CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

寺内昇さんの画像
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ別一覧
月別一覧
http://blog.canpan.info/tera/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tera/index2_0.xml

CANPANメール、今日が最後のサービス提供日。ご利用いただきありがとうございました。 [2009年06月30日(Tue)]
今日でCANPANメールがサービス提供を終了します。

CANPANが2005年6月に稼働したときから、無料Webメールとしてサービスを提供していましたので、丸4年が経過したことになります。

当時はWebメールはまだ珍しく、ユーザーライセンス無制限のサービスを提供していたCatchMe@MAIL(キャッチミーアットメール)をエンジンとして使うことしました。

公益活動をされる方々の情報プラットフォームとして、ニュース投稿機能、メーラー機能の提供が必要だと考えたからです。

時代的には、Yahooメールの容量が数十MBでした。場合によっては、CANPANメールも容量では競い合えるのでは、などと夢想しては喜んだものです。
しかし、それは妄想でした。Yahooはすぐに100MBの容量になり、CANPANは容量では太刀打ちできない状態になったのです。

この4年間でインターネットを使ったサービスは大きく進歩しました。メールサービスも同様です。

CANPANは、2005年に始めたサービスを、今日終えようとしています。日本財団がGoogle Appsを、組織メーラーとして(グループウェアとして)2009年4月から採用したように、メールサービスは、民間企業が提供している機能を使うほうが、ユーザーにとって便利です。

CANPANは、第2世代への移行を検討する時期になってきたと思います。SaaS(Software as a Service、サース:ソフトウェアをネットワーク経由のサービスとして提供・販売する形態)を使うことを視野に入れ、クラウド技術の動向をにらみながら、コストダウンとユーザーフレンドリーな仕組みを構築する時期だと思います。

情報は実名でオープンを原則とすること。そして、個々による情報発信の段階から、ネットワークによる情報発信・共有ができるような仕組みへの移行を考えたいものです。
オープンSNS
でしょうか。
メール機能はそこに内在されていくかもしれません。また、カレンダー機能の共有も可能にしたいものです。

「情報システムは、人を幸せにするためにある」とは、尊敬する田坂広志さんから学びました。CANPANが、日本の公益活動に欠かせないツールとなって、企業・NPOがともに働いて日本が明るく元気になるように、ささやかですが働かせていただきたいと思います。

CANPANメールをお使いたいだいた皆さん、ご利用いただき誠にありがとうございました。また、今後ともCANPANのご愛顧をよろしくお願いいたします。



2005年4月のテスト運用中のサイト
Internet Archive : Wayback Machine サイトより


■てら
チャリティ(寄付付き)Tシャツ・アート展2009 2ndステージ終了。お疲れ様でした。 [2009年06月29日(Mon)]
昨日は、チャリティ・Tシャツ・アート展2009の2ndステージ終了を祝して、JILLAの竹本明子さんkeith(鈴木公明)さんと、妻と4人で食事をしました。場所は、野菜ソムリエ認定の「やさい家めい 五反田店」。野菜づくしでした。


バーニャカウダ(温かいソース)料理


野菜しゃぶしゃぶ
ごぼう、きのこがたっぷりの出汁でさっと茹でます


6月1日から始まったTシャツ・アート展、27日が最終日。大阪在住の竹本さんは、1か月間東京のウィークリーマンションでの生活でした。お疲れ様でした。そして、毎日新しい気持ちで展示会に臨まれたKeithさん、そして関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。

竹本さんは、寄付付き物販に夢を馳せていらっしゃいます。
イラストレーターの皆さんが「アートで社会貢献」をモットーに、さまざまな商品のデザインを手がけ、それが寄付付き商品だったら、素敵です。

結婚式の引き出物、記念品、お祝いなど、デザインの良いものが、寄付付きで買うことができたら素晴らしいです。しかも、買う人が寄付先を選べたり、商品ごとに寄付先が決まっていてもよいです。デザイナーも寄付先をイメージしてデザインしてもよいですね。

CANPANはすでに、クレジットカードによる寄付の仕組み・CANPANペイメントを提供しています。また7月からは、クレジットカードによる自動引き落としも可能なように準備を進めています。

現在、授産施設が作った商品などの物販の仕組みを提供して欲しいとの要望があります。CANPANが物販を始めたとき、寄付付き商品などを世の中に提供できるといいなあ、などと勝手に考えてみたりしました。

竹本さん、Keithさん、誉田さん、そして皆さん、これからもよろしくお願いします。

■てら
ツバメが巣立ちそうです [2009年06月26日(Fri)]
近くにあるダイエーの入口にあるスピーカーの上に、ツバメが巣を作っています。雛もすっかり大きくなって巣立ちもそろそろ。

ツバメは、wikipediaによると、「ほとんど人工物に造巣し、民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著である。これは、天敵であるカラス等が近寄りにくいからだと考えられている」。

そして「産卵期は4〜7月ごろ。一腹卵数は3〜7。主にメスが抱卵する。抱卵日数は13〜17日。その後の巣内での育雛日数は20〜24日。1シーズンに2〜3回繁殖。」


頭上 つばめの巣あります。フンにご注意ください



スピーカーの上に巣作り(5月23日撮影)


朝の通勤時には、軒下を飛び交うツバメが目を楽しませてくれました。それも、そろそろ終わりでしょうか。

ツバメは渡り鳥。秋には、親鳥もその年に生まれた若鳥も、越冬のために台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などへ渡っていくようです。目の前の小さな鳥が海を渡り、東南アジアに渡っていくとは。この小さな体のどこにその力あるのか、と驚いてしまいます。来年も、元気においでよ〜。


みんな子ツバメ?(6月25日撮影)


■てら
長谷川満ご夫妻とWaZa 銀座で会食 [2009年06月25日(Thu)]
長谷川満ご夫妻と夫婦4人で会食をしました。場所は、野菜ソムリエ認定Real Tokyo Dining WaZa 銀座

長谷川満さんとは、田中省三先生の「プレゼンテーションの極意」セミナーをご一緒に受講させていただいたのが、知己をいただいたきっかけです。

長谷川さんは、リペア業界No.1の株式会社バーンリぺアヒューマンサポート部の部長さんをされていました。
効率的業務を課せられた職人さんは、ともすれば心に余裕がなくなってしまうこともあったようです。それを、お客様の喜びこそ仕事に励む糧であり、報酬はお客様の喜びの見返りであるという企業風土を作られました。会話をしていると、心静かでユーモアあふれる人柄ですが、心には熱き血潮をがみなぎっています。

長谷川さんは、人材育成を生涯の仕事とすることを決意されて、6月に独立されました。

長谷川さんの将来の夢は、地元島根県の公立中学校の校長先生になる!です。夢に向かって輝く子供たちを送り出したい、そうおっしゃいます。

出会うべくして出会った奥様とめぐり合い、まさに新しい第一歩を踏み出された長谷川さん、ご活躍をお祈りしています。そして、夢の実現を応援します。


長谷川さんご夫妻


お役に立ちたいという思いで新しいチャレンジをされる方は、皆さん輝いていらっしゃいます。さまざまな不安を乗り越え、挑戦する選択をされる皆さん。人生には大きな幅があることを体感し、痛感いたします。

P.S.

野菜ソムリエ認定Real Tokyo Dining WaZa 銀座は、シックで落ち着いた店内、美味しい野菜が印象的でした。野菜フォンデュは、思いのほかさっぱりとしたチーズで、いくらでも食べることができそうな美味しさでした。


さっぱりとして美味しい野菜フォンデュ


■てら
第17回産業用バーチャルリアリティ(IVR)展に参加 [2009年06月24日(Wed)]
本日は、第17回産業用バーチャルリアリティ(IVR)展リード エグジビジョン ジャパン(株)主催)に参加しました。
基調講演 キヤノンの最新事例やVRの今がわかる!」について、感じたことを記したいと思います。

先進的なIT革新手法を活用したものづくり戦略〜VRと3DCADを融合した次世代最新技術の実現〜

■講師: キヤノン(株) 情報通信システム本部 技術システムセンター センター所長 浜谷 雅秀

キヤノンでは、技術情報を多角的に活用すべくBOMを中心に管理・運用の仕組み作りを行う中、更に先進的な立体映像を駆使した新たな取組みが進んでいる。VR技術によって、開発・設計を劇的に革新していく手法について紹介する。

■講演者プロフィール:
1971年キヤノン(株)入社。'98年より、イメージコミュニケーション事業本部の事業/開発/生産にわたる事業IT革新を推進・総括。'07年本社IT部門に異動し現職。全社におけるCAD/PDMを中心とした技術系システムを統括し、合わせて革新プロジェクトを担う。特にIT情報の有効活用に注力推進している。'08年より、MR開発推進プロジェクトも兼任し、MRの事業化に向けた取組みを行っている。


キャノン株式会社は、1937年設立、17万人、4兆円の大企業です。
歴史がある故に、社内には様々なシステムがあり、いかにシームレスに情報流通をするかが鍵。電子カメラは6か月で開発して売り切るようになってきており、品種ごとにワークフロー、品種数が異なっています。クリアすべきテーマは、システムの一元化、情報を一気通貫化すること。さらに、業務革新に如何に対応するかです。

開発図面と工場の図面は一般に体系が異なりますが、これを1体系にすると効率化が大幅に向上します。シミュレーションによる試作をすることで、製品の品質を落さず、開発期間と開発費を削減しました。2007年は、2000年に比べ、開発期間は6割となり、設計変更回数は大幅に減少しました。

2000年には、CAMERA事業部と事務事業部の3DCADが2種類入っていました。2007年に、3DCADの統一を決定。統一された企業は少ないと思います。日本の企業は3つ以上の3DCAD、多いところでは10種類ほど入っている。CADが多いほど、リソースを分散しています。

一方、3DCADはインターフェースが使いにくい。そこで、CADベンダーと一緒に改善しました。一緒に開発しないと使い勝手がよくなりません。

昔は、製品を部分に分けてシミュレーションをしていましたが、現在は全体を捉えてシミュレーションしている。例えば、落下衝撃、電磁波影響など。メカは3Dで設計するが、電気回路は別のシステムで設計します。しかし、今では全体でシミュレーションするようになったので、組み立て作業者用教育用アニメーションをシミュレーションで作成することができるようになりました。外国人の作業者にはわかりやすい説明映像になっています。

MR(Mixed Reality:複合現実感)技術とは、VR(Virtual Reality:仮想現実)技術を違和感なく融合させる映像技術で、特に、自分の視点に応じた映像が見えることが重要です。つまり、目の前の空間に、バーチャルな3Dデータがあたかもそこにあるかのごとく見えるということです。

<感想>
もうまるで、マトリックスの世界が、すぐそこまできています。現実と設計が一体となった将来技術があります。ヴァーチャルで見える目の前の粘土を、手でこねて形を作っていくと、それが設計データとなっていくのです。ゴーグルを付けて恐竜の化石をみると、化石が恐竜になって、動いて見えるのです。
産業会では、3Dの立体に移行しています。

人間能力を拡張するバーチャル リアリティの最近の進歩

■講師: 慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科 教授 舘 ワ

近年、テレイグジスタンスやオーグメンティドリアリティあるいは超臨場感といった実世界をバーチャル リアリティによって豊かにし、人間の機能や能力を高めてゆく研究が盛んになってきている。最近のこうしたVRの進展を紹介する。

■講演者プロフィール:
国内におけるVRの権威。日本VR学会初代会長、 国際計測連合学会(IMEKO)ロボティクス会議議長などを務める。 世界で初めてテレイグジスタンスの概念を提唱、その独創的研究で世界的に有名。専門分野はロボット工学、バーチャル リアリティ、システム情報学。各賞受賞、著書多数。


Virtualとは、そのものではないが、その本質や効果を有しており、そのもののエッセンス。
Virtual Reality(VR)とは、現実そのものではないが、現実の本質や効果を有しており、現実のエッセンス。つまり、偽者ではないということ。

VRには、次の4点について人間能力を拡張する機能があります。
 1.感覚:たとえば、盲導犬ロボット
 2.:たとえば、Augmented Reality(拡張現実)。現実空間をVRで増強する。つまり、現実空間に情報を自然に投影する。GE Smart Grid Augmented Realityに動画があります。
 3.運動:たとえば、失われた機能の回復
 4.時空(時間、空間):たとえば、Twister(Telexistence Wide-angle Immersive Stereoscope)。全周囲360度が特殊なメガネなどを使わず裸眼で立体的に見ることができる仕組み。電話ブース、パソコン操作スペースなど、全周囲に立体映像を投影する手法が開発されている。

テレイグジスタンス(telexistence)という概念があります。人間は遠くにいるが、目の前の物体に入り込んでいるのと同じ状態でアクションすることができる。つまり、自動化は難しい。この場合、「非匿名性」と「存在感」が大切になる

現在は、岐路の一段階。VRは1993年から始まったが、これからの10年でさらに進んでいくだろう。

<感想>
テレイグジスタンスが進むと、誰かということが問われる時代となります。誰かを問うことは、体ではなく、知識を問うことなのでしょうか。知識は代替できるとすると、誰であるということは、心なのでしょうか。VRが進むほど、個人を特定するということが問われ、それは科学では測定することが難しい心と向きあうことなるのでしょうか。面白いです。
続きを読む・・・
久米繊維工業さんから戴いた「綿の木」の種を植えました [2009年06月23日(Tue)]
本日は「綿の木」の栽培のご報告です。

種は、現在開催中のチャリティ・Tシャツアート展1stステージで、アート展支援パートナー企業の久米繊維工業さんが参加者の皆さんへのプレゼントとして配られていたものです。3粒の種が、小さな可愛いシャツの形の折り紙に包まれていました。

綿は、数千年前にインドを原産地としていて、14〜16世紀ごろに東アジア地域に栽培されるようになったとのことです。
ネットで「綿の木 育て方」とググりますと、5月に播いた綿の木は、7月に入ると急速に枝を伸して成長し、ほっておくと150cmくらいまで伸びるようです。

財団法人日本綿業振興会のホームページに、詳しい説明がありました。

綿栽培のポイント
綿栽培のポイント


さて、綿の木はどう成長するか、乞うご期待です。大切に育てたいと思います。


可愛いシャツ型折り紙に包まれた綿の木の種
2009年6月13日に植えました



2009年6月17日・帰宅したら突然芽が出ていました



2009年6月18日・この後、3本を泣く泣く間引いて1本にしました



2009年6月23日・9センチになっていました
これから、伸びが止まって根がはるようです


■てら
『奇跡のリンゴ−「絶対負不可能」を覆した農家 木村秋則の記録−』(幻冬舎)に感動 [2009年06月22日(Mon)]
『奇跡のリンゴ』
『奇跡のリンゴ』

『奇跡のリンゴ−「絶対負不可能」を覆した農家 木村秋則の記録−』(幻冬舎)を読みました。
私は、電車での移動中は読書することが多いのですが、この本も、電車で読んでいて涙がこぼれてしまいました。

無農薬でリンゴを育てて収獲するまでの8年間

が、書かれています。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班の監修、石川拓治さんの著です。

自分を信じ、リンゴに語り、無農薬でリンゴを実らせた木村さん。必死なのは木村さんだけではありませんでした。家族も全身全霊で木村さんを、支えました。

本の帯には、こう書いてあります。「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合う」「ニュートンよりもライト兄弟よりも偉大な奇跡を成し遂げた男の物語」。その通りだと合点です。

本の表紙には、主人公である木村秋則さんの満面の笑顔が載っています。が、しかし、何故か前歯がありません。この理由は、本を読むとわかります。皆さん、お楽しみに。

軌跡のりんごを生んだ夫婦
軌跡のりんごを生んだ夫婦
木村 秋則・美千子さん(青森県 弘前市)


Chez Iguchi(シェ・イグチ)さんHPよりリンク

■てら
チャリティTシャツアート展2ndステージ(国連大学1F・GEIC)のビッグイベント・ストリートワークショップ、そしてキャンドルナイト&世界同時共鳴プロジェクトに参加しました! [2009年06月21日(Sun)]
昨日の6月20日(土)、チャリティTシャツアート展2ndステージ(国連大学1F・GEIC)のビッグイベント・ストリートワークショップ、そしてキャンドルナイト&世界同時共鳴プロジェクトに、妻と一緒に参加しました!

天気も良く、午後3時から始まったストリートワークショップは大盛況。晴れ女の誉れ高い竹本明子さんの御利益に違いありません。感謝!

歩道を歩く人々が、国連大学前に広げられた長さ50m近い布地のアートに目を惹かれていました。


皆、思い思いに絵を描きます

「私にも描かせていただけますか?」そんな問合せが、スタッフに投げかけられると、「ええ、どうぞ!どうぞ!」スタッフの喜びの声に力が入っていました。

それにしても、子供はどうして絵を描くと夢中になってしまうのでしょう。お父さんの「もう、そろそろ行こうか?」の声が、受け手が見つからず消えていきました。


まずは輪郭から



あっという間に命が吹き込まれます

チャリティTシャツアート、そして自分の思いを描くワークショップが人々を楽しく愉快に紡いでいました。


皆で、持ち上げてポーズ!



ポーズ!その2

国連大学前広場では、地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)さんが主催されている「環境ボランティア見本市2009」が開催されていました。環境系のNPOの皆さんが大集合されていて、活動をアピールされていらっしゃいました。30団体以上が集って、交流されていらっしゃいました。

6時からは、屋外コンサートが開催されました。
NPO横浜アートプロジェクトの理事長、榎田竜路さんも演奏されました。「Rainmaker Project」の映像をバックにした演奏の野性味にびっくり。はっきり言って、しびれました。まさに、シャウト。ご本人は、「驚いて、警察を呼ばないでください。でも、ケニアで人を呼ぶには、このくらいの声でないと駄目なんです」と謙遜(?)されていましたが、都会では、凄すぎです。感動しました。

クロージングは、現代美術家の新野圭二郎さんによる「世界同時共鳴プロジェクト」vol.1。会場にいた全員が、用意された鈴を手に、全員で一斉に鳴らしました。国連大学のビルに囲まれた中庭から音が龍になって天に昇ったかのようでした。

皆と一緒に盛り上げる場のエネルギーを堪能しました。参加されている人々の笑顔が素敵でした。ありがとうございました。感謝です。



■てら
チャリティTシャツアート展2ndステージ(国連大学1F・GEIC)のビッグイベント・ストリートワークショップ、そしてキャンドルナイト&50m作品をろうそくでライトアップ [2009年06月20日(Sat)]
今日は、チャリティTシャツアート展2ndステージ(国連大学1F・GEIC)のビッグイベント・ストリートワークショップ、そしてキャンドルナイト&世界同時共鳴プロジェクトが開催されます。

ストリートワークショップは、道行く人々と一緒に、50mの布に、さまざまな思いを描くイベントです。
本日、6月20日(土)15:00から17:00まで、国連大学前で開催されます。

詳しくは、JILLA誉田さんのブログを是非ご覧ください。

そして、18:00〜21:00 には、キャンドルナイトで50mの作品をライトアップ。

楽しみです。

■てら
2009年度活動計画を日本財団役員にコミット。2010年度より本格的に年棒制に移行。 [2009年06月19日(Fri)]
午後から、日本財団の役員に対する2009年度活動計画(2009年6月1日〜2010年5月31日)のプレゼン会議がありました。各グループ毎に、グループ長が20分、チームリーダーが10分の持ち時間で発表をしました。

「2009年度当グループでは、○○の「顧客の視点」「プロセスの視点」に基づき、○○の事業を実施します。各事業毎に目標はそれぞれ○○です。今年度末には、○○の状態にします」といった趣旨のプレゼンになります。

つまり、役員の前で、管理職として1年間の活動をコミットするのです。

来年、コミットした2009年度の活動について、目標とした状態になっているか、成果は上がったかを役員の前で発表することになっています。

成果はもちろんのこと頑張り具合も考慮して、2010年度の年棒が決定されます。日本財団では、今年度10月から管理職は年棒制に移行しますが、本格活用は2010年度からとなります。

決められた仕事を正確に処理すればよかった時代から、組織のミッションを把握して、自分の所掌分野で何ができるかを創意工夫して組立て、チームで意識を共有しコミットする時代になってきました。

何のために仕事をするのか、何のために生きているのかを見失わず、世のため人のために、日本財団がそしてCANPANがどのようにお役にたてるかを考えていきたいと思います。

誰かのお役に立てる仕事をして、生活の糧を得られることに心より感謝いたします。
そして、福島正伸先生の「夢しか実現しない」という言葉を忘れず挑戦して行きます。

夢しか実現しない
自立型相互支援社会の創生をめざす
(株)アントレプレナーセンターより


■てら