CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«YouTubeなどの動画投稿サービスの現状 | Main | 人工股関節手術後1ヶ月»
プロフィール

寺内昇さんの画像
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ別一覧
月別一覧
http://blog.canpan.info/tera/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tera/index2_0.xml
ORALE(オラレ)ショールーム オープン!(東京都港区虎ノ門)−競艇舟券発払機能付き地域コミュニティー施設 [2006年09月08日(Fri)]
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ お問い合わせは オラレ推進室 へ

┃  〒105-0001
┃  東京都港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル
┃  (財団法人 競艇情報化センター ネットワーク推進部)

┃ TEL 03-5511-1888
┃ 
┃  FAX 03-5511-1899   e-mail orale@canpan.info
┃                   (@を半角@にしてください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本日(2006/09/08)、ORALE(オラレ)ショールームが東京都港区虎ノ門にオープンしました。


ORALE(オラレ)ショールーム(東京都港区虎ノ門)


競艇舟券の発払機能を備えた地域還元型コミュニティ施設を目指すORALE(オラレ)は、第一号店が8月8日、佐賀県唐津市呼子町(よぶこまち)でオープンしたところです。


これから日本全国で、地域の活性化のお役に立っていきたいORALEですが、実際はどのようなもの? 広さはどのくらい必要? 雰囲気はどうかな? など、気になることが多々あると思います。


そこで、そのようなご質問にお答えしたい、具体的に体感していただきたいという思いを込めて、このたび「オラレ」ショールームがオープンしました。どなたでもORALEを感じて、紹介映像を見て、イメージを広げていただくことができます。ただし、競艇の舟券を買うことはできません。


△騒音はありません。明るい色は周囲の雰囲気を明るくすることでしょう



1Fには、ダミーの舟券発払機とディスプレイを設置して実際のORALEに近い雰囲気を感じることができると思います。

 

△明るい室内。ダミーの舟券発払機とディスプレイ



2Fは、地域コミュニティ機能をイメージしています。現場では、利用方法に応じて、さまざまなレイアウトに展開できます。


△ORALE(オラレ)地域コミュニティスペース



3Fはショールームではありません。ORALEを推進する「オラレ推進室」の事務スペースです。ショールームにいらっしゃった方で、ご質問がある方は、推進室のスタッフから説明を受けることもできるのです。


場所は、官庁街・霞ヶ関に隣接する虎ノ門。オフィス街の真ん中といって良いでしょう。ショールームの概要を記します。

 ・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・

「オラレ」ショールーム

・住所: 東京都港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル1F・2F
 (東京メトロ銀座線・虎ノ門駅・4番出口・徒歩2分)



・フロアー
 1F 42.09u (12.8坪)
   50インチディスプレイ、自動発払機 3台

 2F 43.00u (13坪)
   50インチディスプレイ、PC2台・インターネットを自由
   にお使いいただけます。

・営業時間: 09:00〜17:00 (土日祝祭日は休館)

・予約不要。 舟券購入はできません。

・ショールーム運営
 財団法人 競艇情報化センター オラレ推進室
  東京都港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル
  オラレショールーム3F

  電話 03-5511-1888  FAX 03-5511-1899

 ・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・

私の個人的感想としては、とにかくおしゃれです。まるで、高級ブティックか、コーヒーショップと見間違ってしまうほど。
全国にオラレを設置する場合は、ロゴやカラーなど共通する部分があるものの、そのほかは地域の環境にあったデザインを創っていくようです。住民の方々が自由に使って、コミュニケーションすることができる、地域活性化の拠点になって欲しいと思います。

ORALE(オラレ)にご興味をお持ちの皆さん、是非、ご見学にお越しください。

 ORALE!  さあ、行こう!


<<ORALE(オラレ)とは>> 
オラレ推進室作成資料から抜粋

 これまでのボートピアは主として民間会社の所有となっているのに対して、オラレは、日本財団が(財)競艇情報化センターを通じて、1億円を上限に施設を整備し、施行者と協力して設置した地元の自治体が運営主体となる点が特徴。
 オラレから生み出される収益金は、施行者と地元自治体が折半して、その活用方法は地元自治体と地域住民に委ねられる。
 また、併設される地域のコミュニティスペースはカフェや福祉施設、ボランティア活動の拠点など、住民の憩いの場としての活用も期待できる。

■てら