CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「縁結びどこでもバスマップ」2019年版ができました | トップページにもどる | 2019年5月の事業報告»
「第9回 バリアフリー観光推進全国フォーラム」のご案内 [2019年06月03日(Mon)]

だいでんきんしゃい あったか嬉野と書かれたチラシの画像

 6月28日(金曜日)、佐賀県嬉野市にて、「第9回 バリアフリー観光推進全国フォーラム・佐賀嬉野大会」が開催されます。
 経済学者(関西学院大学教授、元「ニュースZERO」キャスター)の村尾信尚(むらおのぶたか)氏による基調講演のほか、観光庁におけるバリアフリー観光の取り組みについての報告、先進地の事例発表、トークセッションが予定されています。

 また、日本全国のバリアフリーツアーセンターのPRブースでは、ツアーセンターの取り組みを知ることができます。プロジェクトゆうあい運営の「松江/山陰バリアフリーツアーセンター」も参加いたします。
 申込不要、入場料無料です。お気軽にご参加ください。



第9回 バリアフリー観光推進全国フォーラム・佐賀嬉野大会
〜バリアフリーは配慮ではなく、もはや前提の時代〜

 嬉野市は「ひとにやさしいまちづくり」を掲げており、ハード・ソフト両面の様々なバリアフリー化を通して、多くの高齢者・障がい者が訪れる温泉地です。また、同様に全国各地で観光のバリアフリー化が行われ、これまで様々な特色ある成果を残しています。
 この度、全国各地のバリアフリーツアーセンターが一堂に会し、それぞれの活躍を知る事ができる全国フォーラムを嬉野温泉にて開催いたします。この貴重な機会に、超高齢化社会を迎える日本においてのこれからの観光のあり方を考えてみませんか?



場所 佐賀県嬉野市中央体育館 U-Spo(ユースポ)メインアリーナ
   (佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙、Googleマップ
日時 6月28日(金曜日) 10:00〜16:30(開場9:30)
申込 不要(参加費無料)
詳細 次のPDFをご覧ください PDFチラシ(1.34MB)

当日のスケジュール
10:00 開会歓迎挨拶
10:30 基調講演
    ●演題「心のバリアフリーで社会を変える」
     関西学院大学教授 村尾信尚氏
    ●報告「国における観光地のバリアフリー化推進について」
     国土交通省観光庁環境産業課長 鈴木貴典氏

    講演者の顔写真と経歴紹介

12:00 休憩
13:30 先進地事例発表
    ●演題「バリアフリーインバウンドの受け入れ」
     NPO法人eワーカーズ鹿児島・事務局長 紙谷久美子
    ●演題「障がい者目線で施設のバリアフリー化アドバイス」
     ふくしまバリアフリーツアーセンター・センター長 佐藤由香利
    ●演題「行政との連携によるバリアフリー観光推進」
     秋田バリアフリーツアーセンター・センター長 沢田石泰浩
    ●演題「寝たきりの方の温泉ツアー」
     民間救急らかん・代表取締役社長 徳久武洋氏

    発表者の顔写真

15:00 休憩
15:15 トークセッション
    関西学院大学教授 村尾信尚氏
    国土交通省観光庁環境産業課長 鈴木貴典氏
    嬉野市長 村上大祐氏
    佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター会長 小原健史
    日本バリアフリー観光推進機構理事長 中村元【アンカーマン】

    パネリストの顔写真

会場ブース
 ・全国ツアーセンターPRブース
 ・物販・観光PRブース
 ・電動車いす体験コーナー



お問合せ 佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター
     (佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2202-55)
     電話 0954-42-5126、FAX 0954-43-0361


 主催   特定非営利活動法人日本バリアフリー観光推進機構
 共催   嬉野市
 主管   バリアフリー観光全国フォーラム・佐賀嬉野大会実行委員会
      佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター
 後援   国土交通省観光庁・佐賀県・佐賀県観光連盟
      嬉野温泉観光協会・嬉野市商工会・嬉野温泉旅館組合

Posted by プロジェクトゆうあい at 10:07 | バリアフリー観光 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント