CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月18日

秋篠宮眞子様の結婚延期の報道 週刊誌斜め読み

毎日の新聞紙の週刊誌の広告欄の見出しトップに秋篠宮家の長女の実質破談の記事が掲載され、TVのワイドニュースでも取り上げられおり、我が家のゴシップ大好き女性も興味津々です。
そこで、「週刊誌を買って読んでみたら」と云うと「お金を出して買って読むほどでもないわ」と云います。
それでは、本屋さんで各誌立ち読みして、報告するよ、と出かけました。

立ち読みしたのは「週刊文春」・「週刊現代」・「週刊新潮」・「女性自身」何れも2月17日
以下の内容は全て上記週刊誌記事の引用です。

結婚延期、二年の猶予とは
この結婚に関しては、現平成天皇の裁可が下されていますので、これを勝手に覆すことは出来ない、が真相です。ですから、来年平成天皇が退位しされ、ある程度の時間が経ってから、「破談」となるのが決定的です。

破談の理由とは
端的に云うと、将来の天皇となられる秋篠宮悠仁親王の義兄となる方に相応しくない家庭環境であることです。

収入面、経済的自立は出来るか 
婚約者の小室 圭さんの家庭は父親が自死され、母親小室佳代さん(51才)が育てきました。
収入は近所のケーキ屋さんのバート月12万と、遺族年金の9万です。
しかし、婚約者の圭さんは中学校高校は品川区に所在するカナディアン・インターナショナル・スクール大学は国際基督教大学(ICU)、海外留学し、現在一ツ橋大学大学院在学中です。
職業は法律事務所の一般職員、年収は200万程度です。

何故3LDKマンションの母子家庭の子供がこれだけの学校に通えるのか?
ネット上で色々な噂が流れていましたが、今回の結婚延期報道である程度解明されました。
自死した父親の同僚が母親の婚約者(60代)として、援助していたから可能だったようです。
しかし、その婚約者は母親との婚約は破棄しました。

婚約を破棄した理由は・・・
婚約者によると母親は自分を愛してはいなかった、必要としていなかった。
必要としていたのは、息子の為の金と体裁としての父親であった。と述べています。
そして、援助してきた400万ほどの金の返金を求めています。

秋篠宮家が問題としているのはその400万の借金のことではなく、圭さんに問いただした時、知らなかったとウソの答弁をしたこと、眞子さんの義理の母親となる方の不誠実な対応、元婚約者のマスコミにリークする姿勢、スキャンダルが、理由で述べた天皇家に繋がる家庭環境として相応しくない、ということです。

秋篠宮家は、長女の自由恋愛、結婚を支持してきました。が、今後このような決断を許し、誤った宮内庁は宮家の結婚相手にこれまで以上に慎重にならざるを得ないでしよう。
posted by 西沢 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2018年02月17日

確定申告の季節、今年は用紙が届かない

テレビニュースでは、確定申告がスタートした日、全国の税務署前や、都内の国税庁前に国税庁長官に対しての抗議デモの様子が映し出されていました。
確かに、自分の所得を自主申告し、必要経費の控除を証明する書類が必要と云う税務官僚のトップが、「捨てた」「ない」と発言し、その後本当は捨ててなく、音声記録まで残っているのが証明されたのに、国税のトップに上り詰めたご本人が、出てこないのは、確かにおかしい。
ご本人の気持ちとしては、堂々と出て行って喋りたいのでしょうが、政権のトップが許さない、という事は国民全員が解っていることでしょう。

国税のトップのことはどうでも良いのですが、毎年、市から市民税・県民税の申告書が来ていたのですが、今年はハガキ1枚、「収入が公的年金のみで、源泉徴収票に記載されている控除以外に申告する控除がない人」は申告は必要有りません。という文章が印刷されていました。
源泉徴収票に控除欄なんて書いてない・・・どれを云っているのか解らんぞ。
無視して、今年は申告するのをやめようかと思ったのですが、数年前、市の納税課から通知があり、申告漏れが有り、健康保険料金など追加徴収をするので、再申告して下さいとの、ハガキが届きました。
市の指定管理で、年に数か月の講座の講師を務めて、たった12万程度ですが謝金という形の収入があり、ちゃんと所得税も引かれているのですが、申告漏れだと云うのです。

私は55才で退職した翌年から先ずは国税の確定申告をしてきました。
退職金や前年の所得がありましたので申告した訳ですが、翌年からは国税ではなく、市の納税課で市民税・県民税の簡単な申請で良いと判り、毎年してきました。
申請するほどの所得はないのにです。

55才から60才までは、自分の個人年金だけです。
それも、それまで預けた金額と、一年間に貰う個人年金の差額だけが申請額ですから、当然ながら税金はかかりません。
それでも市民税の申告をするのは、市民税課から、収入がない期間どうやって生活しているか、生活の原資は何かを問われるからです。
毎年、「個人資産の取り崩し」にチェックいれてOKです。
そんな、所得がない状態でも、国民年金は払わなくてはいけませんし、国民健康保険も最低レベルの所得内で払ってきました。
60才で年金基金の受け取りが始まり、63才で厚生年金満額受領となりましても、まともに働いていた期間が短い為夫婦合わせても、住民税課税対象額をギリギリ下回り、退職15年経過した今でも、住民税はゼロの状態が続いています。

この年間12万円ほどの謝金額が住民税課税対象額ラインぎりぎりなのです。
これ以上講座回数を増やすと、ラインを越えて住民税を払うことになると、他の保険料も増えることが予想されます。
そして、臨時福祉給付金がなくなり却ってマイナスになります。

安部政権になってから貧困・困窮高齢者バラマキ対策として、臨時福祉給付金二三度ありましたが、有難くいただいています。
年に何度も長期間に渡って海外旅行する私たちがこのような給付金を受け取ることに関して、廻りから不思議がられましたが、日本の税制が前年度の所得によって決まるので、幾ら資産・現金があろうが、住民税非課税、高齢者臨時福祉給付金は配分されるのです。

どちらにしても今年も医療費は軽く10万を越しているので、確定申告書類を今日・明日にでも書く予定です。
posted by 西沢 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年02月16日

偶数月の15日は、何処も年金シニアで混雑してます。

0225.jpg年金を満額受給される年になるまで、偶数月の15日は全く意識していませんでした。
早期退職後、55才では公的年金は皆無ですから、時々、銀行へ行って自己資金口座から当座のお金を引き出しに行って、平日なのに、勤め人の給与日25日や、月末並みに混んでいるのにびっくりした事がありました。見回すと、かなり年配のシニアの方々で、この時初めて、偶数月の15日であることを認識しました。

昨日2月15日木曜日、繁華街に用事で出かけました。
毎週木曜日はスポーツデーなのですが、生憎この日は体育館の予約が取れず、体があき、ノースケジュールdayとなった為この日は
1,1,000円カット理髪店に行く
2,行政センターに確定申告用紙を取りに行く
3,スーパーに冷凍食品を買いに行く(重い物・嵩張ものは夫の役目なので)
の3つ為に午前出かけました。

1,000円カット理髪店の開店はPM10:00なので通常どおり10分前に行くと、既に9人並んでいるのにびっくりしました。
男女・半々くらい、全て私よりは年配のシニアです。
このお店は理髪椅子が5台のお店なのですが、平日は3人しかいませんから10人目の私の番が来るのは、30分後となり、考えてしまったのですが、この日は理髪師は4人体制でした。
20分後、顔なじみの理髪師さんに聞くと、今日は偶数月の15日、混むのは解っていたから
平日より一人増やしたんです、と云っていました。
ふーん、1,000カット理髪店でも、影響するんだ。

次に行政センターに向かうに、通り沿いの銀行の前を通ると、店の外にまで大勢の人が並んでおり、月末25日の金曜日の倍以上です。むかし、若い頃アルゼンチン・ブエノスアイレスに勤務していた頃、銀行に長蛇のシニアを見かけて聞いたところ、年金受給日で早く並んで早く降ろして、早く買わないと、その間にも物価があがってしまうから、と冗談かと思って聞くと、本気なのです。日本とは比べ物にならないハイパーインフレの時代でした。
日本ではデフレなのに、やはり、直ぐに手元に現金が欲しいシニアが多いのを実感しました。

そして、冷凍食品を買いにセイユーへ行って、三度びっくりです。
年末並みの混雑です。かなりの年齢のお年寄りの女性がカートにお米や冷凍食品を買い込んでいました。
TVのニュース特集などで、お年寄りの貧困化、格差の拡大などが報じられていますが、年金支給日のこのスーパーの買い出し風景を見ると、解るような気がします。

一般的に現役時代は地元の商店街を平日、昼間歩くことは少ないものです。
誰もがオフィスビルが立ち並ぶ街や、工場街などで働いていて、日本の高齢化と云うのは数字では知っていても、実際に平日、東京郊外の庶民的な商店街を歩いているシニアの姿の多さを実感することはないのです。
政治・行政・経済を担う、50代から60代前半の政治家・経営者・行政に携わる官僚も何時かはシニア・高齢者と呼ばれる年齢になるのですから、一度、偶数月の15日に、郊外のベットタウンの街の商店街を歩くのを進めたいものです。
posted by 西沢 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年02月15日

私、北朝鮮行ったことがあるんです。

kita2.jpg平昌冬季オリンピックが日本のメダルで徐々に盛り上がって来ています。
開幕前は、ネット上でのキーワードランクが低迷していたのに、急に上昇したのは、北朝鮮の参加がきっかけでした。
北朝鮮は、南で大きな国際的なイベントがあると、必ず何か仕掛けてきます。
今回、開幕前日に大規模軍事パレードをやりました。
前回の国際的大ベントと云えば2002年のサッカーワールドカップでした。
この時北朝鮮では、あの大マスゲーム「アリラン祭」を大々的にやり、日本からのツァー客を呼び込みました。

当時はまだ北朝鮮の日本人拉致問題が表面化する前で、日本の北朝鮮系旅行社の募集する北朝鮮旅行が誰でもが簡単にピョンヤンに行ける時代だったのです。
旅の主催は在日北朝鮮系の 中外旅行社です。
ツァーのお値段は、査証代を含めて、三泊四日一人278,000円と足元を見られているようで途轍もなく高いのですが、 「今、いける時に行かなくては、後で後悔する。」と今までの旅の経験から信じているので目を瞑りました。
この時のレポートはhttp://www.tt.em-net.ne.jp/~soy7686/kita.htmlで詳しく書いています。

北朝鮮の空港に飛行機が着くまで、空港は真っ暗でした。
何か、軍事的な意図があったのでしょう。
飛行機が止まってから初めて空港に初めて灯りがつき空港ビルの全景が見えるよう状況で、ホテルに向かう市内も街路灯は点灯されておらず、真っ暗でした。

kita1.jpg泊まったのは羊角島ホテル
ピョンヤンの最高級ホテルは、平壌高麗ホテルですが、今回の私達のツァーは羊角島ホテルです。市内を流れる大同江の中洲の突端にある高層ホテルです。川の中州にある為、必ず橋を渡らなくてはならず、警備が容易に 出来、客の安全が守られる、と云うのが現地の案内人の説明ですが、裏を返せば、勝手に出歩けないと云う立地なのです。
どの客室からも、チュチェ思想塔などのピョンヤンの主な建造物が見渡せる眺めの良いところでした。

ピョンヤン市内観光
ツアーは70人の大所帯、バスは二台に分乗します。
現地の日本語の達者な説明員が一人、バスの後方に日本語が解らない補助員?が二人乗り込んでいます。この二人は お手伝いだそうですが、実際には日本語ペラペラの監視員である事は解りきっています。

説明員の挨拶kita3.jpg
今日から三日間、私が皆さんに説明する言葉のなかで、我が共和国の人口は、面積は、最も高い山はと、説明する時、
当然ながら、南も含んでおります。・・・・うーんなるほど、面白い所に来たな。
何処でも撮影して構いません。
本当に良いの? しかしが付きます。ツァーで一緒に行動している時は、です。
勝手に一人でツァーから離れて撮影は 出来ないのです。

ピョンヤンはテーマパークのような街です。
観光は、北朝鮮政府のプロパガンダをそのまま受け入れることが前提です。金日成の功績の記念碑、巨大建設群と、今回韓国に来た、美女管弦楽楽団と子供たちが健気に演奏する「少年宮」と続きます。今回の平昌オリンピックのニュースで流れてくる「祖国統一」のメロディを何回も現地で聞いたことを思い出しました。
一番驚いたのは、街角でアイスクリームが売っており、ガイドの説明では日本円も使えて50円だと云うのです。50円玉を持っていないと云うと、100円でお釣り50円貰えば良いじゃないですか、という返事。まさかと思い100円出して買ってみると、本当に日本円の50円玉が返ってきました。この街頭のアイスクリーム屋台は、仕込んでる、とかしか思えませんでした。たったバス2台の日本人観光客の為に。

ともかく不思議な街、経験でした。
当然ながら板門店を北側から眺め、アリラン祭マスゲームを見、名物北朝鮮冷麺を食べ、北朝鮮の誇るモスクワそっくりの地下鉄に乗ったりした北朝鮮の思惑通りの北朝鮮ツァーでした。

北朝鮮の動画三部作を公開しているのですが
http://www.tt.em-net.ne.jp/~soy7686/movie02.html
ピョンヤン市内観光、アリラン祭、と板門店の三部作をユーチューブで公開しているのですが、このうち、アリラン祭を除く二本は、北朝鮮政府から著作権侵害要求があったようで、音声が削除されてしまいました。
えー一体どの音楽が著作権侵害なの?、子供たちが歌っている歌なの、板門店に至っては、何が問題なのか解りません。
posted by 西沢 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年02月14日

「行って見たい桜の名所ランキング」あと何回、桜を見ることが出来るだろうか?

昨日、熱海の寒桜を見て、駅構内の河津桜のポスターを見て、誕生日を迎える団塊世代のオジサンは、考えたのです。
ついこの間まで、あと何回桜を見れるか?なんて考えたこともなかったのに、・・・・きっと先月73才で逝った実兄影響もあるのでしょう。

現役時代に見る桜と云ったら、通勤の横須賀線の車窓から見る桜と、通勤路にある日比谷公園の桜と増上寺の桜でした。
この頃、桜は季節を告げる花と云うよりも、新入社員の入って来る時期、新しいプロジェクトの立ち上げる時期、と云う印象が強く、花を愛でる余裕はなく、古稀を前にして全国の桜の名所、全てを見たいなんてことは、更々思ってもみませんでした。

kitakata.jpg日本には桜名所百選と云うのがあります。
これら全てを見るにはどの位の時間・日時が必要なのか考えてみて愕然としました。
桜の季節は年に一度です。開花時期をずらして廻っても、1シーズン最大4か所〜5か所が限度と考えると、最速でも20年かかります。
そのうち、すでに行った事もある箇所も多々あるとしても15年、今年古稀を迎える団塊オジサンは85才になってしまうのです。
日本の桜百選全てを見るためには、もっと早く、若く、体力・パッションがあるうちにスタートしなくてはいけないことを、この齢になって悟ったのでは遅いのですが。

そこで先ず、手始めに全国の桜の名所ベスト10から攻めてみようと思いました。
「行って見たい桜の名所ランキング」
1 日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜/福島県・喜多方※上記掲載画像
2 吉野山(中千本)/奈良県    済
3 三春滝桜/福島県       済
4 熊谷桜堤/埼玉県
5 六義園/東京都        済
6 醍醐寺/京都府        済
7 高田公園/新潟県
8 目黒川/東京都        済
9 白石川堤一目千本桜/宮城県  
10 河津川沿桜並木/静岡県    済

ベスト10のうち、すでに行った事があるのが6か所なので今年の春で楽勝クリアかとかんがえたのですが、今年の春は、すでに京都のホテルをベースにして3日間で、琵琶湖廻りの長浜城、海津大崎と天橋立と京都市内を組んでしまっていますので、行けそうなのは、時期と場所を考えると近場の熊谷と喜多方が限度かなと考えています。

3月で現在担当しているNPOセンターのwebプログラミングの講座が終わるので、じっくりと廻る時期・ルート・費用を今から検討してみます。
posted by 西沢 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年02月13日

春はもうそこ、熱海の寒桜と鎌倉・玉縄桜開花

関東首都圏も毎日厳しい寒さが続いていますが、日本一早咲きと云われています熱海の寒桜が満開との情報が前日のビデオクラブの例会で報告され、翌日お天気も良いので出かけました。
自宅最寄り駅の大船から熱海へは東海道線各駅停車で50分、970円の距離ですから、当然ながら日帰りで旅行とまではいかない、撮影散歩の延長のような場所です。
この日は、3連休の最終日(リタイヤシニアには縁がなく、電車の混みようから振替休日と悟りました)10時半に 熱海に着く電車は満員でした。

atami01.jpg桜まつりの会場は熱海駅から、桜まつりの看板につられて大勢の観光客が熱海・糸川の会場に歩いていますので、 道に迷うことはありません。
昨年、熱海梅園の梅まつりのついでに来て、初めてこの超早咲き桜を知ったのですが、遅すぎでした。今年こそは と行ったのですが、今年の桜まつりは昨日11日に終了していて、屋台もなく、却って観光客は歩きやすかったです。
熱海糸川さくらは、台湾・沖縄地方の寒緋桜(カンヒザクラ)と 関西以西に自然分布する山桜(ヤマザクラ)の交配種です。 毎年1月上旬〜2月。河津桜より約1ヶ月早く咲く。早咲き日本一の桜と呼ばれています。
熱海ではこの早咲き桜を観光温泉町復活の起爆剤の一つとして、市内各所に植えてきました。

atami02.jpg毎年、花火の季節や、梅の季節に何度も来ている熱海ですが、来るたびに、海岸ビーチはリゾート風 に生まれ変わっています。以前はただの砂浜だったものが、ヨットハーバーが造られ、親水公園となり 多くの若者を呼び寄せるようになりました。
昔、私たちが現役の頃は、夕方熱海のホテル集合し、懇親会・忘年会・麻雀大会・ただ飲むだけの 宴会をやって翌朝は現地解散だったものが、カジュアルな宿泊代金のホテルが増え、お土産物通り も、若者、家族連れで賑わっています。
新しい観光名所、熱海サンビーチは陽光が差し、新たに植えられた寒桜の記念碑や、噴水に多くの 人が記念写真を撮っていましたが、この日、結構風が強く、寒い一日でした。

atami04.jpg早咲き、玉縄桜
片道1時間かけて来た熱海、お昼は3連休最終日、滞在客チェックアウト時間と重なり、昼のランチは 何処も満席状態、トイレも満員長蛇の列です。
お昼は地元、勝手知ったる大船でとることにし、実質滞在時間2時間で帰ってきました
大船駅西口にでると、先週まで気が付かなかった鎌倉の早咲き桜、私が済む地域の名前を冠した 「玉縄桜」が数輪咲いてきていました。
伊豆の河津桜も咲き始めたようで、一気に関東南部・湘南に桜の季節がやってきます
posted by 西沢 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年02月12日

シニア世代の本音、投稿掲示板

55才で早期リタイヤしてから、団塊リタイヤ世代が集まるサイトを開設しました。もう15年になります。
当初は、定年後の過ごし方の一つとして、現役時代から憧れていた、移住ではなく、生活の基礎は日本においてある一定期間、暮らすように旅するスタイルのロングステイ情報を中心に、旅好きの人が集まるサイトに成長しました。

しかし、近年団塊世代が古稀を迎える時期になると、当然予想されたことですが、海外ロングステイをする人は少なくなり、今の日本の、終の棲家に落ち着き、生活を楽しむことに推移しています。そして、話題は旅や世界遺産から、自分の健康、病気、親の死、介護、終活へと移っていき、投稿する読者は50代後半から退職を迎えようとしている60代半ばの人達が中心となってきています。

リタイヤ年金世代は複合的な問題を抱えているのが、この掲示版に反映されています。
自分自身の老後資金、健康、親の介護、子供たちの自立。
特に、私も含め、親の介護問題が当面の課題です。
今週、切実な、本音の投稿がありました。

老いは醜い。
母親を見ているとそう思う。
なんでも食べ散らかして、子供のものまで食べてしまう。こちらが何か食べていると、じっと凝視している。
すごい臭気を発しながら、あたりを徘徊する。オムツをきっちりと使っていないのとすごい量の薬を飲んでいるせいなんだろう。
こちらの生活を制限しても平気なようだ。介護施設にデイサービスでいいから行ってくれと言っても、行かないと言う。
うちの母親の特性なんだろうか。
嫌悪感を感じて、ついついきつい言葉をかけてしまう。
昔から好きになれない親だった。
自分はこういう風にはなりたくないと思うが、先のことはわからない。ちょっと恐怖を感じる。

この投稿に対して、同じ世代の男女お二人が返信投稿しています。
詳しくは定年後の過ごし方・ロングステイ・みんなの伝言/情報版
http://wwweb.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi をご覧ください。

この投稿掲示板に実際に投稿する方は少ないものの、アクセス数は一日1,000人以上の方々が見に来ています。一度覗いてみて下さい。投稿には何の制限もありません。登録も不要ですが、投稿は大人の理性、常識の範囲内でお願いします。
posted by 西沢 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年02月11日

単身・独身高齢者の死、その後の後始末

実兄が亡くなって20日が過ぎ、その後、病院への支払いや後始末の様子を電話で訊ねてみました。実家の次兄によると
「亡くなってから葬式・荼毘までは、ホスピスへの入院の日から想定していた通りで、特に迷いも混乱もなく過ぎましたが、思いもよらない、想定外のことも多々ある」と云います。

想定内・想定外のやらなくてはならないこと
・ホスピスへの支払い(月単位なので、死亡した月の月末或いは翌月)
年金関係 各所への通知と手続き
 公的年金は偶数月に支払われるので、二月は亡くなった1月分のみになりますが、本人が死亡し
ていますのでこの時点の法定相続人に支払われます。
 今回の場合、次兄が受取人になりますが、この手続きをしなくてはなりません。
 個人年金の場合これまで一年単位で受け取っており、残りは本人死亡時に一括払いとなります
から、これも請求手続きをしなくてはなりませんでした。
・年会費などが発生している、各種契約の解除手続き
 クレジットカードを含め、年会費などをカード自動引き落とししているものは、契約解除しま
せんと、づっと引き落とされてしまいますから、出来れば事前に調べておくべきなのですが、
間に合わない場合は、クレジットカード引き落とし詳細をみるしか方法はないでしょう。

・アパートの立ち退き
 亡くなった兄は一人暮らし、翌月の締め日までに立ち退かないと、家賃が新たに発生しますの
でやらなくてはならないのですが、これが一番大変だと、次兄の話です。
 一般的な衣類・書籍類はゴミとして、指定された日・場所に有料ゴミ袋で出せます。しかし、
整理・仕分けにかなり時間、手間がかかり何度かに分けてだしたようです。
 大型家具、家電類は、兄の友人の産廃処理の業者さんに有料でお願いしました。

・公共料金支払いの停止
 アパート住まいだった兄の部屋が全部片付いたところで、公共料金の支払い停止の手続きをし
ました。

これ等が済み、最後に残されたのが、亡くなった兄が残していった僅かばかり預貯金の処理です。亡くなる一週間前に、次兄と姉の二人で兄のキャシュカードと預金通帳で全貯金の半分を数回に分けて、CDコーナーから降ろした
そうです。亡くなってすぐに発生する、葬儀費用、入院費の支払いの為で、几帳面な次兄は、その後の遺産相続の時為に全て記録していました。

「とらさん」状態であった生涯独身の兄ですが、自分の老後、病気、入院、葬儀、その後の後始末に備えてかどうか解りませんが、
ある程度、残された兄弟に迷惑が掛からない程度のお金を残していきました。
これらは、49日が過ぎ頃、遅い信州に春の日差しが戻ってくる頃、父・母が眠っている、市営墓地に納骨してから、精算する予定です。

納骨にしても、実は管理の費用は発生するのです。
墓誌に、新た兄の名前を彫るのに、石屋さんはお墓へ墓誌を取りに行き、工場で彫刻師、再びお墓に戻すその費用お坊さんに来てもらい、納骨をする、費用・車での送迎その後、お斎会席の費用、この分も兄が残したお金で支払うので、確保しておかねばなりません。

私は、次兄に兄の残した遺産について、ほぼ放棄する旨伝えています。
確かに、信州に住む、姉・次兄と違って、鎌倉・実家間の交通費がかかり、兄弟思い出旅行の全経費などを負担していますが、姉・次兄などの日々の介護の苦労に比べれば、私は全く何もしてないのも同然なのですから。
そして、実家を継いだ次兄は、これからも、亡くなった父・母・長兄の弔いの為に、田舎のお寺さんと付き合っていかなくてはならないのです。最初の一年は月命日と称して、お坊さんがやってくるそうです。
次の年からは、命日・お盆には来てお経をあげて行きます。その他に、教徒代表からお寺の修復やらの寄付が定期的に回ってくるそうです。

これらの費用を次兄のみならず、次兄が亡くなった後のこれまた、就職氷河時代・団塊ジュニア・独身の甥っ子まで引き継がせることになりますから、8ケタの大金の遺産ならいざ知らず、7ケタ以下だろう遺産は全て、実家を継いでいる次兄にお願いしようと思っています。

自分の時のマニュアル造りを進めなくては。
posted by 西沢 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2018年02月10日

外国人が選ぶ日本の世界遺産・名所・絶景ベスト30

TVで今、流行り、トレンドの外国人観光客から見た「日本絶賛・大好き」的番組と承知して見ていました。私たち日本人が見過ごしている、外国人目線の絶景・興味があるのは何処かと期待して見たのですが・・・
ベスト30から紹介すると
第30位:鎌倉(神奈川県)
第29位:飛騨高山(岐阜県)
第28位:ジブリ美術館(東京都)
第27位:兼六園(石川県)
第26位:秋葉原(東京都)
第25位:二条城(京都府)
第24位:渋谷(東京都)
第23位:沖縄美ら海水族館(沖縄県)
第22位:慈照寺(銀閣寺)(京都府)
第21位:龍安寺(京都府)
第20位:築地(東京都)
第19位:箱根(神奈川県)
第18位:知床(北海道)
第17位:平等院鳳凰堂(京都府)
第16位:姫路城(兵庫県)
第15位:明治神宮(東京都)
第14位:浅草寺(東京都)
第13位:嵐山(京都府)
第12位:日光(栃木県)
第11位:皇居(東京都)
第10位:東京スカイツリー(東京都)
第9位:厳島神社(広島県)
第8位:原爆ドーム(広島県)
第7位:大阪城(大阪府)
第6位:清水寺(京都府)
第5位:東京タワー(東京都)
第4位:鹿苑寺(金閣寺)(京都府)
第3位:東大寺(奈良県)
第2位:伏見稲荷大社(京都府)
第1位:富士山(静岡県・山梨県)

最初に、自分の住む町鎌倉が登場したのは、まあ当然という特別意識は鎌倉市民としてははありますが、他はそんなに、一つを除いては目新しいものではありませんでしたし、行ったこともあります。
その唯一は、第28位:ジブリ美術館。ふーんそうなんだ、世代が違うのかもしれませんね。
手塚治虫とか、赤塚不二夫記念館的なものなら興味はあるのですが。

55才でリタイヤして以降、ずっと海外が中心でしたが、65才を境に国内旅行に切り替えていますので、これらはジブリ美術館を除いて全て行っています。三鷹にあるのは知っていますが、チケットは全て予約制なので行きそびれていますが、さあどうしようか!

posted by 西沢 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2018年02月09日

夫の定年後は、夫婦間のルール造りのお薦め

スポーツ仲間の女性から、来月夫が65才で退職するけど・・・と浮かぬ顔をしています。
お宅はどうしている・・?と云うので、退職リタイヤ先輩として我が家の幾つかのルールをアドバイスしました。

1,食事についてのルール
 ・朝食は妻が造る、トースト、野菜サラダ、卵料理、ヨーグルト+果物とコーヒー
  基本的に毎日同じメニュー、起床時間・食べる時間は自由、食器洗いは夫。
 ・昼食は妻は造らない、各々勝手に食べる。外食昼食は500円まで家計費負担。
 ・夕食は一緒に食べる、食器洗いは二人でする。

2,買い物 
 ・重い物、かさばる物は夫の役目

3,掃除・洗濯 
 ・バスルーム・トイレは夫の当番、洗濯は妻、洗濯ものの取り込みは夫。

4 ・車 
 ・駅までの車による送迎はしない、バス、タクシーで行く、自己負担。

5,スケジュール 
 ・月曜日〜金曜日までの各々二人の予定を共通カレンダーに記入し、二人とも
  1日中家にることをなくす。
 ・半日単位でどちらかのスケジュールに合わせて、在宅、外出する。

6,旅行など 
 ・基本的に二ケ月に一度、一泊以上の旅行に行く。

7,お金について
 ・夫退職時に、夫・妻ともに干渉しない小遣い口座を持つ、出来れば100万。
 ・家計・資産を管理している方は月に一度、現在の内容を解るように公開する。
 ・毎月、夫・妻共に同額の小遣いを確保する。(現役時の半分 3万程度)
 ・年間予算に交際費、教養娯楽費を設け、夫・妻ともにこの予算内で融通しあう。
 ・年間医療費予算を設ける。
 ・バイト収入は全て、本人のものとする。

8、その他
 ・退職後、趣味もやりたい事もなく家てブラブラしている夫にたいして、
  他人と比較してのアドバイスはしない。
 ・何時かは自分で動き出すのを待つ。
 ・数か月は待つ、男は他人と比較されるのを嫌う。
 ・直接云うのではなく、さりげなく地域の情報などを目につくところに、置いておく。

我が家は子供がいない家庭なので、づつとこのような退職後生活です。
参考になるかどうかは、家庭事情によって違うとは思いますが、夫は現役時と変わらなくてはいけません。
posted by 西沢 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ