CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月06日

年金シニアの格安温泉旅行 初めての山形の旅 銀山温泉

ginn01.jpg山形のかなり辺鄙な雪深い温泉地、銀山温泉を知ったのはかなり前のこと、ちょうど早期退職した 2003年、銀山温泉の老舗旅館「藤屋」の和服を着こなした外国人美人金髪女将さんジニーさんを起用したTVCMでした。
ジニーさんは女将業と子育てに加え、華道、茶道など日本の伝統文化を身につけた“大和撫子”として登場。 「ニッポン人には、日本が足りない」というCMコピーとともに、 日本人以上に日本文化や習慣を理解する米国人として有名になり、同時に銀山温泉を全国区にしました。

ginn07.jpgこのおかみさんは二人の子供を連れて帰国、その後現在に至るまで帰ってきていません。
もう一つ、銀山を有名にしているのが、かの超有名NHK朝ドラ「おしん」の奉公先モデル撮影地として、 ここ銀山温泉が使われたということです。
確かに、雪に覆われた山形最上川の小舟での今でも心に残る別れのシーンと、3月末だと云うのに雪に 覆われた銀山温泉街のノスタルジックな大正ロマンかおる佇まいは、あのドラマとマッチしています。

銀山温泉の一人勝ち神話
ginn02.jpg山形には、今回私たちが泊まった「天童温泉」の他に名の通った温泉地は沢山あります。
温泉専門サイトで推奨する山形の有名どころは
 大正レトロな町並みが人気「銀山温泉」
 強酸性の湯「蔵王温泉」
 日本海側を代表する鶴岡、「あつみ温泉」
 傷が癒える湯!?「肘折温泉」(大蔵村)
 情緒あふれる温泉城下町「かみのやま温泉」
 共同浴場の豊富な「赤湯温泉」

銀山は交通アクセスが悪いのに何故?ginn04.jpg
銀山温泉の最寄り駅は、奥羽線「大石田」駅です。
山形新幹線停車駅ですが、13時台に2本の他、その他の時間帯は1時間に1本、山形からの各駅停車も 1時間に一本です。新幹線と云っても狭軌在来線の単線を走るのですれ違い時間が多く、新幹線では 山形から30分、各駅ですと約1時間かかります。
そして、大石田からのバス便は1日5便のみとなります。
はながさバス参照

ginn06.jpg銀山温泉は一時、おしんと外国人おかみで、他の温泉街よりもアクセス環境が悪いのに活況を博したのですが 2011東日本大震災で観光客の落ち込みが激しく、ピーク時の半分ほどになったのですが、復活したのは、 まさにインバウンド、外国人観光客のせいと、温泉街あげての改革でした。
一つには、街並みを古いノスタルジックジャパンに統一し、外国人向けサイトを充実させ、海外のTV、 映画ロケを積極的に誘致して、古き良き日本の温泉地をアピールしました。
そして、SNSの効果も大きく、Instagramで「#銀山温泉」とハッシュタグを付けて画像を付けた書き込みは、 1月24日時点で3万3000件超。多くの人が雪のちらつく夜の銀山温泉を撮影して投稿している。
「#ginzanonsen」も約4000件ほどの投稿があり、「国内外の方が情報発信をしている。 銀山温泉で検索をした方が十分に魅力を感じることができ、 実際現地に訪れていただくことにつながっている」(商工観光課)のだといます。

もう一つの理由はginn03.jpg
団体客よりも個人客にターゲットをしぼったこと。
私たちが銀山温泉に着いたのは一番のバスで入った10時半から帰りのバス13時25分の3時間ですから、 温泉街には、団体宿泊旅行客は全くいませんでした。
そもそも、銀山温泉には団体客用の大型宿泊部屋があるホテルは、入口に一つあるだけです。 銀山温泉組合は、最初から個人客をターゲットにしているのです。 それ故に、銀山温泉に行きたいが、高い、予約がし難いとの印象が広がっているのを、温泉街の人達は 憂いていました。
温泉街じたいに見るところは少ない
観光的には、温泉街の一番奥にある「白銀の滝」のみです。
銀山温泉の最大の売りは、レトロな東北の温泉街の佇みと、雪と、ガス灯に照らし出される夜景なのです。

ginn05.jpg私たちの行った3月27日の銀山温泉はときおり、小雪が舞い寒い日で、温度計は3度でした。
温泉街を端から端まで歩いて、滝を見て、お土産物屋さんを覗いても帰りのバスまで、3時間はつぶせません。 そこで、事前にしらべておいた、日帰り湯で一番評判のよかった、「瀧見館」でお風呂に入り帰りの時間まで ゆつくりとすることにしました。
※銀山温泉には、温泉組合経営の著名建築家「隈研吾」氏設計の共同浴場「しろがねの湯」があるのですが、 この日は水曜日で休館日でした。
わりと閑散としたイメージの温泉街だったのは、水曜日でお休みのところが多かったかもしれません。 でも、温泉街のお店、旅館に定休日があるんですね。

温泉街の各旅館の半数ほどは、日帰り入浴をやっています。
時間帯は、宿泊客が帰った後11時から、この日の新規客チェツインの3時までが一般的のようです。 入浴料は600円、フェースタオルは300円販売、バスタオルは200円レンタルでした。
日帰り入浴のほとんどは、若い世代のカップル、グループのようで、有名温泉場で良く見かけるオバサンシニア グループは全くいませんでした。

それでも時間は余ってしまいます。ginn10.jpg
露天風呂に入って滝をじっくりと眺めても、30分も入っていることは出来ません。 この瀧見館では、日帰り入浴客専用のちょつと横になって寛げる場所は特別提供していませんので、ロビー にいるしかありません。バスの出る1時間前にバス停にいきましたが、外は寒く、近くに公衆トイレはないので 、バス停そばの銀山温泉で一番大きいホテル「銀山荘」に行き、トイレを借りることにしました。
ロビーは暖かく、カミサンの大好きなお土産も沢山あります。
フロントスタッフはとても親切で、「バスがくるまでここでゆっくりして下さい。 無料のコーヒーサーバーもどうぞ自由にお使い下さい。」・・・と云ってくれます。
マネジャーは「私たちは皆さんのようなシニア個人客を大切にしています。次に銀山温泉に来るときは 是非、泊まって、美しい夕景を撮影して下さい。」とおっしゃって下さいました。
次に来る機会は解りませんが、ネツト、SNSでこの銀山荘の対応の良さはしっかりと書いておきます、とお礼 申し上げました。
銀山温泉・銀山荘さん、寒いなか、本当にありがとうございました。
但し、高級すぎて私たちは泊まれないかも(一泊2食付き二人で38,000円、但しネット上の言い値ですが)
居心地の良い銀山荘でのんびりし過ぎたのか、帰りのバス停は長蛇の列で満員。大井田まで40分立って帰える ことになりました。まあ個人自由旅行にはよくあるケースです。
posted by 西沢 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ