CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
どうしてるかな? (07/03) はる
どうしてるかな? (07/01) はる
どうしてるかな? (06/24) ゆうき
何故…?!?!??? (11/09) てんぽファン
当たり前のこと (09/13) はる
久しぶりのブログ更新★ (07/20) はる
お茶でも一杯 (06/28) スタッフD
お茶でも一杯 (06/16) はる
お茶でも一杯 (06/07) スタッフD
最後の砦 (06/04)
最新トラックバック
東京新聞 朝刊 神奈川版にみずきの家の記事掲載! [2010年03月09日(Tue)]
【神奈川】

シェルター出ても見守り続けたい 南足柄に自立援助ホーム
2010年3月9日

 児童虐待などで行き場のない子を守る県内唯一の民間シェルター(緊急一時保護所)を運営するNPO法人「子どもセンターてんぽ」は、シェルターを出た子が生活する自立援助ホーム「みずきの家」を南足柄市にオープンする。自立援助ホームは県西部では初の設置で、関係者は「家庭のように落ち着く空間にできれば」と六月のオープンヘ向け、意気込んでいる。 (中山高志)

 「てんぽ」がシェルターを始めたのは二〇〇七年四月。親の虐待などで家を離れざるを得ない十代後半の少年少女を、スタッフが交代で常駐する横浜市内の家でサポートしてきた。これまで十六〜二十一歳の男女計二十三人が利用。一時保護所という性質から、利用期間は三カ月程度で、その後は新たな生活の場を探す。
 しかし、身を寄せる先が見つからない上に、自立も困難なケースでは、自立援助ホームが受け皿となるが、県内にはわずか五カ所しかなく、シェルターを出た後に利用を希望してもかなわないケースが多かったという。

 「みずきの家」は、中学校卒業から二十歳までのシェルター出身の少女六人を受け入れる。二階建ての施設には個室のほか、地域住民と交流するための部屋もある。住み込みの夫婦やスタッフが食事準備などをする。利用期間は半年から一年を想定している。

 ホーム長の加藤さいさん(53)と夫の利明さん(57)は「人とのつながりが希薄な状況でホームに来る子どもたちに、お互いに支えあうことの良さを伝えたい」と話す。

 「みずきの家」開設を記念したシンポジウムが四月二十四日午後一時から、小田原市民会館で開かれる。問い合わせは「てんぽ」事務局=(電)045(473)1959=へ。
Posted by てんぽ at 10:56
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tempo/archive/184
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/507703
 
コメントする
コメント
プロフィール

子どもセンター てんぽさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/tempo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tempo/index2_0.xml