CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月10日

年金・リタイヤシニアおひとり様が行く、関東の桜幸手権現堂桜堤

現役中は桜の季節は、新年度事業がスタートしたり、新入社員が入って来たりして、桜は毎日の通勤電車の車窓から眺めるのと週末の夜のお花見宴会ぐらいで、特別な感情はありませんでした。退職して、自分の時間・空間をコントロールできるようになり、自分の撮った画像や動画が、簡単に個人レベルで世間に公開できるネット・電子技術環境になってからは、被写体として絶好の素材と意識するようになりました。

桜はお天気の良い日、そして咲き具合。
定年退職後、春の桜の季節京都を中心に出かけました。
しかし、お天気と桜開花がドンピシャリと合うのは稀です。
吉野の桜を目指した時も、何回も宿をキャンセルしたものの、たった二日遅かったこともありました。昨年は、関東も関西も、平年よりも開花が早く、琵琶湖湖畔は全て散っていました。

今年の関東の桜は変です。
東京都内都心の桜は平年よりも四日早かったのですが、私の住む湘南エリアは、平年通りまたは、平年よりも若干遅めでした。
そして、私に残された春は後何回と意識しだした今年の目標の桜は、関東でも有数の人気地「桜幸手権現堂桜堤」です。
三月末から四月に入ると、毎日ネットで桜幸手権現堂桜の開花状況とお天気を見ていました。
私の理想とする日は
1,平日(土日は混み過ぎそうですから)
2,満開からニ三日後(一番絵になります)
3,お天気は、やはり青空にこしたことはないのですが

 上記条件を全てクリアしたのが4月9日(火)です。

幸手権現堂桜堤への行き方
sa01.jpg
湘南から埼玉県も栃木県境の幸手までは色々なルートがあります。
退職後年金ライフの鉄則、自分への「縛り」は
条件によつては変えていますが、原則「早い」よりは「安い」を選択
世の中便利になり、目的地までのルート選びは色々な条件で検索できます。
湘南から幸手まで一番安いのは、徹底的にJRを使わずに私鉄にすると、最大で片道400円以上安くなります。
急ぐ旅でもないので、座ってゆっくり行ければ良いのですが、大船・横浜間のみJR、その後は東急東横線、メトロ半蔵門線・東武日光線と乗り継ぐと、ターミナール駅での混雑、座れないかもしれない、都内は地下鉄のみで外が見れない・・・
結局、大船・上野・北千住までJR、後は東武の急行で幸手に着きました。
交通費は1,433円
幸手駅から、権現堂桜堤まではバス便もありますが、一時間に一本ですし、距離は2Kmですから、私の定年後の歩ける距離メーターから
いくと、楽勝の距離なので、躊躇なく歩きます。
幸手駅から幸手権現堂桜堤へは、昔の「日光街道」です。
観光協会のマップはとても見やすく、全く迷わずに25分で到着しました。

sa02.jpg4月9日(火)平日 結構の人出です。
観光協会の方のお話では、先週の土日6,7がピークだったそうで、日光街道の歩道は、さくら観光客で溢れていたそうです。
昨日は雨でした。この日は幸手祭りの最終日で、この日の夜から屋台・夜店の撤収にかかるそうです。
ここまでは、外国人観光客は来ていないだろうと思っていましたが、来ています。
中国・台湾系、或いは韓国系のアジア人なので、それほど解りませんが、はっきりと解る瞬間は、カメラの前に立った時のポーズです。
文字通り記念写真、来た証拠写真が欲しいのです。
何の為、インスタ、フェーブックでUPして、自慢・誇示したからなんでしょう。
日本人カップルの写真は、二人の思い出の共有のためです。

他の桜観光地では少なく、この幸手権現堂桜堤で多く見かけたのは、シニア男性一人旅です。
桜見物と云えば、多くはカップル、グループが多いのですが、ここ関東のさくらベスト10上位にランクされている名所では大型一眼レフカメラや、高級機種ビデオカメラ、三脚を抱えたシニア男性が目立ちます。皆さんお一人様です。
今回の私も、年金・リタイヤシニアおひとり様です。

sa03.jpg元もと、今年はカミサンと一緒にこの桜名所「幸手権現堂桜堤」に来る予定でしたが、開花状況とお天気の判断で4月9日と決めたのですが、カミサンはこの日、お友達鎌倉婦人との食事会の予定が入っていました。
夫と栃木・埼玉県境の桜名所に2時間半かけて行くか?、お友達との食事会へ行くか?
迷うはずはありません。
私も、じっくりと撮影したいので、「あっそうね楽しんだね、僕は一人で行くから」。

幸手権現堂桜堤は思っていたよりも良かったです。
何よりも、桜の手前の菜の花畑が、他の都内公園にはない借景があるからです。
でも・・・写真クラブの例会写真には向きません。
あまりにも絵画的であり過ぎ、どこを撮っても「何処かで見た写真」になつてしまいます。
動画ならまだ、写真と違って編集によってオリジナリティがだせるかもしれません。

sa05.jpg自宅から2.5時間かけて、最寄駅に着き、歩いて30分で目的地
目的地滞在時間、90分で再び最寄り駅まで30分歩き
帰りも自宅まで2.5時間の予定が、東武線の架線トラブルで車内に30分缶詰がありました。

朝8時半に家を出て、帰宅は午後の4時半
カミサンはお昼のランチ食事会なのにまだ帰宅していませんでした。
交通費往復3,000円、お昼ご飯は北千住駅ターミナル内の「てんや」天丼がいつの間にか540円に値上がりしていた。
カミサンのランチは幾らだったのだろうか・・・

さて、これで都内・関東の桜は終わった。
来週目月曜日から、南東北の桜ツァーに乗っかる。
ネット情報では平年よりも6日遅れの開花予測・・・
ツァーだから、花が咲いてなくても以下なくちぁ・・・
posted by 西沢 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ