CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
どうしてるかな? (07/03) はる
どうしてるかな? (07/01) はる
どうしてるかな? (06/24) ゆうき
何故…?!?!??? (11/09) てんぽファン
当たり前のこと (09/13) はる
久しぶりのブログ更新★ (07/20) はる
お茶でも一杯 (06/28) スタッフD
お茶でも一杯 (06/16) はる
お茶でも一杯 (06/07) スタッフD
最後の砦 (06/04)
最新トラックバック
「どろぼうのどろぼん」 [2015年03月03日(Tue)]
どんです。
先日何十年ぶりに童話を読みました。
「どろぼうのどろぼん」です。
大好きなペットシッターさんのブログで紹介されていたので迷わずに購入。


51iRhuG8W-L.jpg

内容紹介 Amazonより
チョコレートやクッキーの缶に入れといわれても困りますけれど。でもそれが家だったらどこへだって入れますよ……。どろぼんはどんな鍵だって開けてしまう。どろぼんは「もの」の声を聞くことができる。どろぼんは絶対に捕まらない。どろぼんはどろぼうの天才だった。これは、ぼくが、どろぼんから聞いた話。今まで盗んできたもののこと。その「もの」たちのあげる声のこと。持ち主たちにまつわること。そして、絶対に捕まらないはずのどろぼんが、あの雨の日の午後、どうしてぼくに捕まったのか。

※ ※ ※ ※

絶対捕まらないはずのどろぼうを捕まえた警官とのやりとりで話は進みます。
勝手なイメージで「きっと物を大切にすることがテーマなんだろうなー」と軽く考えて読み進めていました。

ところがどっこいです。
最後の最後に話は意外な方向に進んでいきます。
この本のテーマは物、人、動物、全ての「命」について。

なんでどろぼんがものの声を聴けるようになってしまったのか。
きっと児童養護に関心のある方なら胸に突き刺さると思います。
また動物愛護に関心のある方ならもっともっと胸に突き刺さると思います。

私は猫を2匹飼っています。もちろん購入せず、保護団体を通じて出会いました。
また仕事はこのような仕事をしています。
だからだとは思うのですが、私にとって大切な1冊になりました。


多くの人々に読んで欲しい本です。
そして考えて欲しいのです。命ってなんだろう。自分を取り巻く世界を大切にするってどういうことだろう、と。
Posted by てんぽ at 16:21
スポコン! [2014年04月16日(Wed)]
今日は漫画絡みのお話。

現在、漫画「ハイキュー!!」にはまってます。

ハイキュー.jpg
アニメを見て面白かったので、つい先日10巻まで大人買いしましたるんるん

バレーボール部の話です。
読んでるだけで胸が熱くなります。
挫折することととか、そこから立ち上がることとか
真剣になることとか、もうなんか全部熱い!
スポーツ漫画と言えばスラムダンクがキングですが、
ボスD的にはハイキューがスラダン超えました。

急にバレーボール買いたくなりました。いや、近々マジで買いますグッド(上向き矢印)
てんぽを退所した子でバレーをしていた子がいたので
メールを送ったところ、今は大会に向けて頑張っているところだとのこと。

大会かー。
不思議です。
てんぽにいた時は1日1時間程度の外出しか許されず、携帯電話も使えない。
完全に外部との接触を持てなかったのに
今ではコートの中で仲間と一緒に汗をかいているんです。
1人勝手に仲間とわいわいバレーしている彼女を想像し、
きっと先輩方に可愛がられているんだろうなーとニヤニヤ幸せ気分黒ハート


てんぽを退所した後、てんぽを利用する以前よりも充実した生活を送って貰う為にも
私達はがんばらねばならぬのだー!!!!!!!
と1人スポコンボスDでした。
(ちなみに私は完全帰宅部です。ふふふ。根性だけスポコン。うざいですね。ごめんなさい。)

Posted by てんぽ at 15:24
天候棒(クリマ・タクト) [2013年06月06日(Thu)]
朝から本当に自分の脳みそってくだらないことしか考えてないよなーとため息まじりのスタッフDです。

先日ワンピースの最新刊が発売されました!
70.jpg

いつになったらみんなの冒険は終わるのやら…
もう色んな人間出て来すぎてて正直誰が誰の味方やらスタッフDにはもはや理解不能です。
それでもここまで読んでしまったので引き下がれない…すっかり罠にはまりました。


さて、本当に今更なんですけどね、登場人物のナミは強敵と戦うためウソップに頼んで開発してもらった棒形の武器を所持しております。
吹いたり振ったりすることで、
熱気泡(ヒートボール)
冷気泡(クールボール)
電気泡(サンダーボール)という、3種類の小さな気泡を出すことが可能。

その武器から出る技名全てに「テンポ」がつくんです。
イタリア語で「お天気」の意味だとか…。

namitempo.jpg

子どもセンターてんぽの意味は
・子どもたちが自分の「テンポ」を整える場所
・養育環境を「填補」する場所
と言う意味があります。
ってことでワンピースにあやかってスタッフDの中で勝手に
・みんなの歩むこれからの道がお天気でありますように晴れ
と言うことを追加しようと思いますわーい(嬉しい顔)


ってこんなことを朝っぱらから書いてる自分に笑えます。


今日も平和にゴー!
Posted by てんぽ at 08:33
こんな本を読みました [2013年05月17日(Fri)]
こんな本を読みました。
長谷川博一著  「たすけて! 私は子どもを虐待したくない」(径書房)

「虐待の連鎖」を主題に取り上げた内容です。
虐待の「親子連鎖を断つ会」に集う人たちの手記を紹介しています。

「なぜ私は親からいじめられ続けたのか」に悩み苦しみ、また、「なぜ、私は、わが子に手
を挙げてしまうのか」に悩み、苦しむ姿が描かれています。

読後「ふーーん」という重いため息がでました。そしてあまりの「深刻な事態」に、「なんとかし
なければ」という思いに駆られました。

児童相談所の虐待件数が、新聞紙上で発表になるたび、その件数が増えているように感じます。
その都度、「『てんぽ』でできることは」と深く思い思います。

ホーム長 N
Posted by てんぽ at 16:43
「ワンピース」で頭をリフレッシュ [2012年05月25日(Fri)]
先日てんぽを退所して早数年経過した元利用者の子とオシャレランチをして、その後2人で本屋をぶらぶら。
その子が買った本がワンピースを題材にしたビジネス本でした。
それを見て「は!」と思いだしたのです。
漫画「ワンピース」読破目標が26巻でストップしていることに!(現在66巻発売中)
理由:登場人物が多すぎて、敵か味方かわからなくなってきたから。
スタッフDの家には全巻あります。(夫様の持ち物として)でも読むことを忘れていました。


元利用者の子がワンピースの素晴らしさを語る姿をみていたら、メラメラと気持ちが奮い立ってきたので再び26巻から読み始めました。本日ようやく31巻突入。

32歳社会人が通勤電車でワンピース読んでる図って正直いいもんじゃないのですが頭のリフレッシュになっています。
小難しいことばっかり考えてたら人間完全に壊れてしまいますしね。
バランスのいい人間ってそういうこと。


で、読み始めて改めて実感。
ワンピースは大切なことが凝縮されています。

人との約束の大切さ。
人を信頼する大切さ。
仲間を守る勇気。

社会人になるとグレーな発言することが当たり前な空気があり時々辟易とすることが多いです。
言いたいことを我慢して奥歯でぐっとこらえることも多いです。
自分を殺していくうちに大切な物を見失いそうになる恐怖感を感じます。
そんな時にワンピースを読むと本当に勇気づけられます。


http://www.j-onepiece.com/index.html

Posted by てんぽ at 07:53
書籍「奪われた人生 18年間の記憶」 [2012年05月21日(Mon)]
先日本屋で目をひいた1冊の本を見つけ購入し、あっと言う間に読み終わりました。
「奪われた人生 18年間の記憶」です。
11歳の通学途中にある夫婦に誘拐され、それから18年間監禁。
14歳で1人目を出産。子どもを2人産んだ女性の壮絶な手記です。
日本でもニュースになったので知っている方も多いと思います。


18年間希望を失わなず、壮絶な環境下で生き抜いた彼女の強さに心が打たれます。
本を読んで行くと彼女が保護される1年ぐらい前は「環境的監禁」は既になく
犯人夫婦と子どもたちで外出もしています。
それでは何故彼女は逃げなかったのか。
読み進めて行くうちに「精神的監禁」の呪縛の恐ろしさを私達は知ることになります。

どうやって人は支配されるのか。
どうやって支配された心を開放していくのか。

その全てが綴られています。
性的暴行が人に及ぼす被害への理解を深める勇気ある1冊です。

是非読んで下さい。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2167832
Posted by てんぽ at 09:57
文化の日 本屋に行けず [2010年11月03日(Wed)]
 今晩は。
 今日は文化の日でした。朝から、蒼い空がひろがり、気持ちのよい日でした。
 私は夕べ(今朝方まで)起きて、宿題を終わらせましたが、今日は、久しぶりに友人たちと昼食を食べにでかけました。そして、その前には、青空を見ると、どうしても掃除をして、布団を干して、洗濯をしたくなるので(DNAにそうコードされているようです)、休みの日にも関わらず、3回、洗濯機を回しました。先日読んだ雑誌の記事によると、部屋の中をきれいに、保つことは、「よい気」に守られるので、外から帰って来た時に、その「気に」守られるそうです。
 さて、文化の日、もう少し、読書をして夜を過ごしたいです。

 夏から気になっているのが、
 『14歳の君へ どう考えどういきるのか』 池田晶子 著 毎日新聞社

  先日、シェルターの本棚に

 『新 13歳のハローワーク』 村上龍 著 幻冬舎

 滞在者の一人は、その本をコピーして欲しいと事務室にやってきました。もう一人も、お決まりのコーナーのソファーに座り読んでいました。

 彼女たちには、「将来何になりたい?」と聞かれても、これまでそこまで考える気持ちの余裕もなく、毎日身の「安全」を考えるのが精一杯だったのかもしれません。

 以前、「何になりたかった?」という話をしながら夕食を食べていた時、「タカラジェンヌになりたかった」「ペンキ屋で看板を書きたかった。」「ジャーナリストになりたかった」等等、年齢と共に変わっていった「将来ないりたい自分」を話していたと思っていたのですが、その時の滞在者は「分からない・・・。」
 「もっとしょぼいことでももいい?」と続きました。「勿論」
 「普通に携帯いじりたい」という彼女の気持ちでした。

 「将来何になりたいか」そんな先の事ではなく、「今、普通の生活がしたい、歳相応な生活がしたいのだ」と、そう言っているのだろうと感じました。
 
 しかし、シェルターを利用しても、何れは何処かへ移って行きます。
 それを、「自立」と言えるのか否か、なかなか難しいです。
 こんな若くして、家族の応援も受けられず、一人で生きて行かねばならないと、それぞれが不安で一杯なんだと日々感じます。

 そんな皆に、少しでも何かのヒントを得てもらいたいと思って、買いたいと思い、本屋を通るたびに探すのですが、見つけきれずに、文化の日も過ぎていきます。
 
 早く、本棚の蔵書に加えられるように努めます。
Posted by てんぽ at 21:20
歴史 [2010年10月24日(Sun)]
 今晩は。ほぼ、半月ぶりのプログ更新です。アナログな私はパスワードを登録しなおおして10日にブログを更新した後、そのパスワードを忘れてしまい、アクセスができずにおりました。
 今晩、無事に再会しました。事務局長ありがとうございました。

 さて、今、アウシュビッツ、シンドラーのリスト、第2次世界大戦後のユダヤ人の歴史を放送しています。
 まだ、全然進んでいませんが、「夜と霧」というアウシュビッツに収容されていた、心理学者がそこでの経験を「個人」ではなく「心理学者」として記している本があります。

 ビクトール・E・フランクル 「夜と霧」新版 池田香代子訳 みすず書房

 彼の番号は119104。
 33頁からは、収容所での生活で感動の消滅が第二段階としてつづられている。(ここまでしか、まだ読んでいないのだが・・・)
 
 『・・・被収容者はショックの第一段階から、第二段階である感動の消滅段階へと以降した。内面がじわじわと死んでいったのだ。これまで述べて来た激しい感情的反応のほかにも、新入りの秘収容者は収容所での最初の日々、苦悩にみちた感動を経験したがこうした内なるをすぐに抹殺にかかったのだ』

 先日、昨年退所した元利用者と久しぶりに再会した。進学を考えていて、その手続きの手伝いをした。また、昨日は別の元利用者と会った。
 二人とも、シェルターに到着した時には、顔色もなく、表情もなく、「感情が消滅」していたようだった。
 彼女たちには、感情を消滅させなければならないほど、しんどい経験と時間が経過していたが、彼女たちは今は、笑顔を取り戻し、感情をとりもどし、新しい歩みを始めている、始めようとしている。

 現在、東京国際映画祭が開催されている。今日「Leonie レオニー」という映画が上映された。今日は見に行けなかったが、来月劇場公開されるようなので、楽しみにしている。

 これは、偉大な彫刻家、イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの生涯の物語である。イサム・ノグチは私も好きな芸術家である。しかし、美術史を学んだこともないので、彼の作品を観る他、彼の歴史や家族の歴史を知る事もなかった。

 人には、それぞれ歴史がある。偉大な人の歴史は、綴られ、語り継がれ、ドラマや映画になる。しかし、偉大でも有名でもない、私たち一人、一人にも歴史はある。

 報道されているものが、正しい歴史とも限らない。
 最近、いろいろな本を読んだり、ドキュメンタリーを見て、今迄知らなかった歴史を知ることがある。どうして今迄知らなかったのかとさえ思う程だ。
 一人一人の歴史が、抑圧されたり、歪めて伝えられたりしないようにと願う。
 
Posted by てんぽ at 23:36
 本と本屋  [2010年10月09日(Sat)]
 今晩は。
 今日は朝から雨が降り続けている。夏休みを別のタイムゾーンで過ごし、帰国後翌日から働くという自分の許容を超えたことをしたからだろうか、今日は雨で気圧が低いこともあり(多分)午后2児過ぎ迄寝ていた。ゴミを捨てるのも間に合わなかった。
 やらねばならない事はたくさんあるけれど、まあ、時にはいいじゃないかと自分にいい訳をしている。
 そして、遅いおやつの様な朝食をとり、来月の予定を立てて、雨の中町にでかけてた。
 私は本が好きなので、本屋も大好きだ。
 読みかけの本がまだまだ本棚にたくさんあるのに、本屋に行くと買ってしまう。たいした額ではないが私にとってはこれが一番の贅沢だ。
 平積みになっている本をみると、「OO際迄に知っておきたいこと」というような題の本がたくさんあった。これは、もしかすると、「What I Wish I Knew When I was 20 - 20歳の時に知っておきたかったこと」という本が売れたからだろうか?

 旅行中にも本を本屋に行き、4冊程購入してきたが、まだまだ、1冊目も70頁を超えたばかりなので、今日は余り分厚い本を買うのはよそうと思っていた。

 しかし、夏から買いたかった本等を見つけて、結局4冊購入した。
 
 『「戦地」に生きる人々』 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会編 集英社新書
 『爆撃』ハワード・ジン 著 岸本和世、新井雅子 訳 岩波ブックレット
 『いまこそ考えたい 生活保障のしくみ』 大沢真理 岩波ブックレット
 『日米安保Q&A 』「世界」編集部 岩波ブックレット

 これらは、私が中学生、高校生の時に教えてもらいたかったことでもある。
 それから、20年以上経ってしまったが、これらの事を遅まきながらも、今、知ることができる、その回路があることには感謝せねばならないのだと感じている。

 
Posted by てんぽ at 23:27
『母〜オモニ』 [2010年10月03日(Sun)]
 こんばんは。
 夕方、買い物に出かけてる途中で、金木犀の樹に小さなオレンジの花がたくさんついて、遠くからもその爽やかなかおりが心地よかったです。すっかり秋になりました。

 さて、先月の半ばに読んだ新聞の記事から、

 9月19日 日曜日の朝日新聞、TVダイアリー 加地倫三氏

 『・・・世の中に本当の「天才」なんぞ居ないのだろう。 
 だから逆に云えば、「才能」がないから・・・と夢をあきらめたりするのも違う。納得いくだけの努力をしてみれば打開できるかもしれない。そう考えるといろいろな夢が広がる。ただし、努力ができるのもある意味「才能」だと言われれば、返す言葉はないが(笑)。』

 経済が低迷して、世界の多くで失業率が高まり、100年に一度の不況は回復する兆しもなかなか見えません。
 米国では、経済低迷から脱せない現在の政権に対して不信感を募らせる人たちが、あんなに熱狂して生まれたオバマ大統領に対する失望感をあらわにしていました。
 
 埼玉では、学費を払えずに高校を中退する私立校生徒も出ていると、今、ニュースで報道しています。

 こんな閉塞感一杯の日本では、既に、大学の3年生が就職活動を始めているという報道もありました。大学は本来、学びの場であるはずなのに、就職するための通過点になってしまっているのは残念です。
 こんな状況では『夢』を持つことも難しいでしょう。さりとて、会社に就職できたとして、その先に何があるのでしょうか。

 自分がやりたいこと、今はできなくても、諦めないで、納得できるだけの努力をすることは必ず何かを生み出すと信じたい。

 チャンスが訪れる時にそれを掴めるように、日頃から準備することが大事。
 そんなことも何処かで読みました。

 旅行中に、姜尚中氏の『母〜オモニ』を読みました。
 結婚するために朝鮮から一人で東京にやってきた「オモニ」や、その家族の歴史が綴られています。

 そこに描かれているのは、想像を絶する戦中、戦後の状況と人々の生活ですが、私は、どんな状況でも諦めない、「オモニ」の強さに圧倒されました。

 ぶち当たってもぶちあたっても、起き上がれるそんな強さと、しなやかさを持ち合わせて生きたいな、と思います。

 
 
Posted by てんぽ at 21:20
| 次へ
プロフィール

子どもセンター てんぽさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tempo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tempo/index2_0.xml