CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
IPCC海洋・雪氷圏特別報告書 [2019年10月18日(Fri)]
10月15日(火)、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)海洋・雪氷圏特別報告書(SROCC)公表記念シンポジウム」が笹川平和財団海洋政策研究所主催、環境省共催で開催された。

去る9月20‐24日にモナコで気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第51回総会が開催され、「海洋・雪氷圏特別報告書(SROCC)」の政策決定者向け要約が承認され、報告書本編が受諾された。海洋に焦点を当てたIPCCの特別報告書はこれが初めてで、その内容に関係者の関心が集まっているところに、いいタイミングでこのSROCC公表記念シンポジウムが開催された。

このシンポジウムは、SROCCの作成を主導したIPCC共同議長をはじめSROCCの執筆に携わった国内外の専門家を招いてSROCCにおいて示された最新の科学的知見をわかり易く解説してもらい、最新の科学を政策にどのように活用しうるかについて議論をしてもらうという大変興味深い内容なので勇んで参加した。

シンポジウムは、笹川平和財団海洋政策研究所の角南篤所長と、外務省の塚田玉樹地球規模課題審議官の開会挨拶で始まった。

これに続いて、IPCC第2作業部会共同議長のHans-Otto Portner氏(アルフレッド・ウェグナー研究所総合生態生理学センター長)が「The Ocean and Cryosphere in a Changing Climate」というタイトルで、北極域における変化、海水面の上昇、海洋の温暖化、酸性化、海洋熱波などの変化、海洋生物の影響、それらへの対応などについて基調講演を行った。

その後、SROCCの執筆に携わった次の5人がそれぞれの分担分野について講演を行った。

榎本浩之 国立極地研究所副所長(第1章主要執筆者)
平林由希子 芝浦工業大学工学部教授(第2章主要執筆者)
蔡榕碩 中華人民共和国自然資源部第三海洋研究所副主任/教授(第4章主要執筆者)
須賀利雄 東北大学大学院理学研究科教授(第5章主要執筆者)
Raden Dwi Susanto メリーランド大学大気海洋科学部主任研究員(第6章主要執筆者)

基調講演を含めてこれらの講演の内容については、ここで取り上げて紹介するのは難しいので省略するが、大変参考になる内容で、その中でも須賀教授が、台風は、海面水温が26〜27℃以上になると発達するが、10月の日本列島の南の海水温が平年より1〜2℃高かく26〜27℃になっていた、そのため先般襲来した超大型台風19号は日本をすっぽりと覆い、大雨を降らせ、大きな被害をもたらした、日本周辺の海域では世界平均の2倍のスピードで昇温しているので、今後もこの傾向が続くと思われる、と述べたのが、特に強く印象に残った。

休憩の後は、海洋研究開発機構の白山義久特任参事がモデレータを務め、基調講演、講演を行った6人と環境省地球環境局総務課の吉川圭子脱炭素イノベーション研究調査室長及び笹川平和財団海洋政策研究所の前川美湖主任研究員がパネリストとなり、パネルディスカッションが行われた。

最初に吉川さん、前川さんが発表を行い、その後パネルディスカッションとなったが、モデレータの白山さんが海洋・雪氷圏特別報告書に関するポイントを押さえてパネリストにそれぞれ質問してディスカッションを巧みにリードしたので、聴いていて参考になった。

海洋・雪氷圏特別報告書(SROCC)で示された最新の科学的知見を今後政策にどのように活用していくかが席上でも課題として取り上げられたが、全く同感である。多くの人々に、この報告書の内容を共有してもらって、それを踏まえていかに政策を推進していくかを考えてもらいたい。

席上、笹川平和財団からこのシンポジウムの後「IPCC海洋・雪氷圏特別報告書を受けた10の提言」を記者発表することが紹介され、新たな動きが既に始まっていることを実感した。

12月にチリのサンティアゴで開催される気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)は海洋・雪氷圏に着目した「ブルーCOP」となるという。そこでの議論や成果にも注目していきたい。

気候変動と海洋に関心のある方は、次の笹川平和財団海洋政策研究所、環境省等の発表資料をご覧ください。

笹川平和財団海洋政策研究所【参加報告】気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「海洋・雪氷圏に関する特別報告書(SROCC)」採択
https://www.spf.org/opri/news/20190926.html


環境省発表
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「海洋・雪氷圏特別報告書」の公表(第51総会の結果)について
https://www.env.go.jp/press/107242.html

政策決定者向け要約(SPM)の概要(ヘッドラインステートメント)
https://www.env.go.jp/press/files/jp/112419.pdf
Posted by 寺島紘士 at 02:28
八重原で台風と遭遇 [2019年10月13日(Sun)]
木曜日に山の家の掃除で八重原にやってきた。この家を建ててからはや15年が過ぎて棟木のむき出しになった天井などに埃がたまってきたが、それらの掃除は素人では難しいのでダスキンに金曜日に天井や窓などの掃除をたのみ、それに立ち会うためである。

しかし、折悪しく、それ追いかけるように大型の台風19号が日本列島にやってきた。

ダスキンの掃除が終わる金曜日の夕方ごろから早くも雨が降り出した。静岡県に向かってきた大型台風19号の先ぶれの雨である。

台風19号の暴風圏は大きく、この雨は夜には本降りとなり、土曜日は台風が伊豆半島に上陸する前から風が強く吹き、雨が一日中激しく降り続いた。わが山の家の周りも豪雨とともに風が強く吹いて家の周りの落葉松などの幹が大きく揺れ動き、小枝が折れたりした。

そして土曜日は朝の早い時間から千曲川の増水・濁流が報じられ、東御市でも千曲川にかかる田中橋が壊れて車が3台巻き込まれた事故が発生し、さらには、地域の災害警報の発令が続けて私の携帯にも飛び込んでくるようになって、窓の外の風雨の状況とテレビの台風の報道に目が釘付けになって一日中過ごしてしまった。

このように大荒れの台風の中に身を置いて過ごしたのは、少年時代にやはり信州で遭遇した台風17号以来ではないだろうか。

幸い、この台風の我が家の被害は、落葉松やモロンボの木の枝が折れ、前栽のミニトマトの実が地面に吹き落された程度済んだのでほっとしている。

しかし、報道では死者、行方不明者、負傷者なども多く、風雨や堤防の決壊などで被害を受けた方々も多く報じられている。謹んでご冥福、お見舞いを申し上げたい。

     <13日午前の浅間山>
191013MtAsamaIMG_1805.JPG
Posted by 寺島紘士 at 22:26
日本海洋政策学会第11回年次大会の準備 [2019年10月09日(Wed)]
12月6日(金)に笹川平和財団ビル11階国際会議場で開催される日本海洋政策学会第11回年次大会の準備のため第2回実行委員会が10月7日に開催された。

笹川平和財団ビル内の会議室には委員長の坂元茂樹学術委員会委員長をはじめ委員会メンバーの学会正副会長、常設委員会委員長等が出席して年次大会の進め方について討議した。(7月30日に開催された第1回実行委員会については本ブログ7月31日参照)

今回の実行委員会の主な議事は前回大筋が固まった第11回年次大会のプログラムの内容の詰め、特に応募のあった研究の口頭発表及びポスター発表の選考とそのプログラム構成だった。

今回は、応募があった口頭発表6件、ポスター発表2件についての実行委委員及び学術委員の事前評価をもとにその取扱いを議論して、午前3編、午後3編の研究発表、2編のポスター発表を決定した。そしてそれを踏まえて午前および午後の研究発表の座長を学術委員の中から選考した。

応募のあった研究及びポスター発表は、学術的な発表という観点からアブストラクトの内容、書き方などについて厳しい評価を受けたものもあったが、「海とSDGs―これからの海洋政策と海洋産業―」という第11回年次大会の統一テーマに照らしてみると、特に「海洋政策と海洋産業」という視点に立ってみると、中々興味深い発表内容が多くて、個人的にはこれはなかなかいい年次大会になるのではないかという期待を抱いた。

この後、実行委員会は2019「学生小論文」に応募があった小論文14件のタイトルと応募者の所属・専攻、そして、日本沿岸域学会と共同でまとめることとしている「海洋・沿岸域の総合的管理に関する2020年アピール」(仮称)の検討委員会の活動計画などについて報告を受けて意見を交わした。

今回も審議は坂元委員長の好リードの下でスムーズに進行し、1時間半ほどで、議事をすべて済ませて閉会となった。

第11回年次大会は、昨年と同じく虎ノ門の笹川平和財団ビル11階の国際会議場で午前9時半から午後5時30分まで開催され、その後続けて午後6時からは交流・懇親会も開催される。学会の会員の皆さんはもちろん、海洋に関心のある皆さんもどうぞ奮ってご参加ください。
Posted by 寺島紘士 at 00:29
9月後半の海洋政策関係会議等 [2019年10月03日(Thu)]
9月23日は私の誕生日で、近くに住む娘と孫たちも集まってお祝いをしてくれた。ご承知のようにこの日は「秋分の日」で祝日、そして秋のお彼岸の中日である。もっとも秋分の日はたまに1日ずれることがあり、2020年の秋分の日は9月22日だというが。

さて、物心ついたころから「暑さ寒さは彼岸まで」と言われて過ごしてきたが、今年は9月の後半になっても日中の気温が30度を超える日があるなど、暑い日が続いている。相変わらず原稿執筆に追われているうちに気が付くともう10月である。

そんな中で9月後半に私が直接関係した海洋政策関係の会議、意見交換等は次の通り。

9月18日(水)
○GEBCO-日本財団Alumni Team「Shell Ocean Discovery XPRIZE]優勝報告会・優勝祝賀会に参加
https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2019/20190603-32085.html 等参照

9月19日(木)
○武見敬三参議院議員訪問、「海洋ガバナンス」本の執筆、日本海洋政策学会年次大会等について

9月20日(金)
○ICUS日本委員会・(一社)平和政策研究所主催「第9回ICUS懇談会」参加
「海と気候と二酸化炭素〜海洋シミュレーションと地球温暖化予測〜」
発題者:羽角博康氏(東京大学大気海洋研究所教授)
IPCC第5次評価報告書に基づいて、水温、水位、表層循環、深層循環、熱吸収、二酸化炭素吸収/酸性化がどのように変化してきたか/変化していくかを、その背景とともに紹介、聴いていて大変参考になった。

9月24日(月)
○虎ノ門OB会出席、そのあと全日本空輸(株)参与の羽尾一郎氏と同氏が総合海洋政策推進事務局長当時の海洋政策の取組みについて情報・意見交換
Posted by 寺島紘士 at 17:52
国連気候行動サミット2019 [2019年09月23日(Mon)]
第74期の国連総会が、9月17日からニューヨークの国連本部で開際されている。今期の総会では、グテレス事務総長の重視する気候変動問題を協議し「持続可能な開発目標(SDGs)」の進捗を点検するという。

そして本日(9月23日)は、「国連気候行動サミット2019(UN Climate Action Summit 2019)」開催されている。
https://www.un.org/en/climatechange/un-climate-summit-2019.shtml 参照

サミットには、各国政府、民間セクター、市民社会、地方政府、国際組織が参加して次の分野について野心的な解決策を協議するとのこと。

・a global transition to renewable energy(再生可能エネルギーへの世界的移行)
・sustainable and resilient infrastructures and cities(持続可能で強靭なインフラと都市)
・sustainable agriculture and management of forests and oceans(持続可能な農業と森林および海洋の管理)
・resilience and adaptation to climate impacts(気候インパクトに対する回復力と適応)
・alignment of public and private finance with a net zero economy(ネットゼロ経済の下での公と民のファイナンスの連携)

今回の国連気候行動サミットの開催は、昨年12月に「パリ協定」の実施ルールを採択したポーランド・カトヴィツェの気候変動枠組み条約第24回締約国会議(UNFCCC-COP24)の決定を受けたものであある。
(UNFCCC-COP24については本ブログ2019年1月14日等参照)

近年、スウェーデンの少女グレタさんの活動がきっかけとなって、若者の間でも気候変動、地球温暖化の問題に対する関心が高まっている。21日には600人を超える世界各国から参加した若者たちによる「ユース気候サミット」が国連本部で開かれた。

これらの若者たちを含む地球温暖化対策の強化を急ぐよう求める国際世論を踏まえて国連気候行動サミット2019においてどのような議論が行われ、解決策が示されるのか、注目していきたい。
Posted by 寺島紘士 at 16:30
9月前半の海洋政策関係会議等 [2019年09月18日(Wed)]
今夏は、8月の大半を信州八重原の家で過ごした。さらに9月中旬にも3日ほど八重原の家で過ごした。9月中旬になると家の前の桜の葉の一部がもう鮮やかに紅葉していた。
190917桜の紅葉IMG_1799.JPG

さて、目下の私の最大の懸案は、これまで4半世紀にわたるわが国とその中での私たちの海洋のガバナンスに関する取組を振り返り、まだ実現していない重要課題を明らかにする原稿の執筆である。

東京にいる時はもちろん、八重原でもそのたびにかなりの量の資料を持参し、それらを机のまわりに拡げて、執筆作業に励んだ。

しかし原稿を書いていくと、書くべきこと、書きたいことがさらに出てきて、それらを資料、データで確認しながら執筆していると時間がかかる。もうひと頑張りである。

そんな中、9月に入ると、私のまわりでも海洋関係の動きがでてきた。私が直接関係した海洋政策関係の会議、意見交換等は次の通り。

9月3日(火)
○元総合海洋政策本部事務局長だった(一財)日本気象協会の長田太理事長から連絡を受けて訪問、海洋に関する事項について情報・意見交換。

9月6日(金)
○旧知のシンガポール外務省のメアリー・シー‐チェン大使来訪、海洋政策関係について意見交換(同大使については本ブログ2017年11月23日等参照)
○執筆中の海洋ガバナンス本の出版スケジュールについて海洋政策研究所の酒井英次企画部長、丸山直子課長と打ち合わせ

9月12日(木)
○第148回水路記念日祝賀会に出席
(本ブログ9月14日参照)

9月13日(金)
○(一社)平和政策研究所「IPP専門委員・企画懇談会」参加
グローバル・イシュー、平和構築/外交、安全保障/少子化問題についての問題提起を受け、主として海洋の視点から議論に参加
Posted by 寺島紘士 at 23:48
第148回水路記念日祝賀会に出席 [2019年09月14日(Sat)]
9月12日は、水路記念日。

この日は、開国して近代国家として歩み始めたわが国が、明治4年に安全な航海に不可欠な海図を作成する組織として兵部省海軍部に水路局が創設された日である。

今年も9月12日にそれを祝う「第148回水路記念日祝賀会」が青海合同庁舎開催された。私も海上保安庁海洋情報部からご案内を頂いて出席した。

ちなみに、水路局は、その後、海軍省水路部となり、戦後も運輸省外局を経て海上保安庁水路部として存続し、2002年に名称は海上保安庁海洋情報部に変更されて今日に至っている、戦前・戦後を通じて今日まで148年間続いてきた稀有な組織である。

私は、今から37年前の1982年から2年間、当時はまだ水路部の庁舎が築地にあったころ、水路部監理課長を務めた。これをきっかけとして、海洋の総合的管理と持続可能な利用を目指す新海洋時代のニーズの高まりを受けて海洋調査、海洋情報の収集・提供の業務を拡大強化してきた水路部、そして海洋情報部とはいろいろな面でご縁が続き拡がってきており、これまでも水路記念日祝賀会にはよく出席してきた。(本ブログ2009.9.17、2010.9.11,2017.9.8、2018.9.14等参照)

「ゆりかもめ」のテレコムセンター駅で降りて歩きはじめてすぐ水路部監理課時代に一緒に仕事をした大島章一さんと会って一緒に祝賀会会場の青海合同庁舎に向かった。大島さんとは、当時の仲間の集まりである「寺島会」(本ブログ2017.9.2等参照)で今でも親しくお付き合いしている。

祝賀会会場に着くと、既に会場には、祝賀会の出席者が大勢集まっていたので、丁度顔を合わせた海洋研究開発機構理事の東さんと後方で話をしながら開会を待った。

正面ステージのスクリーンには、来年1月に就役する大型測量船「平洋」の姿をバックに「第148回水路記念日祝賀会」の文字が大きく掲げられていた。

間もなく祝賀会が始まり、今年も最初に岩並秀一海上保安庁長官が挨拶した。
190912水路記念日祝賀会IMG_1795.JPG

岩並長官は、挨拶の中で、最近の海洋をめぐる状況に対応するための「平洋」をはじめとする測量船や航空機等の増強についても触れられた。海洋のガバナンスが進み、海洋情報部の取組みがますます重要性を増してきている中で、それに対応するための測量船、ASV/AOV/AUV、さらには新たに航空機まで、の整備が進んできていることを聞いてうれしく思った。

余談であるが、私が水路部監理課長時代にも「平洋」という測量船があったが、それは100トンに満たない小さな測量船だったと記憶している。今や、わが国の水路測量をリードする4000トンを超える大型測量船の名前が「平洋」であることに時代の流れと水路部=海洋情報部の発展を感じた。

乾杯の後、懇談が始まると、会場の中を動いて、岩並長官とも挨拶をした。話をしていて私が岩並長官と最初に会ったのは、今から20年程前だったろうか、マラッカ海峡で海賊が大きな問題となった時だというのがわかった。私が日本財団常務理事をしていたときである。海の世界では人のネットワークが広く深くつながっているのを感じ、岩並さんの今後ますますのご活躍に期待する気持ちが一層強くなった。

会場には、水路部時代に一緒に働いた人・お付き合いのあった人、その後あちこちでご縁のあった人、現在いろいろやりとりのある人…など、知っている人たちの顔が沢山並んでいた。しかし、誰かと話を始めるとどんどん話題が出てきて簡単には終わらない…、結局すべての知っている人たちと挨拶するのが難しかったが、楽しい祝賀会だった。
Posted by 寺島紘士 at 13:50
第4次安倍第2次改造内閣の海洋政策担当大臣 [2019年09月12日(Thu)]
第4次安倍第2次改造内閣が、本日(9月11日)午後発足した。初入閣は13人で安倍内閣として最多とのこと。

さて、いつものことだが、新聞報道等では海洋に関する施策の集中的かつ総合的な推進に関し内閣総理大臣を助けることを職務とする「海洋政策担当大臣」が誰かはわからない。

そこで首相官邸発表の第4次安倍第2次改造内閣の閣僚名簿で調べてみると、衛藤晟一参議院議員が海洋政策担当大臣であることが分かったので、この情報を皆さんと共有したい。
 
衛藤大臣は、一億総活躍担当、領土問題担当、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・消費者及び食品安全・少子化対策・海洋政策)となっている。

衛藤さんは、2012年以来安倍内閣の首相補佐官を務めており、その豊富な経験を活かして、第3期海洋基本計画の総合的な海洋政策の推進にご尽力いただくことを期待したい。衛藤大臣、「新たな海洋立国への挑戦」の舵取りどうぞよろしくお願いします。

また、閣僚名簿を見て、海洋基本法研究会等で海洋政策に熱心に取り組んできた西村康稔衆議院議員(前内閣官房副長官)と北村誠吾衆議院議員が入閣したのを見つけた。

西村さんは、2006年に海洋基本法研究会で超党派の国会議員と海洋各分野の有識者が海洋基本法の制定に取り組んだ時から海洋基本法戦略研究会に至るまでともに海洋政策について取り組んできており、北村さんも海洋基本法フォローアップ研究会以降熱心に研究会に参加してきた。

西村さんは、経済再生担当・全世代型社会保障改革担当・内閣府特命担当大臣(一般経済政策)、北村さんは、内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革・まち-ひと-しごと創生担当)である。

西村さん、北村さん、大臣ご就任おめでとうございます。担当は異なっても海洋基本法のこと引き続きよろしくお願いします。
Posted by 寺島紘士 at 00:40
西之島で3年ぶりに上陸調査 [2019年09月02日(Mon)]
昨日(9月1日)、NHK首都圏ニュースが、動植物や地質の専門家など15人からなる環境省の調査団が小笠原諸島の西之島で3年ぶりの上陸調査を行うため、1日、神奈川県三浦市の三崎港から島に向けて出発した、と報じていた。

環境省は3年前にも島を訪れて、鳥や昆虫、植物が、どのように生息しているかなどを調べたが、去年7月以降、噴火活動が確認されていないことから、今回、2回目の上陸調査を行うことにした、という。

調査団は、3日、島に到着、上陸して1週間にわたって、海鳥の繁殖状況や生態系の広がりなどを調べることにしている。

いずれその調査結果が発表されると思われるが、別の陸地からはるか離れた西之島は「人間活動の影響を受けずに生態系ができる過程を見られる無二の場所」(環境省)であるので、発表を聞くのが今から楽しみである。

東京から南に約1,000キロ、小笠原諸島の父島の西約130キロのところにある西之島は、2013年に西之島付近の海底が突然噴火して西之島とつながり、その後も拡大を続けてきた。

西之島の拡大はわが国の領海およびEEZ等の管轄海域の拡大にも貢献するので、本ブログでもその動向を注目して再々取り上げてきた。関心のある方はどうぞ覗いてみてください。(本ブログ2013.11.25、…、2017.5.01、2018.3.13、2019.5.25ほか)
Posted by 寺島紘士 at 12:58
BBNJの政府間会議第3会期(IGC-3)開催中 [2019年08月26日(Mon)]
先日、世界海洋評議会(WOC)から送られてきたニュースレリースを見てハッとした。
(WOCについては本ブログ2018年8月16日、10月18日ほかも参照。WOCは、本年11月20‐22日にWOC Sustainable Ocean Summit(SOS)2019をパリで開催する)

それは、WOCの、国連本部で8月19日から開催される国家管轄権外区域(BBNJ)の政府間会議第3会期(IGC-3)への参加を知らせていた。WOCは、世界の海洋ビジネスコミュニティを代表して、国連で行われている国家管轄権外区域の海洋生物多様性の保全と持続可能な開発に関する政府間協議に積極的に参加しており、その情報を世界の海洋ビジネスコミュニティに発信している。

そして、WOCは、第3会期においても、8月28日にofficial Side Event “Methods and Tools for Documenting Human Activity and Assessing Threat and Risk to High Seas Biodiversity”を開催するとのこと。
https://www.oceancouncil.org/media-categories/new-releases/

これを見て、2019年に入ってからは、自分の頭が、BBNJ政府間会議の動向から離れていたことを思い知らされた。

それでも3月25日から4月5日まで行われたBBNJの政府間会議第2会期(IGC-2)については、海洋政策研究所のホームページに掲載された藤井巌海洋政策部研究員の良く整理された参加報告などを読んで頭の隅には止めていたが、残念ながらその後は、6月末の退職の後始末と本の執筆に追われていて、8月の第3会期のことは全く頭になかったので、愕然とした。

というのは、国連における国連海洋法条約の下でBBNJに関する実施協定を策定する協議については、私は2015年の国連総会決議のときから注目し、その準備委員会にも積極的に参加して会議でStatementを発表し、サイドイベントを開催してきたからである。

そしてそれらの動向は、昨年9月のBBNJ政府間会議第1会期(IGC-1)までは、本ブログでも取り上げてお知らせしてきた。(本ブログ2015年7月4日、2016年9月5日、8日、11日、12日、2018年9月20日ほか参照)

そこで、早速、8月19日から30日まで開催されているBBNJ政府間会議第3会期(IGC-3)の様子をiisd Reporting ServicesのDaily Reportで覗いてみた。

そこには会議参加者の写真も掲載されていて、レナ・リーIGC President、ソアレスIGC事務総長、UN DOALOSのガブリエル部長、日本代表の吉本徹也さん、アメリカ代表のエバン・ブルームさん、ISAのジヒュン・リーさん、国際環境法会議のヒロコ・ムラキ・ゴトゥリーブさん、海洋政策研究所の小林正典主任研究員等々、顔見知り、顔なじみ人たちも多く映っていて懐かしかった。

関心のある方は当面の会議の動向を、下記でご覧ください。
https://enb.iisd.org/oceans/bbnj/igc3/19aug.html
Posted by 寺島紘士 at 01:01
| 次へ
プロフィール

寺島紘士さんの画像
Think_now_new.jpg
リンク集
Google

WWW
寺島紘士ブログ
http://blog.canpan.info/terashima/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/terashima/index2_0.xml