CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« コスタリカ写真・4。 | Main | マザー・テレサ 今日の言葉・6。 »
プロフィール

有坂 哲さんの画像
最新記事
最新コメント
けー☆
野性の窓。 (08/24) michael
人間として。 (06/26) けー☆ららら♪
内と外。 (02/27) 石神井の同期です
好き嫌い。 (02/05) aki
三姉妹物語。 (01/30) aki
一日先生。 (11/22) aki
友の結婚式。 (10/08) aki
愉快な夜。 (10/04) aki
ココロの真ん中。 (10/03) aki
大事な時間。 (10/03)
最新トラックバック
リンク集
http://blog.canpan.info/tetsupuravida/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tetsupuravida/index2_0.xml
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
挑戦し続ける男。[2007年10月23日(Tue)]



そーいえば久しぶりの再会となる、
元アメフトプレーヤー&元K−1ファイター、
現在は英会話スポーツ教室「e-kids」を運営してる“窪田豊彦”。

 ( イカレタ彼の詳細は → こちら )





代々木の焼肉屋にて、近況報告会となりました。





前にゆっくり会ったのは、
「e-kids」を開講してまだそんなに経ってない頃。
生徒もほとんどいない中で活動をしていました。





それからの約2年、
ブログなどで彼の活動をチェックしてると、
スポーツで汗を流しながら英会話を学ぶ、
というユニークな方法が注目を浴び、
ラジオや新聞、テレビなどの取材が殺到、
地道に行っていた宣伝活動も実り始め、
クラス数も生徒数も着実に増加。





いいものを積み重ねてきてるな、
それが彼に対しての俺の想いでした。





ところが、
この焼肉大会で彼が口にしたのは、






 「いや、まだ全然ダメだよ。」






挑戦し続ける人生を選び取ってきた、
そして今もそのスタンスを貫いている彼らしい言葉でした。





「e-kids」をもっと充実したクラスにしていくこと、
あとは、自分自身の内面をもっと磨いていくこと、
そんな良い意味での野心を抱いてる彼との話は、
刺激に満ち溢れていて、言葉もビールも止まらず。





ふと思いました。
「人生って本当にわからないもんだな」と。





窪田とは高校時代に
1年間だけ同じクラスになったものの
特に仲が良かったわけでもないし、
卒業してからもちっとも会ってなかったのに、
こうしてふたりで言葉とビールを浴び合ってる。





出逢ってるその瞬間、
目の前の人と何かを通い合わせられなかった時、
いつもやりきれない思いみたいなものを感じていました。
ああ、もうこれでダメなんだって。





でも、こんな出逢い方もある。





自分を縛ってるのは、自分なんだ。
で、自分を解放するのも、やっぱ自分なんだ。





人との出逢いが、遊び方を教えてくれる。





あ、そうだ。
窪田のブログに書かれてたこの記事。
ぜひぜひ読んでみてください。
じーーーんときますよ。




 → 「生まれて初めての悔し泣き。」




さて、俺も頑張ろっかな。
窪田クンよ、楽しき時間をありがとうっす。














 『足りないからこそ、
  満たすものを模索する感性も磨かれる。』


           元プロ麻雀師(20年間無敗)・桜井章一









この記事のURL
http://blog.canpan.info/tetsupuravida/archive/139
コメントする
コメント

toyo sensei

 いえいえ、こちらこそ。
 今度は見学返しに行きますぜ。
 お互い、頑張っていこう!


Posted by:セニョール・テツ  at 2007年10月24日(Wed) 12:46

特集で紹介してくれてありがとう!

前回は2006年1月に会って
いたんだな。

今日は石神井高校でサッカー部見学
とても勉強になりました。

結局、答えは自分の中。

勝つべき相手は自分。

いろいろ教えてもらいました。
Posted by:toyo sensei  at 2007年10月23日(Tue) 18:02