CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンガポールのメアリー・シーチェン大使来訪 [2017年11月23日(Thu)]
先日、シンガポールのメアリー・シーチェン大使から、日本外務省との会議で日本に行くので会いたい、またこの機会に、総合海洋政策推進事務局も訪問したいという連絡があった。

メアリー大使とは、1990年代後半、彼女がシンガポール海事港湾庁(MPA)に出向していたときにマラッカ海峡の安全協力などでお付き合いが始まった。後にMPAから古巣の外務省に戻ってからも海洋に関する国際会議等でよく会って旧交を温めた。彼女はその後チュア博士の後を受けてPEMSEAのパートナーシップ会議議長も務め、また、駐パナマ大使を長い間、そして現在も務めるなど活躍している。

連絡を受けて早速、私自身は22日に会う約束をするとともに、総合海洋政策推進事務局の羽尾事務局長にもお願いしてメアリー大使との面会の時間を取ってもらった。

22日(水)、メアリー・シーチェン大使は、シンガポールの外務省や海事港湾庁(MPA)の人たちを連れて約束の時間にやってきた。顔を合わせればすぐに旧知の間柄に戻って話がどんどん弾むのは大使の人徳である。

今回の大使の関心は、海洋基本法と現在策定作業中の第3期海洋基本計画に向けられていた。海洋基本法に関するおおよそのことは私から説明したが、策定作業中の第3期海洋基本計画についての詳しいことは、参与会議の意見書が間もなく最終的にとりまとめられるというタイミングなので、そのあと予定されていた羽尾事務局長との会談に譲った。

メアリー大使とはこれまで何回も会ってその都度、海洋政策に関する日本や各国の取組み、マラッカ海峡に関する国際協力メカニズム、海賊問題、各国の海洋政策の取組み等々についていろいろ話してきた。

今回は、時間が十分取れなくてゆっくりと話せなかったのは残念だったが、大使が、持ち前のにこやかな笑顔で次々と質問を繰り出すのはいつも通りで、しばらくぶりにメアリー大使と海に関する会話を楽しんだ。(了)
Posted by 寺島紘士 at 21:57
第3回美しい富山湾クラブ理事会に出席、講演 [2017年11月22日(Wed)]
11月20日(月)、第3回「美しい富山湾クラブ」理事会に出席した。美しい富山湾クラブについては、本ブログでもしばしば取り上げている。(本ブログ2017年8月28日、同4月11日、2016年4月23日、2015年2月15日等参照)

美しい富山湾クラブの会合は、同クラブに参加している富山湾沿岸の各市を回って開催されている。今回は黒部市の市役所で開催されたので、東京から北陸新幹線で黒部宇奈月駅まで行った。

往きは、秋から冬へ移り変わる景色を車窓から眺めながら行った。軽井沢から長野県内に入って一段と紅葉・黄葉が鮮やかとなり、山々が美しく染まった信州の景色。長野から先の、飯山あたりだろうか、山々が、そして時には里まで雪をかぶった景色。それらを眺めているうちに日本海側に出て糸井川を経て黒部宇奈月温泉駅に着いた。

黒部宇奈月温泉駅で、美しい富山湾クラブ理事・事務局長の高桑幸一さんに迎えてもらって、道の駅で美味しい昼食をいただき会場まで行った。

理事会は、美しい富山湾クラブの永原功会長(北陸経済連合会名誉会長)の挨拶で始まり、富山県知事(代理)、黒部市長の来賓挨拶の後、議事に入った。

最初の活動状況報告では、@富山湾の環境を保全するとともにより魅力的にする活動、A富山湾の魅力を発信する活動、B富山湾に関わる後継者を育成する活動について、出席した理事、オブザーバーメンバーからそれぞれの活動が報告された。続いて、富山大学経済学部の「SNSフォトラリー」について事務局から報告があった。

その後、今回のビッグニュースとして、2019年の「世界で最も美しい湾クラブ」の総会・世界大会が富山で開催されることが内定し、来年フランスで開かれる総会で石井富山県知事がプレゼンテーションをして正式に決定される予定であることが報告された。これを聞いて地域を挙げてのこのような前向きな取組は素晴らしいと思った。皆さんの積極的な取組に敬意を表したい。

理事会の議題の審議終了後に、私が「最近の内外における海洋ガバナンスの取組」について講演した。

去る8月28日の本ブログでも紹介したように、「世界で最も美しい湾クラブ」の加盟の条件としては、申請する湾に、@優れた自然の美しさがあること、A豊かな生態系があること、B経済的潜在力があること、C地域と国レベルで法的保護体制が整っていること、D世界文化遺産の評価基準に準じていること等が挙げられている。

世界で最も美しい湾クラブの活動が、海洋・沿岸域の総合的管理と持続可能な開発利用という21世紀の新しいグローバルな政策の流れに沿ったものであることがわかる。

そこで、今回の講演では、グローバルなスケールで進められている海洋における新秩序構築と持続可能な開発利用に向けた海洋ガバナンスの取組みについて、国際レベルの取組みと我が国の取組み、特に沿岸域の総合的管理に焦点を当てて話をした。

まず強調したのは、海洋は地球表面の7割を占める国際的空間であり、それは沿岸域から広大な海洋の真ん中までつながっていて、相互に密接な関係を有しているので、Think Global, Act Localで取り組んでいく必要があること、「持続可能な開発目標(SDG)14:海洋・海洋資源の保全と持続可能な利用」は、今や官産学民が国連海洋会議や各国・各地で共同して取り組んでいる国際的課題であること、美しい富山湾クラブの活動も、それらの国際的取組を念頭において推進していけば、各地の同様の取組みとの交流が進み、必ずいい結果がついてくることなどである。

講演の後半では、海洋基本法の下での沿岸域の総合管理(=海を活かした地域づくり)の取組みについて、第2期海洋基本計画の記述内容、沿岸域の総合的管理の内容・効果・モデルプロセスを中心に説明し、その取組に当たっては地方創生の支援策の活用も推奨した。

帰りは、既に外は暗くなって景色も見えなくなっていたので、今回の会議のことなどを思い返し、美しい富山湾クラブの活動が、2019年の「世界で最も美しい湾クラブ」世界大会の冨山開催によりまた一段と盛り上がること、そして、世界の同様な取り組みをしている地域との交流が進展することを期待しつつ家路に着いた。
Posted by 寺島紘士 at 23:49
11月中旬の海洋政策関係会議等 [2017年11月20日(Mon)]
11月中旬は、第3期海洋基本計画策定に向けた参与会議意見書の取りまとめを行う参与会議の開催が大きなイベントだった。これを受けて第3期海洋基本計画の策定作業が新たな段階に進もうとしている。

11月中旬のもう一つの特徴は、日本工学アカデミーや神戸市など最近はあまり密接な交流のなかったところから海洋に関するアドバイスを求められたことである。

11月中旬の私が直接関係した海洋政策関係の会議、意見交換等は次の通り。

11月14日(水)
〇海洋研究開発機構の経営企画部経営戦略課長の菊池一成氏の案内で海洋研究開発機構アドバイザーの森本浩一氏、イノベーション・事業推進部次長の佐々木亨氏、経営企画部研究企画統括の中津健之氏来訪、(公社)日本工学アカデミーの海洋に関する活動について意見交換(本ブログ11月18日参照)

11月17日(金)
○第3期海洋基本計画策定に向けた総合海洋政策本部参与会議意見書の取りまとめについて議論する総合海洋政策本部参与会議(第36回)開催、傍聴(本ブログ11月19日参照)
〇神戸大学海事科学部創基100周年記念祝賀会で挨拶した神戸市企画調整局の谷口真澄局長と同局の瀬合達也政策調査課長来訪、海洋都市神戸の発展について意見交換

11月20日(月)
○黒部市で開催された「第3回 美しい富山湾クラブ理事会」出席、席上「最近の内外における海洋ガバナンスの取組み」について講演
Posted by 寺島紘士 at 23:51
総合海洋政策本部参与会議(第36回) [2017年11月19日(Sun)]
11月17日(金)、第36回総合海洋政策本部参与会議が開催され、傍聴した。今回の議題は、第3期海洋基本計画策定に向けた総合海洋政策本部参与会議意見書の取りまとめである。

席上活発な意見が参与の方々から出され、最後にそれに対して羽尾事務局長が対応の方向を述べ、それらを踏まえて意見書の取りまとめは宮原座長に一任された。最後に江崎海洋政策担当大臣が挨拶して閉会となった。

審議を聞いていて、参与の方々の積極的・建設的な発言と、事務局の真摯な取り組みが強く印象に残った。参与会議の意見書の取りまとめが目前となり、第3期海洋基本計画の策定作業は、大きなヤマ場に差し掛かっている。
Posted by 寺島紘士 at 23:55
海洋の保全と持続可能な開発利用への工学的アプローチ [2017年11月18日(Sat)]
11月14日(火)、海洋研究開発機構経営企画部の菊池一成経営戦略課長の案内で海洋研究開発機構のアドバイザーの森本浩一氏、イノベーション・事業推進部次長の佐々木亨氏、経営企画部研究企画統括の中津健之氏が来訪した。

訪問の趣旨は、海洋研究開発機構の事業というよりは(公社)日本工学アカデミーの活動の一環として、わが国の工学および科学技術の発展というより広い視野に立って、海洋国家として必要な研究開発を行うとともに、アポロ計画が多くの若者を宇宙分野への道に導いたように、海洋においても若い世代に海洋に興味を持たせるような時代の変化を先取りした研究開発プロジェクトを検討しており、その具体化の一環として意見交換をしたい、ということだった。

最近、国際的には、海洋の開発・利用・保全等が具体的な実施段階に入り、海洋に対する企業の関心も開発・利用だけでなく保全も含めて大きくなっている。そうなると、海洋でその開発・利用・保全等に取り組むとすれば、その実施段階では海洋政策や科学的知識とともに水で満たされた海洋空間でそれを効果的に実施するための技術が必要であることは言うまでもない。

このところわが国では、工学関係からの海洋に対する取組・関心があまり目立たなくなっていたので、日本工学アカデミーが、海洋に対して関心を持って取り組んでくれるようになるのは海洋ガバナンスを推進する立場からも大変ありがたい。

森本さんたちとは、地球表面の7割をカバーする海洋の問題は、国際的な視野をもって海洋に関する国際的な法的枠組み及び海洋の総合的管理と持続可能な開発に関する行動計画を踏まえて取り組む必要があることなどを話し合って、工学的視点から海洋研究がこれから具体的に動き出すことへの期待を表明した。

最近、国連海洋会議の開催に見られるように、国際的には海洋の保全と持続可能な開発利用に関する取組が具体的に動き出しており、それに対して産業界を含む各方面のステークホルダーが積極的に参加するようになっている。したがってわが国においても、今回の日本工学アカデミーの動きのように海洋の保全と持続可能な開発利用に向けて各方面から様々な取組み・動きが出て来ることは望ましいことであり、そのような動きが今後ますます進展することを期待したい。
Posted by 寺島紘士 at 23:32
海洋政策ブログへのアクセス、180万ページビュー突破 [2017年11月17日(Fri)]
内外の海洋に関する動きと取組みを追い、それを海洋に関心を持つ皆さんと共有し、わが国の海洋政策の拡充を目指している「海洋政策は今 寺島紘士ブログ」の累積アクセス数が、昨日(11月16日)ついに180万ページビュー(pv)を超えた。読者の皆さんに感謝をこめてお知らせしたい。

160万pvを超えたのが2017年6月12日だった(本ブログ同日参照)から、それから5か月と4日間で、180万ページビューに到達したことになる。

この期間も国際的には、国連海洋会議(6月5‐9日)など様々な国際会議が開催され、また、国内的にも第3期海洋基本計画の改定に向けた検討が本格化するなど、海洋政策に関する内外の取組みは活発であったことがアクセス数の増加を支えていると思われる。

そして、多くの皆さんが海洋政策に関心を持っているからアクセス数がここまで伸びてきたのであり、海洋政策ブログにアクセスしてともに海洋政策について考えていただいた皆さんに重ねて感謝申し上げたい。 

これからも海洋に関する内外の動きと取り組みをお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。
Posted by 寺島紘士 at 22:26
11月上旬の海洋政策関係会議等 [2017年11月15日(Wed)]
11月上旬の海洋政策関係会議等の大きな目玉は、なんといっても南シナ海の海南島にある海口を訪問して中国南海研究院と「2017日中海洋対話」を開催したことである。

耳で聞き、目で読むだけでなく、実際に現地を訪れて、目下国際的にも注目されている海洋の問題について日中の専門家同士がトラック2レベルで発表・意見交換をし合ったことは、それなりの意味があったと思う。

11月上旬の私が直接関係した海洋政策関係の会議、意見交換等は次の通り。

11月1日(水)
〇日本財団の笹川陽平会長と笹川平和財団の角南篤海洋政策研究所長の対談「海の未来に向けて」司会

11月2日(木)
○総合海洋政策本部参与会議の第6回基本計画委員会、傍聴
〇駐日欧州連合(EU)代表部・ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(TNC)主催の日EUハイレベルセミナー「IUU漁業政策と水産業の振興」に出席(本ブログ11月3日参照)

11月7日(火)〜10日(金)
○中国南海研究院との「日中海洋対話会議」出席のため、中国海南省の海口に出張

11月8日(水)
○中国南海研究院と「2017日中海洋対話」開催(本ブログ11月11日参照)

11月9日(木)
○午前に中国海南省海洋漁業庁、午後に中国海事局の海南海事局を訪問(本ブログ11月12日参照)
Posted by 寺島紘士 at 21:38
JICA広報誌「mundi」11月号、「海洋保全」を特集 [2017年11月14日(Tue)]
11月14日(火)、独立行政法人 国際協力機構 編集・発行のJICA広報誌「mundi」11月号が送られてきた。ちなみに「mundi」はラテン語で“世界”とのこと。

これは、mundi11月号で「海洋保全」を特集し、その編集に私が協力したからで、私もmundiを見るのは初めてである。

手に取って中を見ると、冒頭に「特集 海洋保全 豊かな海を未来へ」と題する見開き2ページ+αの本特集を俯瞰する記事が掲載されている。ここが、私が編集協力した部分である。

地球表面の7割を占める人類の生存基盤である海洋を襲う異変と世界全体に及ぶ影響、それに対応するために定められた国連海洋法条約や海の豊かさを守るための持続可能な開発目標14、そして、人類の共同財産を守る海洋国の権利と責任、分野や省庁を横断し国際社会や近隣諸国と積極的に連携協働する大切さ、世界の海洋国の一員としての日本の海の未来を守る責任などが、海辺の風景写真をバックにして綴られている。

中々良くまとまっている、と思う。

「特集 海洋保全」は、この後、「水産をめぐる世界の現状」についてデータをわかり易く整理して見開き2ページで伝え、さらに、バヌアツからの「よみがえる前浜」、チリからの「ともに見つけ出す赤潮対策への道筋」、フィリピン・インドネシアからの「海の森を守り、地域社会を豊かに」の記事を掲載し、最後に、また見開き2ページで「漁業国の知恵を世界に発信!」というタイトルで、日本各地の取組みを写真付きで紹介している。

この後も、「沖縄からの発信!活力ある漁村づくり」、ペルーでの青年海外協力隊(環境教育)の活動紹介、国際協力の担い手たちの紹介としての株式会社南西環境研究所の活動、地球ギャラリー:カメローン、…などJICAの活動ないし活動先の状況が読みやすく紹介されている。

私は、内外で二国間ベースの国際協力に取り組んでいるJICAの人たちに会うことも結構あるが、メインは、海洋の総合的管理や持続可能な開発に関する国際会議などに参画して海の問題にマルチの場で取り組むことが多いので、mundiに掲載されている記事は中々面白く、同時に参考になった。

そして、これからの海洋に関する国際協力は、バイの二国間協力とマルチの多国間協力をもっと相互に関連付けて互いに連携協働してやっていくことを考える必要があるのではないかと思った。

なお、巻末を見ると、mundiは、送料負担すれば希望者に送付する、とある。国際協力やJICAの活動に関心のある方にはなかなかいい情報源だと思うので、一読をお奨めしたい。
Posted by 寺島紘士 at 23:51
「2017日中海洋対話会議」に出席(2) [2017年11月12日(Sun)]
今回の訪問先の海口がある海南島は、ベトナムのハノイのちょっと手前でハノイよりもっと南にある。海南島の北部は、亜熱帯で、南部は熱帯に属するという。

日本からの直行便はなく、羽田からまず広州まで飛び、そこから中国国内線で海口に行った。羽田を飛び立ったのが午前8時50分、海口に着いたのは午後4時半ごろで、結局1日がかりの旅行だった。それでも帰りに比べるとまだましで、帰路は、海口発8時25分で、羽田に着いたのは夜7時半だった。往きと帰りの移動で2日間丸々かかり、海口滞在の2日間は会議と官庁訪問をフルにこなしたので身体的には結構疲れた。

「2017日中海洋対話会議」の翌日は、午前に海南省海洋漁業庁、午後には海南海事局を訪問した。

海洋漁業庁では、弁公室の陳業貴主任を筆頭に、海域課、捕𢭐課、養殖課、市場課、漁政課、予報減災課から課長又は副課長・調査研究員が出席して我々対応し、業務説明をしてくれた。

その主なポイントは、@国際漁業協力では、テラピアの輸出が盛んで、米国、EU,メキシコなどに輸出している、A科学技術協力にも力を入れており、ドイツ、オーストラリアなどとも協力しており、東京海洋大学とも海ぶどうの養殖などを一緒にやった、B持続可能な漁業に力を入れており、沿岸養殖を沖合の水深20m以下の場所に移して生態系の回復を図った、等であった。

海南海事局でも、海南海事局指揮センター(捜索救助センター弁公室)の呉育耀主任等が交通安全、環境保護、船員管理、権益保護、捜索救難など海事局の業務概要について説明してくれた。
2017-11-09 15.43.12 (2)海南海事局.jpg

2017-11-09 14.59.59 (2)海南海事局A.jpg

その後、局内施設を案内してくれたが、特に、広東省との間の瓊州海峡の交通管制センターの視察は中々興味深かった。
171109海南海事局交通管理IMG18 (2).jpg

海洋漁業庁、海事局ともに私たちの訪問を快く迎えて、その業務を進んで説明してくれてありがたかった。

海南省は、海南島と東シナ海の西沙諸島、南沙諸島、中沙諸島からなり、今国際的に注目されている南シナ海をカバーしている省なので、私たちの訪問をどのように対応してくれるのかちょっと気になっていたが、今回の海事関係官庁訪問は、友好的な雰囲気の中で行われ、嬉しかった。
Posted by 寺島紘士 at 23:36
「2017日中海洋対話会議」に出席(1) [2017年11月11日(Sat)]
中国の海口で開催された「2017日中海洋対話会議」に出席するため7日から10日まで出張した。このため、ブログ掲載が1週間ほどできなかったことをお詫びしたい。

東アジアの海域では、その管理や開発、利用、保全をめぐって、国際的な協調の必要性が指摘されている。そこで昨年6月21日には、笹川平和財団海洋政策研究所と中国南海研究院は、トラック2レベルの会議「日中対話:東アジアの海洋問題への協調的取組みを目指して」を東京で開催した。(本ブログ2016年6月22日参照)

「2017日中海洋対話会議」は、それに続く2回目で、今回は中国海南省の海口にある中国南海研究院で開催した。

会議は、両国の有識者が参加して、11月8日(水)に朝から夕方まで1日かけて集中的に行われた。
2017-11-11 10.10.24 (2)南海研究院.jpg

最初に開会セッションが行われ、4人が開会挨拶をした。まず、中国南海研究院の呉士存院長が開会挨拶をし、続いて笹川平和財団参与の小生と角南篤笹川平和財団海洋政策研究所長が開会挨拶をした。

さらに、中国外交部辺海司の賀湘g参事官が開会挨拶をする予定だったが、到着が遅れたため後刻到着してから挨拶をした。

私の挨拶では、6月末に所長を角南さんに引き継いだのでこれからは角南さんが海洋政策研究所の先頭に立ってリードしていくことを述べるとともに、次のような趣旨の挨拶をした。

‛昨年日中海洋対話をしてみて、お互いに相手がどのような考え方に基づいて行動しているのか知らないことがずいぶんある、したがって、互いに議論して確かめた方がいいこと、確かめる必要があることもずいぶんある、そして互いに共有できるものは共有し、意見の異なる部分についてはどのようなことが出来るかを双方でさらに議論して協力の道を探ることが両国のため、ひいてはアジア・世界のために意味あることではないかと思った。この日中海洋対話が海洋の総合的管理と持続可能な開発、海洋の平和と各国間の友好関係の増進、東アジアの安定と発展に貢献していくことを切に願っている。’

開会セッションに続いて、次の4つのセッションが行われた。

1. 東アジア海洋における安全保障の新たな取組み
2. 漁業資源の持続可能な利用と管理
3. 海洋ガバナンス
4. 海洋分野の日中協力
2017-11-08 12.08.03 (2)日中海洋対話.jpg

各セッションとも、最初に両国から有識者がそれぞれ2人ずつ発表し、その後討議を行った。それぞれの分野の専門家が、それぞれの専門的知見に基づいて自分の意見を述べて提案を行ったので、聞いていて参考になった。ただ、発表の後の討議の時間が必ずしも十分に取れなかったきらいがあり、最後の総合討議では、次回はもっと討議を十分にできるようにしようという意見が多く出され、次回は2日間会議を行うことが申し合わされた。

私は、「セッション3:海洋ガバナンス」で「海洋ガバナンスの取組み」と題して、大きく動き出した国際社会の海洋ガバナンスの取り組み、日本の海洋基本法を中心にした海洋ガバナンスの取組みについて発表し、最後に、国連海洋法条約による海洋空間の再編成により発生している各国間の対立・紛争に私たちがどう対応すべきかについて、様々なレベルでの対話・検討の実施、能力構築の推進等5つの提案をした。
171108寺島参与報告写真1.jpg

会議は、議論の白熱等により若干予定の時間をオーバーしたが、次回は海洋政策研究所がホストとなって日本で開催することを確認して成功裡に終了した。

その後、会議参加者全員よる夕食会が行われ、そこでは参加者間でインフォーマルで自由な会話が弾んだ。この日中海洋対話がいい形で発展していくことを期待している。
Posted by 寺島紘士 at 23:36
| 次へ
プロフィール

寺島紘士さんの画像
Think_now_new.jpg
リンク集
Google

WWW
寺島紘士ブログ
http://blog.canpan.info/terashima/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/terashima/index2_0.xml