CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月04日

NHKスペシャル ミッシングワーカー

NHKは国民の公共放送と云う。
だから受信料を払う義務がある、と云う。
そんな理由ではなく、私はづっとNHKの受信料を払っています。
理由の一つが、今回のような社会底辺や、裏側で起こっている問題、それも長期的、ロングスパンアイでみると、将来の私たちの生活に重大な影響を及ぼす問題について、提起・警告してくる番組を制作しているからです。

確かにNHKの芸能・バラエティ・音楽・娯楽番組はつまらない、なんでこんな社会感覚、センスとずれた番組を大金をかけて造るのかと、腹立たしいこともありますが、NHKスペシャルで取り上げる社会問題が今後も作成・放映される限り、ちゃんと受信料は払います。

worker.jpg一昨日放送されたのは、「ミッシング・ワーカー」と云う初めて聞く言葉のタイトルでした。


雇用市場統計から消えた、もれた、働くことを諦めた働き盛りの人達
今、働き盛りのはずの40代・50代に異変が起きている。
長期間、働けずにいる労働者が急増しているのだ。
彼らは求職活動をしていないため、雇用統計の「失業者」に反映されず、労働市場から“消えた”状態だ。こうした人は先進各国でも増加し、欧米の社会学者は「ミッシング・ワーカー」として問題視している。
日本では、40代・50代の「失業者」の数は72万人。一方、専門家の推計で「ミッシング・ワーカー」は103万人に上る。
背景には、非正規労働の急増がある。
非正規労働者は転職を繰り返すうちに、低賃金かつ劣悪な仕事しかなくなり、転職に失敗すと、八方ふさがりの状況に陥る。
中高年になると病気や親の介護など、様々なことから転職につまずき、その結果、労働市場から排除された状態が長く続き、「ミッシング・ワーカー」となってしまうのだ。

さらに深刻なのは、独身中高年が増えていることだ。
40代・50代の独身中高年は、650万人。
親の年金などに依存していると「消えた労働者」の問題が見えにくく、支援が行き届かないまま事態が深刻化するケースが続出している。
番組では、「ミッシング・ワーカー」の実態に密着ルポで迫るとともに、解決の糸口を探る。


私たち団塊世代の周りには、この問題を抱える、抱えそうになる予備軍が沢山います。
きっとみんな見ていて、何時しか自分の家庭、子供たちもと思っている方は沢山いるでしょう。
私たち夫婦のお互いの兄弟姉妹の間でも、未婚の四十代男性5人います。
そのうち二人は非正規・派遣労働者で、親と同居しています。
もし、親が重度の介護が必要となったら・・・・この番組の状況になるでしょう。

TVの向こう側の世界の話ではなく、身近にある、起きりうる話として、団塊世代の私たちはいつも見ています。
posted by 西沢 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ