CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年04月 | Main
プロフィール

寺内昇さんの画像
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ別一覧
月別一覧
http://blog.canpan.info/tera/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tera/index2_0.xml
日本財団退職のご挨拶をさせていただきます。お世話になりありがとうございました。 [2010年05月01日(Sat)]
ご縁をいただいた皆さま方へ

私、2010年4月30日をもって日本財団を退職させていただきました。
本来であればお伺いし、直接、御礼と感謝を申し上げるところですが、本ブログにて失礼いたします。

現在、北海道北竜町という人口2,200名ほどの町で病気療養をしております。少々経緯をお話させていただきます。

昨年2009年9月に都内の病院で、初期のアルツハイマー型認知症と診断されました。
数ヶ月前から記憶力と判断力が著しく低下したように感じていたので、病名を聞いて合点しました。

そして、病気を隠して判断ミスを犯し、仕事に悪影響を及ぼしてしまうより、告白し部下にゆだねる方がプラスだと思い、役員、部下の皆さんに告白させていただきました。


会長、理事長にお伝えした時に「心配するな」と励ましてくださったこと、部下への「寺内をしっかりサポートするように」とのお言葉は、今でも忘れられません。不安だった心に、温かい言葉が染み入りました。本当にありがたかったです。


その後、ご縁があり、北海道でセカンドオピニオンの診察を受けたところ「脳血流障害があるものの現時点ではアルツハイマー型認知症とは認められない。ストレス障害と診断する。ただ、現状の生活を続けていると、認知症になる可能性がある」とのことでした。


私としては、認知症、ストレス障害いずれの診断にせよ、家族や周りへの迷惑を最小限にするには、現状の生活を変える必要を感じました。そこで、家族で納得するまで検討を重ねた結果、ご縁をいただいた北海道で療養し、妻と二人で新たな生活を始めることを決心いたしました。


振り返りますと、18年前の1992年に、財団に中途採用の枠で採用していただきました。

1996年に広報課長を拝命してホームページ開設を担当させていただいて以来、社内LAN運営、事業成果ライブラリー開設、システムNIPPON構築、情報公開法対応、日本財団図書館開設、公益コミュニティサイトCANPAN開設、(特)CANPANセンター設立・運営など、14年間に渡り情報公開・情報発信に関する仕事に関与させていただきました。

どの仕事も思い出深いものばかりです。
私が、一環して情報公開・情報発信の仕事に関わることができましたのも、会長をはじめとする役員の皆様、優秀な部下、そして多くの方々に支えられたお陰です。

私自身、財団のお役に立てたかどうか心もとありませんが、微力ながら全力を出し切らせていただきました。満足しております。

日本財団で充実した仕事をすることができましたことは、私の人生にとって誇りです。
皆様方に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

皆さま方のますますのご発展、ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2010年5月1日
寺内 昇


心からの感謝を込めて