CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« てとだより | Main | 地域»
てとてと とは?
山口県山口市中心商店街の空き店舗を活用した子育て中の家族とそれを取り巻く地域の人々の交流スペースです。山口市の委託を受けて 特定非営利活動法人あっと が運営しています。
開館:月〜金曜 、第3日曜日10:00〜15:00
閉館:土・日(第3除く)・祝日・第3木曜日・年末年始・お盆
住所:〒753-0046山口市本町2-1-3
               →マップ
Tel&Fax:083-921-0428
           →もっと詳しく

カテゴリアーカイブ
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
Google
www ブログ内
最新コメント
くぼっ
みなさんのおかげです (09/11) tae
マタニティヨガ (09/11) 古谷慶大郎
みなさんのおかげです (09/03) hako
マタニティヨガ (09/01) まこ
てとてとのお誕生日 (08/18) 通りすがり
ドキドキわんぱくの会 (08/17) 石田真輝
てとてとのお誕生日 (08/13) くぼっ
すてっぷあっぷ講習「子育てを楽しもう!」 (07/31) 二児の母
すてっぷあっぷ講習「子育てを楽しもう!」 (07/31) もとてとっ子
家族って・・・ (07/08)
リンク集
http://blog.canpan.info/teto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/teto/index2_0.xml
【受講者募集】「子どもの病気と対応」  [2018年08月14日(Tue)]
5月からスタートした「子育てすてっぷあっぷ講習」

9月は子どもの病気と対応を学びます。

急な高熱!
どうしたらいい?
インフルエンザや嘔吐の時の対応は?

実践を踏まえて学びます。



平成30年9月13日(木) 10:00〜12:00
「子どもの病気と対応」 
山口県立大学看護栄養学部講師 小迫 幸恵 先生 

場所:山口市男女共同参画センター

参加費:500円

託児:あり(一家族500円)

申し込みは、teto2@c-able.ne.jp
または、083−921−0428 まで



Posted by あっとほーむ at 14:28 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷセミナー「イヤイヤ期の健康管理と食生活」 [2018年07月13日(Fri)]
7月12日(木)湯田地域交流センターで「イヤイヤ期の健康管理と食生活」を行いました。

講師は山口市保健センターの管理栄養士油利さん。

前半は、食生活や、なぜイヤイヤ期に食べむらや好き嫌いが起こるのかなど、食生活を
改善するだけでなく、成長やかかわりの側面から考えることも大切になりますよ、という
お話がありました。

IMG_20180712_101323.jpg

後半は、ヘルスメイトさんとイヤイヤ期でも野菜やお魚をたっぷりとってもらいたい、
とのことで、
○ あおのりむすび
○ お野菜たっぷりお味噌汁
○ さばの缶詰を使った豆腐
○ プチトマトのチーズグラタン
を作り、試食をしました。

IMG_20180712_111526.jpg


IMG_20180712_120139.jpg



「ふりかけを使わなくてもいいかも」
「お味噌汁の塩分がうちの違ってうすいけどおいしい」
「トマトがあまい」

などいつものレパートリーになり料理に驚きの声も上がっていました。

IMG_20180712_115711.jpg


次回は、9月13日(木)
子どもの病気と対応です。
お申込みも受け付けていますよ。



Posted by あっとほーむ at 13:45 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷセミナー「子どもの発達に沿った遊び」 [2018年06月18日(Mon)]
6月18日(月)「子どもの発達に沿った遊び」と題し、NPO法人子ども子育ちネット下関の
今村方子先生をお招きし講座を開催しました。

前半は、子どもの発達を関わり、年齢別の方法などを学びました。
関わり方も様々な方法があることや、そのポイントなども教えて頂きました。

IMG_20180618_103256.jpg

後半は、わらべうた、手遊びを実践的に学びます。

IMG_20180618_112840.jpg

いないいないばあのふかーい意味。
声のトーン、リズムのとり方で同じ歌でも子どもにとっては捕らえ方が大きくかわること。
手遊びでは人と人とのかかわりや、歌詞が持つ意味、すべてが子どもの成長にとって大切
になってくることを身をもって学びました。

IMG_20180618_115142.jpg

学んで歌って手遊びして、
とても充実した2時間の講座でした。
Posted by あっとほーむ at 14:11 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達 [2018年05月24日(Thu)]
5月21日、すてっぷあっぷ講習の第一回として、「乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達」と題して、山口県立大学の大石由起子先生を講師に向かえ講座を開催しました。

いつか子どもが困難にぶちあたるなど、何かがあった時に、人を信じられる力、人と協力できる力、助け合える力、そんなつながりやきずなは生きる力に繋がります。
その生きる力を身につける時期が乳幼児期のかかわりなんですよ、というお話からスタートしました。

母性的関わり
基本的信頼感
自己の存在の肯定感
心の安全基地
第一次反抗期
自己中心性からの脱却
社会性の発達

などなど、乳幼児期から繋がるさまざまな成長について、とても興味深くあっという間の2時間でした。

以下参加者の声の抜粋

○とても勉強になりました。

子育てしていて不安になることも多くあるので納得することが多く、これからの日々の生活に子どもとしっかり向き合っていきたいと思いました。


○赤ちゃん返りをする上の子の質問をしたのですが、とても分かりやすい答えをいただ

きすっきりしました!参加してよかったです!


講座の様子 ↓


IMG_20180521_120213.jpg




次回は「子どもの発達に沿った遊び」です。

知っているわらべうたや手遊びの奥深さがわかる内容です!

参加したい!という方はご連絡お待ちしています!


ちか

Posted by あっとほーむ at 13:50 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習じゃんぷ編 [2018年01月16日(Tue)]
5月から始まったすてっぷあっぷ講習に連続して参加し、「じゃんぷ編」に進んだ10名の子育てママが講習を修了することができました。

じゃんぷ編は今までの子育てに関する学びについて、実践する回です。
市内の認可保育所の2歳未満児のクラスで3時間保育実習をさせてもらい、子育ての現場を体験するというものです。

じゃんぷ編の第1回は、「実習の前の事前ワーク」

 
IMG_20171026_112040.jpg

IMG_20171214_112508.jpg


心構え、どういった視点で学ぶのかを事前に理解し、その後11月中に一人3時間の実習へ、最後12月はそれぞれの実習と今までの学ぶについての報告会と修了式を行い、じゃんぷ編が終わります。

IMG_20171214_113529.jpg

この実習の3時間が数カ月に及ぶ座学の総まとめとなり、それぞれ深い学びとなっていったようです。参考:☆修了者の声☆

またみなさん0歳から3歳のお子さんのママ、長い期間の託児でのお子さんの成長に保育をするスタッフもうれしい限りでした。


30年5月から、新年度がスタートする予定です。
子育て中だからこそ学びの時間を!と思うママ、お申込みお待ちしています!


☆ 修了者の声 ☆

Posted by あっとほーむ at 19:21 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】子育てすてっぷあっぷ講習「子どもの病気と対応」 [2017年10月15日(Sun)]
9月28日山口県立大学看護栄養学部講師の小迫幸恵先生をお招きし、「子どもの病気と対応」について学びました。

いざ、というときのために学びたい!

子どもが風邪を引くといつもあわてるので学んでおきたい!

など、11名の1歳から3歳のお子さんを持つママたちが参加されました。

IMG_20170928_115418.jpg

小迫先生はNICUのお勤め経験もあり、実体験に基づいたお話と様々な感染症や病気などの予防や対応について2時間しっかりとお話していただき、

参加者からは、

「分かっているようで不明瞭だった点が詳しくわかりました」

「普段からの観察の大事さがわかった、子どもだけでなく大人にも使える知識をいただきた」

など、病気に対する対応や予防についてしっかり学べた2時間になったようでした。


Posted by あっとほーむ at 09:06 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】イヤイヤ期の健康管理と食生活 [2017年07月31日(Mon)]
7月27日、「イヤイヤ期の健康管理と食生活」と題し、山口市管理栄養士さんを講師に迎え、講義と調理実習をしました。

1歳半から2歳過ぎにかけて「遊び食べ」「むら食い」「立ち歩き」「好き嫌い」など、食に関する様々なことで悩みが増えていきます。そんな時期のお子さんを持つママたち、16名が参加されました。

IMG_20170727_101810.jpg

講義では、歯の生え方で今まで食べていたものが食べにくくなって食べなくなった、ということがお母さんにとっては急に食べなくなった、と感じてしまったり、ジュース1杯でも満腹を感じれるほど砂糖が入っているんですよ、といった、とても興味深い講義でした。

IMG_20170727_094236.jpg

調理実習では、みなさん嫌煙しがちな「魚」をつかったハンバーグがメインでした。

IMG_20170727_113926.jpg

この「魚」も缶詰を上手に使うことで簡単においしくつくれることをこの調理実習で知ることができ、みなさんレパートリーが増えた様子でした。

IMG_20170727_114504.jpg



アンケートでは、
レパートリーが増え食事の用意をするのが楽しみになった。
幼児期の食生活を見直すきっかけになった。
同じくらいの子どもをもつママたちとの調理実習が楽しかった、

など、イヤイヤ期を過ぎると向き合う機会が少なくなる子どもの食生活について、学ぶことができるいいきっかけになったのではないかと感じました。





Posted by あっとほーむ at 13:25 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「子どもの発達に沿った遊び」 [2017年07月05日(Wed)]
今年度第2回目となる「子育てすてっぷあっぷ講習」を6月30日(金)に開催しました。

「子供の発達に沿った遊び」と題して、NPO法人下関子育て・子育ちネットの今村方子先生にご講義いただきました。

子ども達は、年齢ごとにどんどん遊びを広げ、複雑に発展させながら自然と、身体能力や知的能力、自立心や協調性、社会性など発達にとって必要なものを身につけていきます。

講義は、前半に子ども達を取り巻く現代の環境から、乳幼児の発達と遊びについて等の大まかな理解をしたうえで、後半、わらべ歌を中心としたリズム遊びを実際に体験しました。

IMG_20170630_114329.jpg

「わらべ歌」の良さといえば、歌と動きを組み合わせて遊びながら、言葉や数を覚えたり、体を動かしたり、感覚を刺激したり、親子で触れ合ったり、できること…

これらは理解し、納得しやすいところです。
それが、今村先生によると、さらに

向かい合って同じ動きをすること=協調性を育んだり、“じゃんけん”=(勝ち負けではなく)お互いが違う存在であることを知ること、遊びのアレンジ=期待と変化への対応…などなど。

わらべ歌に秘められているのは、“人と人との関係を構築すること”でもあるようです。

“環境(遊び)があり、そこに人との関わりがあり、そしてそれが豊かかどうか”
先生のお言葉が、とても印象的でした。

IMG_20170630_112619.jpg

ある受講者の方のアンケートには、
「“時代はこどもにつながっている”という言葉が心にぐっときました。」とありました。
親となった今、幼い頃の自分がそうだったように、わらべ歌ではしゃぐ我が子を見ていると、改めて熱いものがこみ上げてきます。


さて、次回のすてっぷあっぷ講習は、
7月27日(木)「イヤイヤ期の健康管理と食生活」(講師:山口市管理栄養士)です。
講座・託児のお申込みは、てとてと(083-921-0428)まで。


Posted by てとてと at 21:36 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達 [2017年06月18日(Sun)]
5月30日(火)県立大学社会福祉学部准教授の大石由起子先生を講師にお招きし、「乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達」について学びました。

3ヶ月のお子さんを持つお母さんを始めて、2才前後のお子さんを持つお母さん、20人の参加があり、「こころの発達」についての関心の高さに驚きました。

先生からはエリクソンの心理社会的発達理論の話から、乳幼児期の愛着形成が今後の発達の基礎となることや、そこから思春期までに発達していくに従い年齢によって養われていくこころの発達がある、ということを先生の実体験も含め、楽しくお話していただきました。

小さなうちから親としてどう子育てしていくのがベストなのか、、参加者からは発達はつながっていっているので今は大変だけどこれからのこころの発達のためにもしっかり向き合って子育てしていきたい、といった声が聞かれました。

IMG_6720.JPG






Posted by あっとほーむ at 11:33 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すきっぷ編「わたしたちにできること」 [2017年01月30日(Mon)]
1月26日木曜、講師に県立大学社会福祉学部教授 藤田久美先生をお招きし講座を開催しました。

このすきっぷ編、というのは、4月からほっぷ(基礎編)すてっぷ(応用編)じゃんぷ(実習)と1年間通して学んできたすてっぷあっぷ講習の最後のひとつで、じゃんぷしただけでなく、そこからすきっぷして進んでほしい、という意味をこめ、これから「わたしたちにできること」を考える講座になっています。

IMG_20170126_115312.jpg

皆で1年間学んだ内容を振り返って、参加者が学び足りなかった部分で講師の藤田久美先生の専門でもある「気になる子への対応」や「ボランティア活動」について少しお話もしていただきました。

先生から、子育てや子育て支援は目に見える「技術」ではなく、目に見えない「子どもへのまなざし」を持つことという話がありました。
このすてっぷあっぷ講習を修了してすきっぷしていくみなさん、きっと温かいまなざしをもった支援者や母親になってくれることと思います。
また、主催者としても、毎年違う参加者さんと出会い1年をとおして共に勉強し送り出すことの嬉しさと、毎年同じ講座でありながらも、心に響くことや新しい学びがある「すてっぷあっぷ講習」です。

IMG_20170126_115115.jpg

また来年度も5月からスタートする予定でいます。

子育て中だからこそ学びの時間が必要で、学びは一人よりも仲間がいた方が楽しい!

今年度受講できなかった方、またこの講座に興味のある方、5月から共に学びましょう!
Posted by あっとほーむ at 10:19 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】保育所実習の報告と全体会 [2016年12月30日(Fri)]
今年度のすてっぷあっぷ講習修了者10人の子育てママたちの保育所実習が無事に終わりました。

この最後の集大成である「保育所実習」が終了した12月12日(月)に「全体会」として、今までの学びから実習で何を感じたか、保育士さんの関わりで得たことなどや、これからの自分の子育てにどう役立てていくか、などを共有する会が開かれました。

kouryuukai.jpg

修了した参加者たちの声をご紹介します。

・子育てに関する学びや、他の子育て中のお母さんと話をすることができてとてもよかったです。今後子どもと関わる仕事ができたら活かしていきたいと思います。M.M

・当初子育てしながらの受講は難しいかなと思っていましたが、託児があり自分ひとりの時間を有意義に過ごすことができました。子育て中の不安も軽減できました。 A.U

・毎回様々なことが学べて、初めて保育実習にもいけて盛り沢山な講習でした!楽しかったです! E.Y

・家の中に閉じこもり子育てするのがつらくなってこの講座に申し込んだのが昨年5月、子どもが6ヶ月の時でした。子育てに役立つことばかりのこの講座のお陰で楽しく子育てできるようになりました。感謝!! M.N

・とても充実した時間でした。知識を得ることができましたし、自分が人と関わることができてそれがとても心の栄養となりました。 T.N

・毎回とても勉強になり、自信の子育てに役立つものばかりでした。いち専業主婦の私に保育園実習なんて役目が務まるのかととても不安でしたが、たくさんの子ども達と向き合っていい刺激になりました。 Y.F

・久しぶりの場で背中がピンと伸びました。また自分の子育ての意欲を高める時間でした。託児もあり親子ともに成長できたと思います。思い切って参加して本当に良かったと思います。 M・K

・1年を通して、いろいろなことを学ぶことができました。また一緒に講習を受けた人と仲良くなれたりもしてよかったです。 Y・T

・色々な子育てに関する講習を受けた事で自分の実際の子育てに役立てる事ができました。知っている事によって、気持ちに余裕ができた気がします。受講してとてもよかったです。M・H

みなさん、これからの自分の子育て、というだけでなく、これから地域で何かできることはないか、子どもと関わる仕事に興味がでてきた、という人もいて、各自これからの自分やこれからの子どもや地域との関わりについても考えることができた最後の講習でした。


Posted by あっとほーむ at 10:15 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「子どもの緊急時の対応と応急措置」を開催しました。 [2016年10月29日(Sat)]
10月27日(木)山口市消防本部の救急救命士さんを講師に向かえ、子育てすてっぷあっぷ講習「子どもの緊急時の対応と応急措置」を開催しました。

子育て中の方、子育て支援者の方など、14名の参加があり、救急救命士の方からAEDの使い方や心肺蘇生の方法など分かりやすく教えていただきました。

IMG_5038.JPG


実習では二人一組になって心臓マッサージの位置、気道確保、のどにつまらせた時の対応など確かめ、人形でなく「人」でさせてもらうことでより方法を理解することができた講座でした。

IMG_5040.JPG

IMG_5041.JPG

今回の講習で、何かあったときには勇気をもって対応できるよう自信がついたという声が参加者から聞かれました。
Posted by あっとほーむ at 10:39 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「子どもの病気と対応」 [2016年10月07日(Fri)]
 9月28日(水)「子どもの病気と対応」について、山口県立大学看護栄養学部看護学科の丹佳子先生を講師にお招きし、学びました。

 講義は「身近なけがや病気の応急処置」をクイズ形式で学んだり、発熱や嘔吐、腹痛…といった子どもによくある病気に対して、病院受診の判断をどうつけるかなど、具体的な症例に沿ったすぐにも実践できる内容でした。
 「突き指は引っ張るとよい、鼻血が出たら首の後ろをトントンする」など、昔はよく言われたものですが、今は違います。常に、知識を新しいものに更新していく必要性を、クイズを解きながら改めて感じました。

 子どもの病気やけがは、暗いイメージで捉えがちですが、実は子どもの成長にとって、なくてはならないもの。病気をしながら抵抗力をつけていき、遊びやけがを通して、危険予知能力を育てていく。親としては、心配でつい先回りの口出し・手出しをしてしまいがちですが、「病気やけがを成長の一過程と捉え、上手に対応しましょう」とのお話にとても共感しました。

 子どもの、いちばん身近なお医者さんになるために、普段から子どもの様子を「よく見て覚えておく」ことが大切なのだと学びました。子どもの体をよく「みて、きいて、さわって」、いざという時でも適切な対処ができるよう、正しい知識と的確な判断を備えていたいものです。

kenkou.jpg
 
Posted by てとてと at 15:02 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】子どもの健康管理と食生活 [2016年09月07日(Wed)]
9月1日(木)山口市管理栄養士さんを講師に迎え湯田地域交流センターで開催しました。

まずは講義です。
離乳食から幼児食についてスライドを下にわかりやすく説明を受け、その後の調理実習では、すでに用意している大人のメニューから離乳食を作る工程を実習しました。

IMG_4704.JPG
白ごはん、マグロのお刺身、ひじきの煮物、ほうれん草とコーンの和え物、けんちん汁

IMG_4700.JPG

ごはんをチンしておかゆにし、大人用のひじきの煮物を水洗いしてからトマトと和えてサラダにするなどすぐできるアレンジ方法を実践。
更には白ごはんをつぶしてきなこ、甘納豆と混ぜてつくるおやつもつくりました。
IMG_4703.JPG


ほどよい味の薄さや色合いのよさなどを皆で試食して終わりました。

Posted by あっとほーむ at 09:15 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「子どもの発達にそった遊び」 [2016年08月16日(Tue)]
7月28日(木)子育てすてっぷあっぷ講習の基礎編の最後である、「子どもの発達にそった遊び」をNPO法人下関子ども子育ちネット理事長の今村方子先生を講師に迎え開催しました。

前半は子どもの発達や子どもを取り巻く現状についての講義で、コミュニケーションの大切さ、人、もの、環境の重要性を学びました。

後半は手遊び、わらべ歌の演習です。

IMG_4434.JPG

席もがらりとかわり、参加者同士楽しみながらすすみました。
誰もがしっている手遊びに中にある意図、子どもの発達への働きかけなど身体を動かしながら学ぶことができたようでした。

IMG_4440.JPG
Posted by あっとほーむ at 15:36 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「児童期の発達」 [2016年07月16日(Sat)]
6月20日(月)県立大学社会福祉学部准教授大石由起子先生をお招きし、「児童期の発達」について学びました。

乳幼児期の愛着の形成により生きる力の基盤ができ、自己中心性真っ只中の幼児期では、もめごとの経験をしながら他者の思いを知る経験をしながら児童期にかけ自己中心性から脱却していく。

また成長の過程で「私とあなた」の二者関係から三者関係を家庭の中や学校生活の中で自然に作っていき、そのなかで社会性の発達を身に着け豊かな人間関係を築いていく。といった成長の過程や特徴を学びました。


母親とは航空母艦のような場所で、子どもは成長しても何かあれば戻ってきて安心してまた離れていくようです。少しづつ手から離れていく子どもですが、戻ってきた時にはしっかり寄り添えるよう努めたいと感じました。

Posted by あっとほーむ at 15:35 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「乳幼児期の発達」 [2016年06月16日(Thu)]
5月26日(木)「乳幼児期の発達」を山口県立大学の三谷明美先生に教えていただきました。助産師としてご活躍され、ベビービクスのインストラクターでもある先生です。

赤ちゃんの五感の発達や運動機能の発達に応じて関わることの大切さが印象的でした。

赤ちゃんに語りかけるときには、女性の声のように高い音のほうが聞き取りやすいそうなので、パパも声を少し高くして話しかけると赤ちゃんがきこえやすいそうです。

また、まだしゃべれない赤ちゃんでも、「意味のある言葉」と「わからない言葉」を聞き分ける能力があるなど、赤ちゃんの持つ潜在能力にとても驚きました。

「人とのつながりが人を育てる。生身の人間とのふれあいこそが大事である」ことも学びました。語りかけ、歌いかけはとても重要で、心の発達にもつながるそうです。

運動機能の発達は、「経験こそが大事」だそうです。失敗も経験になり、繰り返し行うことで運動の質が高まっていくとおっしゃられていました。





Posted by あっとほーむ at 15:34 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】導入編「子育て支援と子育ての現状を知ろう」 [2016年05月16日(Mon)]
4月28日すてっぷあっぷ講習導入編「子育て支援と子育ての現状を知ろう」を開催しました。

子育てママが8名、母推さん等、子育て支援に関わる人が9名の17名の参加がありました。みなさん自らの子育てのために、活動のために、とても前向きな気持ちで参加をされていいらっしゃいました。

導入編では、これからは始まる講習の流れと、昨年までの様子などをご紹介。そのあとはワークショップ形式で、支援と現状について理解を深めました。子育てチーム2班、支援チーム2班に分かれ、子育てで困っていること、その原因と解決方法について出し合い、各チームで発表をしました。

子育てチームはソフト面を中心に意見がまとまり、支援チームはハード面を中心に意見がまとまっていて、それぞれの立場での思いを共有しました。


5月からは基礎編が始まります。連続受講を希望されるかたも、単発受講の方も、興味のある方はぜひご参加ください。
Posted by あっとほーむ at 15:32 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
受講者募集「子育てすてっぷあっぷ講習」 [2016年04月26日(Tue)]
今年度も山口市子育て支援者養成講座「子育てすてっぷあっぷ講習」が始まります。
一年間のスケジュール↓
16042601.PDF

どんな講座なの?
どんな雰囲気なの?

気になる方、まずは導入編として開催される、4月28日にお申込みください!

参加費:500円(託児が必要な方は別途500円)
9時半から12時まで、山口市男女共同参画センターにて。

申込:ほっとさろん西門前てとてと
083−921−0428

Posted by あっとほーむ at 10:23 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
すてっぷあっぷ講習 すきっぷ編が始まりました! [2016年02月10日(Wed)]
4月から毎月開催している、すてっぷあっぷ講習は、ほっぷ編(基礎)、すきっぷ編(応用)、保育実習と修了式を終え、すきっぷ編が始まりました。

すきっぷは単発受講も可能となっていて、自らの一歩を前向きに歩めるような内容になっています。

第1回は1月28日「わたしたちにできること」と題し、県立大学社会福祉学部教授藤田久美先生をお迎えし講座を開催しました。

IMG_3744.JPG

ワークを中心とする講座ですが、前半は先生の専門である発達の気になる子どもを取り巻く状況の説明と、私たち支援者がいろんな関わりを持って子どもたちの支援や見守っていくことで、子どもたちがキラキラ輝けるよう周囲の環境を作っていくこと。
インクルージブな視点をもった子育て支援を。など
現状や課題、先生の想いをしっかりと伝えていただきました。

IMG_3747.JPG

ワークでは、個人の強みを最大限に生かすよう、個人の強みを、複数形にかえて考えていきました。

IMG_3744.JPG

IMG_3749.JPG


悩みながらやっているからいい支援ができるはず、ともに頑張りましょう!
と最後は記念撮影をして終了しました。

IMG_3750.JPG

次回は最終回、

2月25日9:30〜12:00
「ボランティアの理念と子育て支援」

講師:市民活動支援センターさぽらんてセンター長 渡辺洋子さん

お申込みお待ちしています!


Posted by あっとほーむ at 11:06 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
| 次へ