CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 葛西も高梨も金では?ージャンプ競技の腐敗?ー | Main | 浅田真央滑走順決定 −ソチ女子フィギュアー »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まいける東山
中国の腐敗と天罰 (05/21)
最新トラックバック
元住吉追突事故の教訓ー主要駅乗降能力の向上ー[2014年02月16日(Sun)]
大雪による東急元住吉駅列車追突事故は、ブレーキ装置に雪が入り込んで所定の能力を出せなかった事が原因であるようだ。雪対策も考慮したブレーキの構造だったのに、雪の量や質(湿り気)等が予想を超えていたようだ。今の所、サイバーテロの可能性の指摘は聞いていない。これは幸運か、モミ消しか・・・。

 今回のような事故では、直接には雪対策の不備が責められるだろう。だが、運転間隔が極めて短い日本の都市、特に東京の鉄道の朝の通勤時間帯には、このような追突寸前の状況が毎朝のように各所で繰り返される。もちろん、日本人得意の運転技術や自動列車制御システム等で通常時の安全は確保されている。日本人は足りない設備を工夫と我慢とやらで、外人にはまねできないような「神業的に」乗り切っている。が、やはり、設備の不足をごまかす「無理」であることには変わりはない。
 その改善は高度成長期に投資して済ますべきだったのを、「オイルショック」でウヤムヤになり、ついに今日まで後進国的な異常な大都市の鉄道の混雑を放置する惨状を招いた。にもかかわらず、日本国内での投資を邪魔したいスパイどもは、「コンクリから人へ」「日本は成熟したから投資は不要」とかわめき、愚かな国民はそれに乗せられたフリ。改善する最後のチャンスが東京五輪なのだが、その折に朝鮮系スパイの疑いがかかる者を東京都知事に選ぶありさまだ。

バカにつける薬はない
バカは死ななきゃ治らない

 そんな改善の必要な最たるものが東京の通勤鉄道であり、その朝の通勤地獄の改善だ。複々線化や別線建設が必要だが、カネもかかる。その前に、主要な駅のホームの乗降能力を増強し、主要な駅の前で列車が「数珠つなぎ」「ダンゴ」の状態になるのをいくらかでも改善すべきだとして、今までも何度も改善策を述べてきた。今回の事故のあった東急東横線の渋谷駅上りホームの増強、同じく東急の田園都市線の渋谷駅上りホームの増強には何度も触れた。大改良工事が始まるJR渋谷駅についても同様だ。駅を改良し、ホームの線路を増やしたり、列車を両側からホームで挟む構造にして両側のドアを使えるようにするなどし、乗降時間をいくらかでも短縮し、駅の手前でのダンゴ現象を緩和するのだ。
 以前にも何度も述べたはずだし、事故の前回の文章でも述べたが、JR山手線池袋駅は車庫から出入りする列車が本線をふさがないよう、ホームの両側に線路がある構造だから、それを利用して朝だけは2本同時に停車ができないかとか、新宿駅では列車を両側からホームで囲めないかとか。その上で天井まで届く壁とホームドアでホームの冷暖房を可能として五輪期の夏のサービス改善を図ると同時に、転落事故(テロ)対策ともするとか。その為の各種の出費まで支援すべきだとか・・・。

 そのようなことを散々述べてきたが、今まで反応と呼べる話はほとんど聞かない。今回の追突事故を教訓に、いくらかでも私の話を聞くべきだな。聞くだけの見識も、実行するだけの能力も持たないのが、貴様ら政治愚鈍のクソ日本人の代表たちの政府(内閣)だがな。
 もう、いくら書いてもムダだろうよ、政治的には小学生以下のクソ日本人どもでは。今回の事故もまた天の御警告だという事実に気づかぬフリでとぼけるクソ野郎どもではナ。本当に日本人は大事な事は何一つ出来ないから。それで私にタダ乗りし続けているのだから。タクシー代を数千円踏み倒しただけで逮捕されるのに。貴様らは全員、縛り首だな。
【東急元住吉駅追突事故の最新記事】
この記事のURL
http://blog.canpan.info/thaikingdom/archive/1041
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
プロフィール

高橋洋一さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/thaikingdom/index2_0.xml