CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年08月11日

海外旅行で貯まっていたマイレージを、国内旅行で使い切ろう

航空会社のフライト距離に応じたマイレージが、時にはパック旅行や格安航空券でもつくようになったのは、何時頃からだろう?
もう30年以上前からでしょうか?
旅行会社に勤め、頻繁に添乗員として団体旅行に同行していた、旅仲間の友人から、ダメ元で良いから、乗る航空会社のマイレージカードを造るように勧められ、乗る度に各航空会社のマイレージカード造つてきました。
やがて、世界の航空会社の提携グループ化が進み、今では 「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」の3枚持っていればほぼカバーできるようです。

mail01.jpg 「スターアライアンス」グループで私が利用して来た主なメンバーは全日空・ユナイテッド・タイ国際航空・オーストラリア航空・シンガポール航空

「スカイチーム」グループで私が利用して来た主なメンバーはデルタ航空・ベトナム航空・ガルーダインドネシア航空・チャイナエアライン等

「ワンワールド」グループで私が利用して来た主なメンバーは日本航空・キャセイ航空・マレーシア航空・カンタス航空などです。

詳しい情報はhttps://www.free-bird.co.jp/statics/calist/alliance.aspご参照下さい。

私が一番頻繁に海外旅行、それも世界の果てまでの個人旅行をしていた最初の頃は
これらの航空会社の一つづつ持っていました。
いつか、退職した老後、これらのマイレージを使おうと考えていたのです。
やがて、世界の航空会社のグループ化が進み、一番貯めていた南米路線に強い、ユナイテッドと、アジアに路線の多い、ノースウエストの二枚に絞りました。

しかし、航空会社不況、合併、格安航空券にマイルが付かないケースが増えていき、いつしかマイレージを積み立てることを忘れていました。
65才で海外旅行を卒業し、国内旅行に専念するようになった時、改めてカードを調べてみて愕然としました。
二人で世界一周旅行を2回分ほど貯めていた、ユナイテッドのこれまでのマイルが消滅していました。残っていたのは、クレジットカードの買い物分だけです。
永久不滅マイルと謳っていたノースウエストはデルタに吸収合併され、その時にデルタカードに切り替えなかったので、これまたほとんど残っていませんでした。

改めて、 「スターアライアンス」のユナイテッドのクレジットカードで毎月の公共料金の引き落としをし、たびたび使えるマイルを見てみるとカミサンは3万マイル、私は6万マイルでした。
これを国内旅行の全日空に当てはめる、夫婦二人国内往復は4回、1往復一人1万マイル計算です。
但し、沖縄は往復1.5万マイルです。

mail02.jpgデルタのマイルは、カミサン4.8万、私も5.4万マイル
しかし、スカイチームの国内旅行は、「スカイマーク」しか使えず、1往復2万マイル、片道でも2万マイル、と効率は悪いです。
私たち関東首都圏の羽田から利用できる空港は

羽田 (HND) - 新千歳 (札幌、CTS)
羽田 (HND) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
羽田 (HND) - 鹿児島 (KOJ)
羽田 (HND) - 福岡 (FUK)
羽田 (HND) - 長崎 (NGS)

二人で利用すると、国内は二回しか使えません。
しかも、デルタの場合、マイル特典旅行のデッドデーがかなりあるのです。
2019年の場合
2019年2019年3月31日〜2019年4月07日
2019年2019年4月26日〜2019年5月07日
2019年2019年6月14日〜2019年9月01日
2019年2019年9月13日〜2019年9月17日
2019年2019年9月20日〜2019年9月24日
2019年2019年10月11日〜2019年10月15日 この期間は特典旅行は使えません。

では、何処で使うか?
どうせ使うのなら、一番遠い場所、那覇、鹿児島、札幌と決めています。

02.jpg昨年、ユナイテッド(全日空)のマイレージを使いました。
使った場所は「稚内」です。
利尻・礼文へのは起点となる町、「稚内」は唯一全日空が羽田からと、札幌から飛んでいます。
個人旅行どころか、団体パック旅行でもシーズンの6〜8月の利尻・礼文は高くつくので、計画通り往復マイルを使い、個人旅行ながら2泊3日、我が家の国内旅行予算の二人で10万円以内に納まりました。

今年は同じく北海道です。
9月に予定している日本一早い紅葉、大雪山の紅葉を見る為に旭川に飛ぼうと計画しました。
旭川はスカイマークは路線がないので、ユナイテッド(全日空)のマイレージを使います。
ユナイテッド(全日空)のマイレージは、片道5,000マイルと規定されており、復路は別の空港を選べますから今回の旅は、往路羽田・旭川、復路新千歳・羽田にしました。
これで2名、往復20,000マイル。デルタの倍は使えるのです。

残ってるマイルを早いうちに、元気なうちに使ってしまおうと、考えています。
先ずは使いづらいデルタのマイルから使おうと考えています。

計画は、今年12月日本一早い「菜の花畑と開聞岳」を見る為に、本土で一番遠い鹿児島に行く予定です。
お正月休みギリギリになるとデッドデーになる可能性があるのと、スカイマーク利用の特典旅行申込み日から 14 日以降、60 日以内である必要があり、なかなか難しいのです。

ともかく、気力・体力・好奇心が残っている間に、マイルを使って、国内のJRでは行きつらい所で使ってしまおう。
posted by 西沢 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ