CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月14日

私は味音痴・鼻音痴なのか、蕎麦の香りが解らないし、特別美味いとも思わない

日本人は蕎麦好きが多い・・・と思います。
TV画面でも、タレント・俳優が上手そうに蕎麦を食べて、新蕎麦の香りは違うと語ります。
私は、信州生まれ、高校まで信州で育ちました。
しかし、蕎麦の美味さは解りません。
香りとか、のど越し、とか云いますが、解りません。

soba.jpg東京に出て来て、有名店の白い蕎麦を食べた時、なんだこれは、ソーメンではないかと思いました。それは「更科そば」で、蕎麦の実の中心部分だけを使った、本当の美味さが解る、江戸っ子の蕎麦だそうですが、全く違いが解らないどころか、私のなかで、一番美味いと思ったのは高校時代の卒業間際、友人と二人で朝早く戸隠に遊びに行って、戸隠神社中社脇のそば屋さんで食べた、蕎麦です。

当時は知りませんでしたが、しわゆる黒い「田舎蕎麦」だったのでしよう。
17才の少年二人は、今、現代のように気軽に外食できるような環境ではありませんでした。
学校帰りに「大判焼き」を食べるのが、唯一の外食、買い食いだったのです。
古稀を過ぎた今でも、あの時の蕎麦より美味しい蕎麦は食べたことはありません。

鎌倉に住んでいると、観光客から「美味しいランチ」を聞かれますが、鎌倉中心部には、地元民が推奨できる安くて、美味しいお店は有りません。
※唯一、お値段、ボリュウームも味も満足出来るお店はあるのですが、教えません。
若宮大通りに何時も観光客が行列しているお蕎麦屋さんがありますが、入ったことはありません。だって天せいろが1,250円もするのですよ。
国内旅行に切り替えてから、毎月色々な観光地に行きますが、
なんで野菜天ぷらもり蕎麦が、1,200〜1,500円もするの
海沿いのお店に行くと、アジフライ定食が1,300円もするの?
シラス丼がなんで1,000円もするの?

毎月、一泊以上の国内旅行をしていると、観光地だから、旅行先だから、特別感はないです。
国内旅行が定年後の生活の一部になっているので、私たち夫婦二人の食事予算でやってます。

gyoza.jpg名物に美味いものなし・・・と云いますが
先週、宇都宮を旅していて、地元の同い年のボランティアガイドさんとじっくり話したことがあります。
宇都宮の名物の餃子の話になった時、カミサンが、話を合わせるように「何処の餃子がお薦めですか」と質問するとここだけの話、私は特に宇都宮の餃子が特別美味しいと思ったことはありませんし、何で観光客が長い時間行列して食べるのか、解りません。
家庭料理なんですから、自分の家の餃子が一番美味いと思っています。
でもそれは「味の素冷凍餃子」なんです。と云い、思わず私は、同い年のボランティアガイドさんと握手しました。
posted by 西沢 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ