CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月31日

避暑と云う言葉がこれほど似合う猛暑、涼を求めて水上へ

一日目谷川岳ロープウェーを目指す。
早めの出発と云っても東京駅10時16分、上毛高原着11:22ですから、そんなに早くはありませんが、上手に自分で路線バスを使えば、ホテルシャトルバスの最終便に間に合います。
新幹線で東京から1時間、上毛高原駅から路線バスお得な周遊切符で、谷川岳の天神平を目指しました。
1時間15分ほどの乗車で到着、すでに空気は東京首都圏の極暑からほど遠く、予備の長袖を出しました。
mnkm02.jpg7月第4週の平日、ロープウェーはさほど混んでいませんでした。
頂上駅に上がるにつれ、霧がどんどんと濃くなっていき、目の前の天神峠行のリフトも霞むほどでした。まだ夏休みが本格化していないのか、観光客の姿はまばらで、早々に下山して、今夜のホテル「水上高原ホテル200」の送迎シャトルバスの来る、水上温泉駅に向かいました。
本当に行きたかったのは、天神平ではなく、地下からの長い階段で有名なJR土合駅と、谷川岳の雄大な一の倉沢を眺められるトレッキングコースを歩くことだったのですが、旅行一週間前に阪急から送られてきた新幹線チケットの時間をみて、一の倉沢や土合駅を廻ると、最終のシャトルバスに間に合わないので、諦めました。
私たちが泊まる、水上高原ホテル200は上毛高原駅から1時間10分もかかるのですから、これを逃してタクシーとなる何の為の格安セットか本末転倒になってしまいます。

二日目、半日宝川温泉日帰り入浴
これはホテルのアクティビティーの一つで、本来の宿泊客は有料なのですが、阪急の今回のパックはセット料金に含んでいます。
しかし、一日二便の宝川温泉シャトルバの選択は出来ません。
私たちは到着した初日に、午後13:50発を告げられました。
では、午前中何をしたら良いの?、何処へ行ったら良いの?
水上高原ホテル200は1986年にコクドが設立し、プリンスホテルグループが、スキー場・ゴルフ場と一緒に経営してき、2007年、楽天グループのクリムゾングループに売却され、現在至っています。敷地は広大でゴルフコース内にあるホテルです。
楽天グループのクリムゾングは、この広大な敷地を子供向け、グリーン冒険ジャングルを増設しました。
冬季閉鎖されるゴルフ場は冬場のスキー客、春夏は、シニアの宝川温泉・尾瀬沼へのステーション基地、夏場は子供連れのファミリーで業績は上向きですが、如何せん、群馬・奥利根のロケーションで年間を通して安定した集客は、大手旅行会社に委ねているのが
現状のようです。

mnkm06.jpg宝川温泉はホテルから20分ほどの距離です。
有名映画のロケ地に使われ、世界的に有名なガイドブック『ロンリープラネット』で「日本の温泉トップ10」1位に選ばれた名湯です。
一度行って見たかった場所の一つですが・・・・
温泉旅館本館に泊まっていないで、日帰り入浴なので、本当のことは良く解らないのでが・・・
渓谷沿いに4つある、混浴可能な露天風呂なのは確かですが、渓谷に沿ってはいますが、渓谷の川と一体ではなく、あくまでも人工的に作られたお風呂です。
私たち夫婦は、川の流れじたいが温泉と云う場所を経験していたので少しがっかりです。
そして、かなり温度は低め、ぬるいです。
外国人に人気の割に、風呂場を含め、宝川温泉じたいの清潔感が欠如しています。
何よりも、7月8月の季節、虻が大量発生しており、露天風呂でゆっくりと身を沈めると、顔の周りに虻が飛び交い、5分と入浴出来ません。ここは紅葉の季節が良いのかも知れません。

宝川温泉内は撮影禁止です。
その代わり、宝川温泉公式サイトでは、自由に画像をお使いください。と季節ごとの美しい写真を掲載しています。にも拘わらず、中国系と思われる外国人観光客は、裸の露天風呂で写真を撮りまくっていました。
宝川温泉は、一度行けばもう十分です。
日本にはもっと素晴らしい温泉、お風呂は、こんな山奥の不便な場所に行かなくても沢山あるのですから。

三日目水上温泉街と諏訪峡
mnkm08.jpgこの日、関東に台風12号が接近していました。
このあたりでも雨の影響があると行けないので早めにホテルを出て、下で時間を過ごすか?、雨のなかホテル内でチェッアウトの時間まで過ごすのか、迷いました。
標高の高いホテル周辺は、朝から小雨模様です。
しかし、天気予報図を見ると、かなり台風はカーブしており、どうやら下の世界、水上・上毛高原は晴れている様子なので水上温泉を観光して帰宅する道を選びました。
ホテル発シャトル便は10時35分、阪急のデフォルトの設定でほとんどのシニア客はこの便で帰り、上毛高原発12:21、東京13:28着でもじどおり早めの帰宅となるのですが、私たちのこのシャトル便を途中のJR水上駅で下車しました。
この日は、高崎・水上間に土曜日限定のSLが走る日なのです。
そして、事前にネットで調べると、水上に12:03に到着するのは解っています。
11時に駅で下車して、駅員さんにSLの最適撮影スポットを教えてもらい、温泉街のなかを歩いて道の駅「水紀行館」に陣取り撮影に成功?・・・撮り鉄ちゃんならもつと良いのが撮れるのでしょうが・・・初めてにしては上出来かな。

その後利根川の清流・激流でのリバーラフティングや、諏訪峡大橋からのバンジージャンプを眺めて、路線バスで上毛高原に出て東京に戻りました。
新幹線が大宮に近づくに連れ、今までの青空は曇天から横殴りの雨の荒れた空に変って行きました。地元湘南近くで、台風特有の小休止なのか雨もやみ、自宅までほとんど塗れずに帰宅出来ました。

阪急のこのような格安パックセットの内容を把握していれば、自分たちのスタイルにあった年金シニア夫婦二人で2泊3日、お土産代含めて10万以内の旅は楽勝に出来ます。




posted by 西沢 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月30日

大手旅行社阪急交通社が仕掛ける年金シニア向け格安・個人旅行パックの裏側事情

現役時代、世界の秘境をめざしていた私たち夫婦の認識では、阪急の団体旅行パックは、「安かろう・悪かろう」と云うイメージで振り向きもしませんでした。
他の旅行代理店のJTBにしろ、近ツリにしろ、私たちの旅のスタイルとは、かけ離れていましたので、ほとんどは個人手配自由旅行或いは特殊な地域、環境の土地は、その地の専門店である、「西遊旅行社」とか「道祖神」とかを利用していました。やがて、退職し、自由な時間を手に入れ、ネットの普及もあって、海外はほとんど個人自由旅行に徹していました。

mnkm05.jpg退職10年目、65才にして海外旅行を卒業し、国内にシフトしてきた私たちの目に、初めて「阪急旅行社」のバンフが目に留まるようになりました。
初めての利用は「赤倉温泉2泊3日、朝夕四食付、都内からの新幹線含んで一人二万円」でした。
私の故郷は、信州善行寺の門前町です。
都内から新幹線で長野までの料金は勿論解っています。
赤倉温泉は、高校時代にスキー合宿で何回も利用していて、凡その値段も解っています。
交通費込み、長野と赤倉往復送迎・食事込み、二泊で二万円は、個人レベルでは考えられない値段なのです。

これ以降、阪急から団体パックではなく、個人夫婦二人レベルの二泊三日宿+列車or飛行機のパンフが毎月送られてくるようになりました。
何回か利用していくうちに、このセット価格の裏側、仕入れ、欠点が解るようになってきましたが、やはり値段は魅力的です。

このような個人用セットパックの特徴・欠点は
往路 ゆっくり出発 復路 早めの帰宅 と云う謳い文句です。
東京発の新幹線や航空機は、ほとんどがお昼過ぎに出発し、現地の駅、空港で送迎がついて、宿に到着するのは、3時頃で、復路は宿を10時に送迎シャトルで出て、東京に早めに到着、2時、3時です。
確かに、関東でも都心から遠い、年齢が高いシニアにとっては、ゆっくり出発、早めの帰宅は楽かもしれませんが、往路・復路の2日間は移動だけで、実質観光などで動けるのは、中日の一日だけです。
このセットパックでは、往路・復路の列車、飛行機の選択は出来ません。
旅行会社はJR新幹線の場合、一番利用客の少ない列車を大量購入で格安で仕入れており、客は変更は出来ません。

そして、格安パックホテルのロケーションの問題
ほとんどのホテル・旅館はオフシーズンの集客に苦労する立地で、周辺に誰でも知っているメジャーな観光地はありません。
以前から、阪急が売って来た、「信州白馬二泊三日二万円」や「赤倉温泉二泊三日二万円」が典型的な例で夏場だけです。
白馬も赤倉も冬のスキーシーズンは、このような料金でなくとも、幾らでも集客できるのですが、いわゆるグリーンシーズンは、周辺に大観光地もなく、新幹線駅から遠く立地なので、駅まで自前の送迎バスを運営し、宿の食事を一定期間統一してコストを下げて、阪急のような大手旅行会社の集客力に期待するのです。

今回の場合、
水上高原ホテル200に2泊食事4回付、
都内から上毛高原まで新幹線指定席
上毛高原・ホテル間送迎付き
二日目、宝川温泉日帰り入浴、送迎付き又は尾瀬鳩待峠往復送迎+お昼の弁当付き
で一人26,000円、二人で52,000円。私たち夫婦の国内2泊3日予算10万円に楽勝納まります。
但しの条件があります。
二連泊のホテル室内のクリーニング・ベッドメイキング・タオル・アメニティの交換はなし、或いは有料その分、ゆっくり出発、早めの帰宅の新幹線時間帯が緩和され、少し早めの往路、少し遅めの復路の選択が初めて出来るようになりました。
数年前の秋に、この水上高原ホテル200パックを利用して、尾瀬ヶ原に行ったことがあり、このホテルのグレードには満足しててたのと、何よりも往路・復路の時間帯が選択出来るようになり、一日目と二日目の観光予定が建てられるので今回、再びこのセットパックを購入しました。

旅の詳しい内容は翌日のブログに続く
posted by 西沢 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月26日

最新の週刊誌の見出しはひどい、団塊世代、高齢者世代を脅かすことばかり

週刊朝日8月3日号の新聞広告のキャッチは
70才が90才を介護する新時代の備え超老々介護成功させるコツ
・半数以上が老々介護、後期高齢者同士が3割も
・定年退職した息子が親の介護でうつに。
・介護する側も認知症になって認認介護に。
・介護する側も要介護認定を受けて、家事を楽に
・要介護者はショートステイの積極利用を
・進化した自動具を活用
・自宅を担保に、返済無しの融資で介護費用捻出

と続き次は
世代別家計の作り方、老後破産を防ぐ専門家4人のアドバイス
40代は、「常に5年先までの予定表をつくろう」
     「毎月三千円づつ投信を」
     「貯蓄用の口座を開設」
50代は、「人生最後の貯め時」
     「借金返済を優先」
     「保険の見直し」
60代は、「退職金のうち1,500万は温存せよ」
     「90才まで貯蓄ゼロになる瞬間をなくす」

そして、なんと次のキャッチコピーは
万引き老人になるな
・心を壊すのは貧困より寂しさ
・リアル万引き家族「老夫婦主犯、娘二人が実行役」
・万引きした品を近所に配る会社役員68才

最後は、一番のウィークポイント「健康問題」をついてきています。
第二の心臓、ふくらはぎを鍛えよ 寝たきり注意、夏こそ危険
・血液の循環をつかさどる重要器官の弱点とは
・あなたの足にもある下肢動脈瘤を見過ごすな
・暑さが死を招く!エコノミー症候群
・むくみの正体を探せ
・いい歩き方・ダメな歩き方
・スリッパをやめて、裸足であるこう
・貧乏ゆすりの影響は・・日常生活の注意点
・お手軽ストレッチ&筋トレ



週刊誌の最大購読者層は、40代から60代の電車通勤のホワイトカラー男性と云われています。
確かに現役時代を思い出しますと納得します。
何を買うかと云うと、多少お色気・アダルト系が入ると、「週刊現代」・「週刊ポスト」となりますが、これらはなかなか 自宅に持ち帰るのには、抵抗がありました。
芸能、ゴシップ、時の話題となると「文春」・「新潮」で、多少時事問題となると信頼性のやや高い新聞社系の「週刊朝日」 ・「毎日」を手にしていました。
最近、自分が退職し、年金生活に入った高齢者となったせいか、定年退職・年金シニア向けの記事が多くなってきているのでは ないか、昔はこんなに週刊誌でセンセーショナルに取り上げることは少なかったのではないかと、思うようになっています。

これはひとえに、今、そして直ぐやってくる超高齢化日本の問題だからなのと穿った考え方をすれば、金を出して買ってくれる最大購読者層に直接影響する問題提起だからなのかとも思いますが・・・・・
第一番目の老々介護・認認介護は確かに現実です。
実際に我が家でも、67才の高齢者と云われるカミサンは、月に数度北関東の92才になる母親の介護、直接介護ではなく 実家で介護している妹の負担を軽くする為に出かけています。
そして、近い将来、団塊世代の子供のいない夫婦は、老々介護・認認介護になる可能性はかなりの確率で高いです。 何も天下の週刊朝日は巨大ゴシック文字でキャツチタイトルを打ち出さなくとも、私たちは解っています。 では、キャッチではなく中の解説記事を読んでみると(立ち読みです。)相も変わらずの内容でした。

・自分一人で抱え込むな
・普段から介護に関する行政に関心を持ち
・地区の包括センターに相談しなさい。

そうですが、最終的には行政・政府は面と向かっては云えないでしょうが、それなりの介護・逝き方をする には、自己責任、自己財産を持ってください。という事でしよう。
・自宅を担保に、返済無しの融資で介護費用捻出・・・なんて、都市部のある一定以上の条件の家の話で、 地方では絶対無理、都市部でもマンションはほぼ対象外なんですから、ちゃんと書いてよ。と云いたい。

二番目の世代別家計の作り方、老後破産を防ぐ専門家4人のアドバイス
専門家?・・・それよりも私たち先輩に聞いたほうが良いじゃない、と考えたのですが、そうも云えません。
団塊世代なんて、時代が良かったラッキーだっただけ。
私と同じ世代で40代から老後資金造りを考えて、 実行していた人は、
私の周りには皆無でしたから。
「90才まで貯蓄ゼロになる瞬間をなくす」
この提言は実際に自分の行き方・逝き方を考え、残されたカミサンの行く末を考えた時に発生します。自分は確実に 男性の平均寿命あたりで逝きますが、女性は解りません。90才はごくごく当たり前になっていますので、もう一度 見直すチャンスでしょう。
一度作った、老後の資金計画は毎年、毎年、変更、修正するのは当たり前なんです。

三番目の万引き老人になるな
これはパス、編集部の売らんが為の企画としか思えません。
この週間朝日のキャッチを読み、金をだして購入する層は、 老後資金計画を立案し、実行するシニアが万引き家族になることは、先ずあり得ません。

四番目の第二の心臓、ふくらはぎを鍛えよ
これは、季節柄思い当たる所が多く、私の世代は食いつく可能性は大です。
が50代、60代前半ではまだまだ 自分の体力低下には気が付いていないから、お金に関する記事だけ読んで、パスする確率が高いでしょう。
季節柄か足が浮腫みます夏の季節、夕方には足の甲がパンパンに異常に浮腫みます。
何かの病気の前兆かと思い、ファミリードクターに 聞きました。
運動不足と内臓系疾患による、足のむくみの見分け方を教えてくれました。
足首から先、甲の部分が浮腫むのは、長時間のデスクワークのせい、単純なる運動不足。足のふくらはぎが 浮腫み、押してもすぐに戻らない場合は腎臓系疾患の疑いもある。とのことです。

長時間のデスクワークって、先生は浮腫まないの?と質問する私
私だって浮腫むわよ(彼女女医です)、毎晩圧力ストッキング履いて寝てるわよ。
アメリカでは、机は上下して高さ調整出来るようよ。
それに、IT企業のオフィスは裸足だって、聞いたことがあるわ
私のクリニックでは無理だけどさ

結局買って読んだのか?
一応ブログに書くのですから立ち読みだけでもしようと、近所のコンビニに行きました。
※最近の書店の週刊誌コーナーはレジのすぐ前にあって立ち読みし難い店や、昔はまんが本だけにしてあった ラッピングや紐かけをした週刊誌が多くなってきています。
知合いにコンビニ経営者がおり、書籍コーナーでの立ち読みは大歓迎だそうです。
理由は、夜の防犯と、店内の入口付近に他の客いることの安心感で客が入ってくるそうです。
ところが、週刊誌コーナーに「週刊朝日」がないのです。レジのバイトらしき女性に聞くと、置いてはありますが、 今日は何冊も売れてないかもしれません。再入荷するかは、私は解りませんとの回答でした。
まあ、中の記事を読まなくても、想像出来ますが・・・・
posted by 西沢 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月25日

ガラケーからスマホに変えた。 定年後の生活費設計、イニシャルコストとランニングコストを考える

友人がついにスマホに変えた。
あれほど、スマホは必要ないと云っていたのに、どうしてと尋ねると、ガラケーをトイレ便器に落とし水没させてしまった。普通の綺麗な水なら自然乾燥させて、再度充電させて使えるかどうかも考えるけどさすがトイレ便器での水没では、諦めざるを得ない。
ショップに行ったら、今更ガラケーとも云えず、ついにスマホにした。と云う。

だって、あれほどスマホは必要ないっていってたじゃない。
某大手電機メーカーを60才で退職し、その後、地元の超有名高級料亭で火曜日〜金曜日まで週4日雑用係(本人はそう云ってます)として働いており、通勤もなく、常時ネットにつなぐ必要もないのでガラケーで十分だと云っていたのに。
彼の定年後の生活の中心は、週末のランニング大会、全国のマラソン大会、海外のマラソン大会に参加することです。
国内地方の場合、泊りがけになるので土曜日から月曜日までは空けているそうです。
そうそう、地方のマラソン大会がある訳でもないので、空いている月曜日は、私の処でNPO広報のお手伝いをお願いしています。

スマホつて高いでしょう、月幾らなの?garake.jpg
二年縛りで、毎月9200円。
エー高すぎない、Yモバイルとか、楽天モバイルとか、UQとか、実際には接続速度とか解らないけどもつと安いじゃないの?の
ガラケーがSBだったもんで、そのまま番号が使えるし、契約登録も支払いも今までのとおりで簡単だったから。
本体・通話料込々で9200円!
接続環境速度とか、容量制限とかは?
良く解らない・・・・おいおいエンジニアの君がどうしたの!

初期投資イニシャルコストはゼロかもしれないけど、ランニングコストはづっと続くことになります。2年縛り、9,200円X24ケ月=220,000円、超高速スビート動画処理能力のノートパソコンが楽勝買える金額です。
スマホ実機の値段はいくらと調べても、シムフリーと大手通信会社は3倍も違い、スマホ音痴の私には解りませんがイニシャルコストは一度だけ、ランニングコストはこれからづっと続くと思うと、年金シニアおじさんは、一度だけの初期投資を選びます。

ガラケーとスマホ二本もちの友人のケース
何でも新しい物好きの先輩友人は、ドコモとのスマホ契約を二年で解約しました。
当然、電話機能は無くなりました。しかし、無料wifiは使えます。そしてアイフォンの持つカメラ機能など全て使えます。インスタも、ツィターも、フェースブックも何もその場でUPしなくても、自宅のwifiでUPしています。
クラブ仲間のラインもメールのように、自宅或いはwifi環境のある場所でやつています。
そこで、電話機能だけで良い、ガラケーを持つことになったのです。
月々の支払いのガラケーの電話代月に千円程度と、自慢していました。


そして「車は退職年金シニアにとって最大の金食い虫、捨てろ。」と叫んでいます。
車はイニシャルコストがかかるのに、ランニングコストも固定収入の年金生活の大きな部分を占めるが持論の私ですが
勿論、多くの反論・ご意見は解っています。
・都会の交通の便が良い所に住んでする人に云われたくない。
・車は男を自由にしてくれる。
・旅先では車は必須。

でも、云わせて・・・
首都圏の土地の高い所の持ち家マンション内の駐車場代は月に2〜3万するのよ。
ちょっと街中に車で出かけても、先ずは駐車場探しから。
月に一度しか乗らなくても、税金・車検代や保険代はかかるし。
何時かは壊れる、価値が無くなる、新車が数百万するなんて。

車もスマホも、人それぞれ、外野がどうこう云うことではない。
定年退職後、一定固定収入の年金シニアにとって、毎月の生活費が一定であるほうが、管理しやすいという事なんです。
posted by 西沢 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月24日

日本の現医療制度の元、退職年金シニアに「ガン保険」は必要か?

最近の週刊誌の見出しは、定年を迎えるシニア予備軍には、かなり訴える見出しがありました。
・60過ぎたら、保険はいらない
・まさか「がん保険」に入っていませんよね
・もしかして、生命保険に入ったままなの
・どう考えても、60すぎたら損をする。
・保険会社は絶対損をしない
・あなたは、これでもまだ入り続けますか?

と、ここまでまくし立てられると、不安になり、ついつい手を伸ばします。
今、週刊誌は420円です。さて、それだけの 価値があるのか?、先ずは店頭で立ち読み・拾い読みしてみました。

二人に一人「がん」になる時代なのに、保険会社は大儲け
記事を要約すると、”がんを筆頭に誰でも病気は怖い、健康に自信が持てなくなってくる60代ともなると、なお更だ、けれども その不安に苛まれ、月々数千円から数万円の保険料を支払い続けることがが本当の安心なのか”
そもそもがん保険とは、がんにかかった時にその治療費や入院費を保障する保険で、ほとんどが掛け捨てタイプ、現在 の保険は、終身型が主流です。
この場合、もしがんにならずに長生きしたら、80才になろうとも、90才になっても保険料を払い続けなくてはなりません。
確かに、がんになれば、今でかけてきた掛け金以上の保障がありますが、誰も、がんにかかって元がとれたとか、儲かったなんて思いません。
がんになり、 死の恐怖を目の前にすれば、自分の持っている全財産を注込んでも逃れたいたいと思うものです。

がんの治療費ってそんな高いの?
一般的に「がんになると大金がかかる」とされています。
では実際はどうなのか?数値でデーターで知りたいのが、団塊世代の特徴なので調べてみると。
がんの種類 平均入院日数 治療費(3割)
胃がん    20.2日    約25万円
結腸がん   19.9日    約28万円
直腸がん   16.8日    約23万円
肺がん    11.5日    約13万円
乳がん     12.2日    約18万円


都内某大学病院のもう少し詳細なデーターは。



これを見ると決して安くはないが、想像を絶する或いは、老後人生の資金計画が根本から狂うような金額ではことが解かります。
ただし、これは保険適用の医療費であり、個室料金とか、その他細かくかかる家族や本人の経費などは含まれていません。
そして、日本には保険適用の医療費に対して、一定額以上の医療費が後から戻ってくる高額療養費制度がありますから、患者の負担額は もっと少なくなります。

高額医療費制度計算方法
年齢や所得により若干違ってきますが、60代の一般的年金所得者区分の人は以下の計算式になります。80,100+(1ヶ月間で支払った医療費ー267,000)×1%
これによると、胃がんで全摘手術をしても、ひと月に9万以内には納まることになります。
但し、申請してから戻ってくるまでに3ヶ月ほどかかりますから、当座は一時的に自己負担することになりますが・・・・

とりあえず100万あれば何とかなる!
月々数千円から数万の保険料を何年も、そしてがんになるまで払い続けるか!。
60才で特約の入院一日一万円に加入すると、月額10,000円程度の保険料を払うことになります。
年間12万円、5年間で60万円です。元を取る為には には60日・2ヶ月入院しなくてはなりません。上記データーを見ても、今時2ヶ月入院させてくれる病院はありません。

退職を機に、新たに医療保険に入る必要はあるか?
週刊誌は以下の記事で締めくくっています。
「老後は個々人で多様性に富み、その全てに備えられる保険はありません。
だからこそ、必要なのは金融資産ではなく現金なのです。保険に代わるものとして、現金・知識・情報が必要になります。
病気になった時、介護が必要になった時、いざと云う時に備えて日頃から、地域の情報を調べ、保険に頼らなくとも済むだけの お金を準備しておくことで、豊かな老後生活をおくれるはずです。」

そのまとまったお金がないから、月々小額支払でリスクを分散・共有するのが、保険の役割と保険会社の方々はおっしゃりますが、 保険は、確率・統計学理論の数学的な立証で保険金額が決まり、それに経費を上積して決まるので、支払準備余剰資金の運用に失敗しない限り 絶対に儲かる、社員の給与が日本有数高額な業界なのです。
そんな甘い体質の生保も、そろそろ損保と同じくネット契約の時代に変わり、若干下がっていくことでしょう。但し、保険のきかない先進医療や、個室ベッド差額、交通費などは当然ながら高額医療費制度には含まれていません。

旅行と同じで、ファーストクラスの快適な医療、先進医療を求める人は、がん保険に入った方が良いでしょう。
私は、エコノミーで十分です。それぐらいの蓄えの準備はしているつもりです。
posted by 西沢 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月23日

妻が先に逝くとは限らない、「男お一人様術」と云う本

出版社「法研」より、男おひとりさま術と云う本が出版されて、話題になっています。
この本は前編として、上野千鶴子著のおひとりさまの老後があります。
結婚していようがいまいが、世界一長生きの日本女性は、最後は「おひとりさま」になる(確率が高い)。 そこで、元気なうちに、セーフティネットを準備し、予備知識を得ておこう、というのが、この本の内容で、シニアの女性から絶大な支持を 得られました。

book2.jpg「男おひとりさま術」著者のジャーナリスト中澤まゆみさんはこの時、おひとりさまの老後 の姉妹版として、おひとりさまの法律をだして、好評を博しました。
「男おひとりさま術」(出版社・法研)は、その男性版です。

女性の多くは、いつかは自分が「おひとりさま」になる事を知っている。
男性の場合、ほとんどの人は自分が先に逝くと信じており、妻に先立たれた後の事を考えもしない。この本は、そんな男性シニアに向けた おひとりさまの老後の男性版です。
キャッチは 「あなた、私がいなくなっても、この本があれば大丈夫ね。」

なにはともあれ、まず自立
自分のからだは自分で守る
どうなる老後のお金
今の家は終の棲家か
ありあまる時間をどう使う
介護は突然やってくる


この本の「今の家は終の棲家か」の章で、私のサイトが紹介されています。
ある日、私の掲示板経由メールをチェックしたら、面識のない著者の中澤まゆみさんから、
新に 出版する「男おひとりさま術」への当サイトの掲載依頼がありました。
本の内容をろくに調べることもなく、リタイヤ団塊世代への情報発信のお手伝いの一環として承諾したのですが、出版された 本を手にとって見て、改めてリタイヤ・定年・団塊世代の男性に必要な本だと認識しました。

著者の中澤まゆみさんは、私達と同じ「団塊世代」です。
今回そのネットワークを生かして、同世代の男性たちに アンケートを御願いし、インタビューを重ねて、この「男おひとりさま術」が出版されました。

自立とか、どうやって老後を過ごすとかは、経済的な問題も含めて、30代後半からたえずシュミレーションをして来ていますので、 今更云われる事でもないのですが、私達夫婦の老後計画には、「カミサンが先に逝く」は一切考えていませんでした。
この本を一番喜んで読んだのは、私ではなく、カミサンでした。
posted by 西沢 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月22日

初めてのインド旅行の女子大生へのアドバイス

十数年来の知人女性から、娘さんがこの夏休み、友人とインドへ旅するので、経験豊かな私から
色々とお話をしていただきたい、とリクエストがありお母さんと一緒にお会いしました。

indo.jpgインドへは都合4回旅しています。
最初は30代で団体パックツァー、デリー・アグラ・ジャイプール・カジュラホ・バラナシ所謂北インドのゴールデントライアングル定番観光です。

二回目40代は、仕事仲間の若い、仏教好きの友人との完全自由、バックパツク旅行で、ブッタの生誕地巡り。ガヤの日本寺に一週間お世話になりました。

三回目50代は、個人手配旅行で南インド、ムンバイ・アジャンタ・エローラ・チェンナイ・マドゥライと北とは違ってた、タミール人のインドを体験し。
最後60代は、退職後二人催行パック型旅行で、ダージリン・シッキムとコルカタのマザーテレサハウスでボランティアの真似事。

この知人とは、県の国際交流団体の英語教室で一緒だったり、彼女が代表をしていた市民活動
団体のホームページサポートをしていた関係で、彼女の子育ての考え方、生き方を聞かされていたので巷で見聞きする女子大生とは違うのは解っていました。
しかし、メールでリクエストを聞いた時点では、どんな理由、どんな旅のスタイルをしたいのか、解りませせんでした。
「日本の女子大生、夏休みに友達と一緒に初めてのインド」と云う情報しか聞かされていない、団塊世代のオジサンは先ず「ヤバイ」と思うのは当然です。

先ず、考えたのは、同じマンションに住む、四十台の主婦を同席させようと云うことです。
この方は、私が管理組合の副理事をしていた時の監査担当で、毎月会って話を聞くと、まるで私が辿って来たような道を歩んでいる、しかも女性一人での現役バックパッカーなのです。
結婚されているものの、お子さんはなく、ご主人はそんな形態の海外旅行には全く興味なく、ほとんどお一人で、南米・ポリネシア・イスラム圏・東南アジアを、自由個人旅行で歩いている
方です。
さっそく、話をしたところ、彼女も同感で、それは「ヤバイ」・「危険」特にインドは。
しかし、このお嬢さんと会う日、時間はどうしても都合がつかないので、メールアドレスを渡して、聞きたいことは何でも聞いて下さい。と伝えて下さい。とのことになりました。

実際にこのお嬢さんにお会いすると、私が知っている彼女の子らしく、とてもしっかりとして、今時の女子大生ではありませんでした。
最初に、今回のインド旅行の形態についてお聞きして、一安心しました。
大学のボランティアスタデーの一環で十数人のツァーだそうです。
それなら、何も私のような元バックパッカーの、個人自由旅行者なんぞの話は必要有りません。

そこで極々一般的な、インド旅行、海外旅行時での注意、についてお話しました。
・インドのホテル以外の一般トイレについて。
・左手は不浄の手であるので注意。
・インドには定価・値札はないので必ず値段を聞いてから買う事。
・値切る時は、相手の言い値の20〜30%でスタート交渉し、半値を目標とする。
・空港での両替は絶対ダメ
・市内に入って物価を見てから、数件の店をチェックしてから両替する。
・両替時に窓口で、相手の前で確認する。
・乞食、物乞いと、どう付き合うか?不用意な態度をみせないこと。
・本当に何かしてあげたいのなら最後まで付き合う覚悟が必要。
・インドには喜捨用の小銭を売っているので、活用する。
・ペットボトルの水は、必ず自分で開封を確認してから飲む。
・貰った食べ物、飲み物は原則飲まない、食べない。
・インドには依然カーストがあることを理解しておくこと。
・女性同士の外出は注意、インドの男はしつこい。
・インド人男性の女性観は、日本とは違う。男尊女卑は生きている。
・ピローマネー(枕銭)は日本人だけの習慣、西欧にはそんなチップは存在しない。
・イエス/ノーをはっきりと伝える。
・日本人特有の微妙なほほ笑みは誤解を招く。
・例えホテルの部屋でも、内鍵はする(恐らく彼女らの泊まるホテルは大丈夫だとおもうが)
・荷物は小分けにして、それを紛失したら旅がストップしてまうものは、絶対に離さない。
・フリーWifiや、ネットカフェでは、メールアドレスやアカウントは使わない。
・今回のインド旅行のみのwebメールを事前に準備しておく。


等々・・・と子供も孫もいない団塊おじさんは、子供や孫のような、初めてインドに行く女子大生お嬢さんにくどいくらいの話をした訳です。
さて、彼女がインドから戻ってきてからのお話を聞くのを楽しみにしています。
posted by 西沢 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年07月21日

自宅前の公園で朝のラジオ体操が始まりました。

radio.jpg昨日、小学校の終業式があり、いよいよ子供たちの夏休みが始まります。
自宅の目の前に児童公園があり、この季節限定10日間の町内会主催の朝のラジオ体操が始まります。ベランダの真下で朝の6時半から始まるので、無視できず、朝の重たい体にムチうち、叱咤激励しながら公園に向かいます。
集まっているのは、小学生低学年の子供たちと、ご近所のシニアのおじさん、おばさん達で、小学校高学年や中学生の姿は全く見えません。
今日は初日の土曜日だったせいか、若干若いパパ・ママの姿もみえましたが、平日ですとシニアと小学生です。
子供たちは、夏休みの10日間、早起きしてラジオ体操に出でてスタンプを押もらい、最終日のお菓子の詰め合わせをもらうことを楽しみに来ています。

圧倒的に多いシニアのラジオ体操への参加
現役時代、建設業界に属して日本の、東京のシンボル的な建物、ビル建設に関わってきましたので、現場の朝礼・ラジオ体操は欠かせませんでした。
当時、朝からラジオ体操で体を動かすのは、これから始まる作業の下準備と解っていましたが、監督の立場でもあり、パソコンに向かいCAD図面を書くのが仕事なので、朝から汗をかくようなラジオ体操は嫌でした。
しかし、高齢者と呼ばれる還暦を過ぎるあたりから、普段使っていない体の部位を動かす、快感を知るようになってきました。
そして、古稀を迎える今は、強制的に普段使わない、体の部位を動かさないと固まってしまうのではないかと云う恐怖感から、ラジオ体操に参加しています。

15年前退職してからこの町、児童公園の前の共同住宅に越してきました。
以前22年間住んでいた駅前マンション群では、町内会的関係は全く有りませんし、子供いない私たち夫婦は全くと云って良いほど、ご近所付き合いはありませんでした。
この町でも当初、ご近所さんも知らない人ばかりでしたが、15年たった今では、朝夕のお散歩で軽く挨拶を交わす名前は知らないが顔見知りのシニア、市民活動センターで時々顔を見かける、若いママなどが増えました。

年に一回、夏の間10日間だけの朝のラジオ体操。
今年も昨年と変わらぬ顔ぶれのシニアが集まっていました。
とりあえず、団塊世代の私の目標は、2020東京オリンピックまではこうやって朝のラジオ体操に参加しよう。
その後は・・・・知らない。「ご臨終」「五輪終」「ごりんじゅう」かも。
posted by 西沢 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月20日

話題の映画「焼肉ドラゴン」を見に行く

名画『月はどっちに出ている』などを手掛けてきた、在日コリアン三世の鄭義信の
日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂によるコラボレーション作品の映画化です。
ストーリーは、大阪万博によって消えて行った、在日コリアン集落、大阪国際空港横の伊丹市中村地区がモデルの「I空港そばのN地区」に住む、在日コリアン夫婦・家族の物語です。

doragon.jpgこの映画を見て、最初に思い起こしたのは、神奈川県川崎市幸区の多摩川の河川敷にある戸手4丁目の一角JR川崎駅から北に2キロ足らずの多摩川沿い、200メートルほどに、戦後住みついた在日コリアン集落がありました。
この辺りは、現役時代毎日通勤で通った横須賀線の車窓からいつも眺めていました。
いつの間にかなくなり今は高層住宅が立ち並んでいます。

今では、韓国・朝鮮籍の人は、属する企業の名刺でも普通に本名で名乗っていまが、ついこの間までは日本での通名で通していたのです。
日本国内での「第三国人」と云う言葉が、若い世代にはなんのこと、と不思議がられるように、元植民地の人々への偏見・差別はどんどんと無くなっている時代。
ひとえに、韓国経済の発展と、韓流ドラマ・音楽の影響でしよう。

映画の舞台は1969年から1971年の3年間、大阪万博が象徴するよう、日本の高度経済発展テイクオフの年の話です。誰もが豊かになっていく時代に取り残された、川沿い、空港に面した不可侵の、無かったこととして忘れられようとしている、旧植民地の朝鮮人集落の家族の物語が、劇場演劇ではなく広く誰でもか見れる一般映画館で上映されるのは、喜ばしい兆候なのですが・・・

果たして、興行的にどうなのでしょう。
私は、この映画を知ったのは、封切りから1か月以上経ってから、韓国語を学んでいる友人女性のフェーブックで知りました。
ハリウッドの荒唐無稽のCG映画や、大金をかけた邦画などが、あらゆるメディアを駆使して、事前通知・CMを打つっているのと違い、割と映画好きな私のアンテナには引っ掛かりませんでした。月に二三度は行く、109シネマでは話題の映画は必ず予告編を上映するのですが、何もありませんでした。

この「焼肉ドラゴン」は商用映画の範疇ではなく、「万引き家族」のような芸術作品に属するのでしょうか?今回、SNSで知ってから、鎌倉周辺での上映館を調べると、どうやら東宝系の劇場でやっているようで「横須賀」・「桜木町」・「上大岡」でやってました。
封切りから6週間も経過しているので、やっていても上映は、シニアには不向きの時間帯の夜が多く、ギリギリ、近くて明るいうちにやっている「TOHO上大岡」まで行きました。
水曜日、レデイーズデーですが、87席の一番小さなスクリーンの入りは3〜4分程度でした。

終わって、外に出るとまだ猛暑・熱波が襲ってきます。
主演女優「真木よう子」の憂いのある演技、彼女はああいう役が一番似合う。
「風に立つライオン」でアフリカに旅経ったいドクターの元恋人を思い浮かべながら、地元の幼馴染の漁師と結婚し港に立つ姿に今でも泣けてきます。

男は何歳になっても少年なんです。
posted by 西沢 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年07月19日

漢字が書けない2 天声人語書き写しノート「蒙古襲来」が書けない

tensei.jpg昨日から、朝日新聞のコラム「天声人語」の書き写しをカミサンから引き継ぐことにしました。
理由は、最近あまりにも漢字が書けないことです。
80年代のワープロを使い始めてから30年、ほとんど手書きをしてないので、読めるけど書けない状態で続きこのままでは、全く漢字が書けなくなる自分が情けなくなり、先ずペン字練習帳を買いました。
如何に簡単なひらがなや漢字を正確に書けないことを痛感し、カミサンの勧めで、カミサンが毎日書いていた「天声人語」書き写しノートをもらい受け、今日から私が書くことにしたのですが・・・

昨日、天声人語のなかで、正確に書けなかった文字は、先ずは隣に置いたパソコンで大きく書いて表示させ何度も練習して書きました。
正確に書けなかった漢字は
「蒙古」・「襲来」・「鷹」・「壊滅」・「韓国」・「軍勢」・「奪う」
「幕府」・「尊王」・「攘夷」・「爽快」・「焼肉」
でした。
普通に読める漢字なのに、実際に書くとなると如何に今までいい加減に書いていたのかを実感しています。

さて、この先どの位続けていけるか?一日書いてみて「疲労こんぱい」です。
こんぱい「困憊」・・・こんな字なんだ 備える心か。

そして、投稿板には同じ団塊世代の方も同様の投稿がありました。
平日の毎朝、NHK第一にて6時43分から、53分の10分間、「社会の味方、私の・・」との番組を放送しています。
論者は竹中平蔵であったり、金子勝、森永卓郎とか様々で、話題も経済、世界情勢、農業、中小企業等などです。
私はこれを4年前から、聞きながらノートに要点を書き出しております。
これが大変。管理人さんがおっしゃるとおり、漢字が出てこない。
仕方ないので、とりあえずひらがなで書いて、すぐ調べるようにしております。
今日は「うるおう」が出てこなかった。調べれば「潤う」なんてどうってことがないのが、つっかえる。
「牽引」も正しい書き方をやっと覚えたところ。
とにかく、朝6:30からのラジオ体操に引き続いての
書き取り、何時まで続くかはわかりませんが、
「継続は力」となりますかね?

私だけじゃなかったんだ。
posted by 西沢 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ