CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「おイヌはん」新発売! | トップページにもどる | 「リトル・マルディグラ2019」にたのしい楽団出演!»
2019年9月の事業報告 [2019年10月01日(Tue)]


《もくじ》(読みたい記事をクリックすると移動します)
 はじめに 〜就労移行カフェ〜
 9月の古本販売(販売報告、今後の予定など)
 古本・パソコン等ご寄付のお願い
 パソコン解体教室のご案内
 「第10回 バスまつり」に開催協力
 動画番組「えみスマイル!」から 〜プレクストーク PTR3C/ボイス電波腕時計〜
 ゆうあいスタッフによる連載コラム「見える世界・見えない世界」E
 シャミネ松江店・店舗スタッフにバリアフリー研修
 キッズ/ジュニアゆうあいの動き 〜キッズゆうあい夏祭り〜



本を手にもって パソコンに入力する男性の画像 松江市内には、6か所の障がい者就労移行支援事業所があります。就労移行支援事業とは、就労に必要な知識・スキル向上のための職業訓練や、求職活動に関する支援、就職後の職場への定着支援をおこなう事業で、プロジェクトゆうあいもその事業所のひとつです。

 このたび、NPO法人・福祉ネットだんだんネ主催で、6事業所が連携して、この事業を活用して就職した障がいのある若者の生の声をきくイベント「就労移行カフェ」が、この10月1日に開催されることになりました。
 就職体験談では、昨年ゆうあいを卒業したIさん(松江市内のスーパーに就職)が、ゆうあいで受けた訓練などについてお話しします。

 プロジェクトゆうあいの障がい者就労移行支援事業につきましては、次のサイトまたはパンフレットをご覧ください。
プロジェクトゆうあい公式サイト「福祉サービスを利用して働く」
障がい者就労移行支援パンフレット(PDF、3.02MB)



9月の古本販売

9月に古本販売をおこなったイベントは、以下の5つです。

たまごのしずくと書かれた絵(19日)北堀町にある古民家「オレンジハウス」にて、ともに支える城北の会との協力により、「ブックカフェおれんじ」を開催いたしました。ペットのお話など、日常の話題でにぎわっていました。
 
(21日)松江市市民活動センターでの「市民活動フェスタ2019」、いきいきプラザ島根での「来て・見て・さわって動物愛護!!2019」で、古本販売をおこないました。たくさんお買い上げをいただきました。
 
(23日)古いピアノ「ノヴィー」再生プロジェクトによる「伊藤誠コンサート」で、古本販売をおこないました。
 
(25日)島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」にて、古本を販売いたしました。


お買い上げ、誠にありがとうございました! ☆彡




《今後の古本販売》

山高帽をかぶった男性が本を売る画像

10/19土曜日
 今年も本好きのためのイベント「BOOK(ブック)在月」が、松江市市民活動センターで開催されます。一箱古本市に、ゆうあいも参加いたします。
 
 時間 10時から15時
 場所 松江市市民活動センター(当初カラコロ工房テラスの予定でしたが、都合により変更になりました。)
 HP ブック在月公式サイト


10/26土曜日
「ともに支える城北の会」との共催により、「ブックカフェおれんじ」を開催いたします。10月は城北地区文化祭にあわせ、日時ともに変更となります。
 音田(おんだ)マスターの自家焙煎コーヒー、パンェブールのパン、ゆでたまごとともに、読書をお楽しみください。お気に入りの本は、1冊100円で購入いただけます。

コーヒー豆の説明を書いた張り紙の画像 時間 午前11時から15時
 場所 オレンジハウス(アクティヴきたほり左脇奥。オレンジののれんが目印です)
 メニュー
  自家焙煎コーヒー  150円(おかわり100円)
  モーニングセット  300円(自家焙煎コーヒー、パンェブールさんのパン、ゆでたまごのセット)


10/30(水曜日)
 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」にて、古本販売をおこないます。本格的な「読書の秋」です。あなたの一冊をお探しください。

 時間 11時30分から13時30分
 場所 島根県庁本庁舎1階・県民室(一般出入り自由)




《ゆうあい文庫》

 ワンコインで気軽に買える本棚「ゆうあい文庫」を松江市内各所に設置しております。横にあるコインボックスに入れていただくことで、1冊100円でお買い求めいただけます。
 中古CDも販売しております。お買い物のついでに、ぜひご覧ください。

設置場所
・「みしまや」松江市内各店(鹿島店・八束店を除く)
・「まるごう」古志原店
・松江テルサ内「福祉ショップ天神」
・松江生協病院5階「喫茶ひまわり」
・松江しんじ湖温泉駅 待合室



■古本・パソコン等ご寄付のお願い

 ご不要になりました書籍がございましたら、プロジェクトゆうあい(松江市北堀町35-14、電話 0852-32-8645までご寄付ください。障がいのあるスタッフが分類・清掃をおこない、お求めの方にお届けします。
 数が多いなど直接お持ちになれない場合は、回収に伺います。電話でご連絡ください(成人図書など、一部お受けできないものがございます)



パソコン解体の作業の様子 また、松江市雑賀町にあります「PCエコステーションゆうあい」では、ご不用になりましたパソコン・周辺機器のご寄付をお待ちしています。
 お引き取りしたパソコンは、データを復元できないよう安全に情報を消去したのち、障がいのあるスタッフが再利用できる部品・貴金属を取り出して、リサイクルします(データ消去の証明発行(有償)も可能です)
 
 故障・修理など、パソコンのお困りごとには、同じ建物内の「PCドック24松江店」が対応いたします。扱いに困っているパソコンなどございましたら、どうぞ気軽にお持ちください。

リサイクルできるもの
 ◆パソコン(ノート、デスクトップ) ◆液晶モニター ◆ルーター、モデム 
 ◆ハブ ◆プロジェクター ◆各種ケーブル(映像・音声入出力ケーブルなど)
 
 ※以下の製品はお引き取りできません
 ・ブラウン管モニター(テレビ) ・蛍光灯 ・乾電池 ・木製家具 ・洗濯機、冷蔵庫 
 ・エアコン




PCエコステーションゆうあい
 
PCエコステーションゆうあいの建物画像住所   〒690-0056
     島根県松江市雑賀町227
     (9号線沿い、旧藤井スポーツビル1階)
電話   0852-61-0199
FAX   0852-27-7447
メール  pc-ecoあっとまーくpjui.com
     (「あっとまーく」は半角の@に)
営業時間 平日9:00から18:00
     (PCドックは火曜〜土曜 10:00〜18:00)
駐車場  3台(建物隣、手前1番から3番)
サイト  次のリンクからどうぞ リンク

※松江市内であれば、出張回収も承ります。また、北堀町・プロジェクトゆうあい本部でも、パソコン・周辺機器の寄付をお受けしています。



パソコン解体教室のご案内

 10月26日土曜日、雑賀地区文化祭にてパソコン解体教室を開催いたします。小学生のお子さま向けで、受講料は無料です。気軽にご参加ください(古本販売もあわせておこないます)

パソコン解体教室の様子 PCエコステーションゆうあいでは、小学生のお子さん向けに、出前の「パソコン解体教室」を開催いたします。公民館・学校等の担当者様、環境教育に関心ある方は、PCエコステーションゆうあい電話 0852-61-0199までご連絡ください。



「第10回 バスまつり」に開催協力

 9月22日、「第10回 バスまつり」が松江市・くにびきメッセで開催されました。当日はバスの運転・乗車体験、バスの乗り方教室、ステージショーはじめ、さまざまなイベントがおこなわれました。
 
 プロジェクトゆうあいは、たくさんの子どもたちに「巨大バスマップすごろく」を楽しんでもらいました。また、ロングセラーのボードゲーム「バスマップすごろく」各種や古本の販売、全国各地のバスマップの展示などをおこないました。

バスまつり会場とサイコロを投げる女の子




動画番組「えみスマイル!」から 〜プレクストーク PTR3C/ボイス電波腕時計〜

 プロジェクトゆうあいのスタッフ「えみ」が出演するYouTubeの動画番組「えみスマイル!」。6月からシナノケンシ株式会社のデイジー図書録音・再生機「プレクストーク PTR3」を紹介してきました。最後の第4回では、録音操作について説明しています。下の埋め込み動画の▷をクリックしますと、ページ移動なしでご覧いただけます。





 また、9月からは新たに、声の出る腕時計「グルス ボイス電波腕時計」をご紹介しています。第1回は、各種デザインと基本的な使い方について取り上げます。


 聴覚障がいの方のための字幕も、現在準備中です。
 これまでの「えみスマイル!」は、次のリンクからご覧ください。
えみスマイル!(プロジェクトゆうあい公式サイト内)
YouTube プロジェクトゆうあい公式チャンネル



ゆうあいスタッフによる連載コラム「見える世界・見えない世界」E

 プロジェクトゆうあいの視覚障がいスタッフ・渡部栄子のコラム「見える世界・見えない世界」が、山陰地方をエリアとする地方紙『山陰中央新報』で連載中です。

いろいろな人を想像する女の子の絵 第6回は9月10日付「暮らしのページ」に掲載されました。今回は「人の印象 〜声だけでどうやってイメージするか?〜」と題し、見えない状態から他人の印象がどのように形づくられるのか、について綴ります。
 イラストは、松江市白潟本町にあります若者支援拠点「本町堂」のスタッフ・小寺美恵子が描きました。

 コラム掲載は今回までの予定でしたが、おかげさまで大変好評をいただき、来年3月までの連載となりました。ひきつづきご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。
 プロジェクトゆうあいのFacebookページでもお読みいただけます プロジェクトゆうあい公式Facebookページ



シャミネ松江店・店舗スタッフにバリアフリー研修

 9月26日・27日の2日間にわたり、松江テルサで、障がい者への接遇研修会を開催しました。松江駅構内のショッピングゾーン「シャミネ松江店」の店舗で働く方々を対象に、松江/山陰バリアフリーツアーセンター長の川瀬篤志と、視覚障がいのあるスタッフ、電動車いすを利用するスタッフの3人が講師を務めました。
 視覚障がい者の誘導や、車いすの操作を体験していただきました。また、松江市障がい者福祉課からも、情報提供がありました。

マイクを握って説明する電動車いす利用者

 プロジェクトゆうあいでは、公共団体・事業所・学校等でのバリアフリー研修のお手伝いをしています。バリアフリーに関する知識や、さまざまな障がい者への対応方法について、障がいのあるスタッフとともにお話いたします。 詳しくは松江/山陰バリアフリーツアーセンター(担当・川瀬、電話 0852-61-0199、FAX 0852-27-7447)までお問い合わせください。



キッズ/ジュニアゆうあいの動き 〜キッズゆうあい夏祭り〜

 毎年恒例の「キッズゆうあい夏祭り」を、今年も8月6日、松江市・城北公民館で開催しました。
 今年の夏祭りは、小学生も中高生も家族も楽しめる夏祭りにしたいと、3つのスペースに分け、それぞれの広場で集中して楽しめる空間づくりをおこないました。

紙でつくったロボットを着た男の子と マイクを持つ男の子 「遊びの広場」では、ストラックアウト、スカットボール、射的は今年初めての登場となり、大盛況。みんな夢中で各コーナーを楽しみました。
「創作の広場」では、お面作りやスライム作りにゆっくり取り組むことができ、モノづくりが好きな子どもたちにとって、落ち着ける場となりました。
「食の広場」では、松江市古志原にある「まるこし」さんのおいしいおやつをいただきました。

 今年の目玉は「おまつりステージ」! 出演者は緊張していましたが、周囲の大きな拍手に包まれて、とてもいい笑顔をみせてくれました。
 初めてづくしの今年の夏祭りでしたが、たくさんのご家族の参加もあり、とても賑わいました。



キッズ/ジュニアゆうあい公式サイトでは、最新の情報を発信しています
 
放課後等デイサービス キッズ/ジュニアゆうあい


Posted by プロジェクトゆうあい at 09:47 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント