CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月13日

シニアライフに六か月に一度の眼科検診が追加、緑内障にそなえて

昨日、掛かり付けの眼科医院に行ってきました。
9時診療開始なので、15分前にいけば良いと考えていたら、大間違い。小さな受付、待合室は女性を中心としたシニアの患者さんで、座る場所もありませんてした。
目で追って数えると12名ぐらいでしょうか?

me02.jpgこの日は、私は9時15分の視野検査を予約していました。
視野検査、いやそれ以前に現役時代、眼科に行く機会は全くありませんでした。
退職してから、カミサンはシニア女性に多い白内障を怖がって、眼科に行き、私にこれまたシニア男性に多い、緑内障の小冊子を渡して、成人後失明原因の上位が糖尿病と緑内障と書いてあるから、一度行って、失明してから、私の世話になりたくないでしょう。
「うーん、それは嫌だ、何を喰わされるか解ったものでないから」
という事で、半年に一度、眼科医院に通っています。

緑内障の症状
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその原因のひとつと云われています。
一般的に自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあるようで、視神経の障害はゆつくりと起こり、視野も少しづづ狭くなっていくのですが、片目が侵されても、もう片目が補ってしまうので、なかなか気が付かない
うちに進行し、ある日突然失明ということもあるようです。

早期発見・早期治療
自覚症状がないので、もっとも重要なことは定期的な検査ではやく発見し、病気の進行を食い止めることです。検査は3つ
1,眼圧検査
  正常の眼圧は10〜20 mmHgで、この日私は日本人シニア男性平均の16でした。
2,眼底検査
  水晶体の一番奥、レンズで云うと映像を結ぶ視神経が集まった壁の凹凸の形を
  特殊コンピーターで撮影します。数年前まで、ドクターが拡大鏡で見ていたのですが、
  若い息子さんの代になって、コンピーター化されました。

3,視野検査
 ランダムに投影される光の点を凝視して、手元のボタンを押して、実際の見える範囲、
 見えない範囲を点描グラフ化して、視野と盲点を調べる検査。
 これが、辛い、疲れるので嫌いなんです。
 同じ姿勢を保ち、片目づづ一点を凝視するのですが、時間は片目5分程度、年齢を
 重ねるにつれ、うわ瞼が下がり気味になり、見えづらくなり私はいつもとても
 疲れた気分になります。


me01.jpgどんなときに検査が必要なのか?
次のような状態があるときは眼底の病気を考え、検査を行う必要があると云われています。

1 .飛蚊症(虫が飛ぶように見える)があるとき
2 .変視症(物が歪んで見える)があるとき
3 .視野欠損(視野の一部が欠けて見える)があるとき
4 .中心暗点(中心部が暗い)があるとき
5 .急に暗くなったとき、もしくは、見えなくなったとき
6 .症状なくても糖尿病や高血圧があるとき

ドクターは半年に一度の定期的な検査が必要と云い、帰りの会計窓口で、次回半年後の予約を薦めます。しかし、一般的には、一年に一度と、医療機関においてある小冊子にはかかれています。
さて、本日の医療費は幾らだったか
再診料        282
検査 屈折      69
矯正視力       69
角膜曲率半径計測   84
細隙燈顕微鏡検査   48
精密眼圧測定     82
精密眼底検査     112
眼底三次元画像解析  200
静的量的視野検査 右 290
静的量的視野検査 左 290
合計 1,526点 ×10  15,260円 2割負担 支払い医療費 3,050円

半年に一度で3,000円なら、安いとおもうか? 何ともないのの安心確認料で、高いとおもうか?

posted by 西沢 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ