の前で子供が朝鮮系スパイに夫婦に毒を飲まされ続けて骨と皮だけになっていても見て見ぬ振りするどころか、自己の見殺し怠慢の罪がばれると面倒だし、凶悪犯罪者とグルになって被害者をいじめて未来の大恩人を集団でウジ虫呼ばわりしてノイローゼにして人生を破壊し反撃も反論もできなくした上に、その犯罪者のスパイを国を挙げて表彰するクサレ小役人根性のバクテリア野郎の集まりだから。

 だから、今回のような自殺事件など驚くに値しない。当然の結果だから。氷山の一角だから。こんな時だけ、自殺した中学生の学校の父母たちが学校側への不信をぶつけて善良ぶっても、今まで何もしてこなかった自分らの責任は知らぬふりだ。これはマスコミも他県人も全てだ。ほとんどの日本人が共犯だったのだ。

 違うというなら、私のような被害者に償え。全ての公立学校に多数の監視カメラを入れろ。全ての学校に学校犯罪担当者(ガードマン・校内警備相談員)を置いて巡回させろ。どうせできないだろう、性根の腐れ切った悪魔の手先のバクテリア野郎! これからのバカげた議論やゴマカシは見ものだな。貴様ら自身の子供が鉄道に飛び込み自殺するまで態度を変えないというなら、そうなればよい。お裁きとして、神がそうして下さるよ。明日は貴様の子供だ! 貴様の孫だ!
 安倍はタカ派を気取るなら、せめて最後くらいは保守系らしい事を教育でもやって辞めろ。上記の事をやらせろ。そして辞めろ、すぐに!


 少し昔の話だが、犯罪者側の弁護ばかりしてモウケてきた弁護士が、株(証券)絡みの話で被害者側に恨まれ女房を刺殺され、被害者の立場をようやく理解し、犯罪被害者の会のトップになった話しを聞いた。家族を殺されて初めて「今まで何度も被害者を言いくるめて示談で済ませてきたが、被害者さんは泣いていたのだなァーと」。だから、政治的には極めて愚鈍で無神経で無責任な日本人は、自分の子供や孫を殺されないと分からないのだ。だから、神がそうして下さるだろうよ、何らかの形で。お前の子供や孫が電車に飛び込むまで分からないなら、そうして下さるよ、神が。
 私も毎日泣いていたのだ。たとえ朝鮮系スパイが仕組んだイジメや朝鮮系教師の嫌がらせで泣かなくても、毒で食べたモノを吐く時には苦しくて涙が出るものなのだ。自分や自分の子供や孫が毒でも飲まされて吐かないと、貴様らは私の状況など分からず、いつまでも私に巨額タダ乗りを続けて平気な顔なのだろうよ。そうは問屋が卸さない。そうは神が許さない。貴様らに涙を流させてやる、ゲーゲー吐かせて、血の涙をな。
 貴様らの子や孫が巨額のカネを貢がせられながら50になっても結婚もできないひどい人生を送って初めて、まともに私に償う気持ちになるのかね。もっとも、貴様らの子供や孫が60になるまで貴様らは生きてはないだろうけど。何からの形で同じ、いや倍以上の苦しみ味わう事になろう。そうして後悔し反省することが、世界の公益だ。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1203
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml