CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 浅田満足のFS演技 | Main | 「アンネの日記」破損ー五輪期に組織的テロ?ー »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
何かあったら助ける −コーチの浅田への言葉ー[2014年02月21日(Fri)]
「何かあったら私が助けに行くから」。佐藤コーチが浅田真央に言ったそうだ。一次的には気落ちした浅田への競技上の励ましだが、韓国人と共に転倒した後に韓国人にネット等で散々脅迫された英国人女性選手と同様、ソチでは浅田の周囲には常に身の危険があったのだ。これでは常に朝鮮系スパイ夫婦による毒物殺人未遂にさらされていた私と同じではないか。 

 こんな異常な五輪があるか。いや、新興国という後進国で五輪が開催されたり、そこに韓国や中国という悪魔の国家主義テロ国がカネをばらまくようになって、五輪は宣伝と恐怖と腐敗の醜悪な国際政治茶番劇となった。浅田の苦しみが全てを物語る。そして、自国民を守らず敵国に選手を売って保身するクソ日本のような国があるから、悪い国々がますますつけ上がるのだ。

 五輪を一度廃止してゼロからやり直せ。今の五輪はない方がよほど良い。だから、私は浅田に引退するなと書くと同時に、悪魔の韓国で開催される次期冬季五輪には出るなと、一見矛盾するような内容を書いているのだ。そして、日本国籍から離れ、タイ等の国で真に英雄として大事にしてもらえとも書いているのだ。

 国際社会とやらも、日本政府とやらも、よく聞け。イヤ、聞かなかったから、後は天罰カネ。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1048
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml