CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月09日

夫の定年後は、夫婦間のルール造りのお薦め

スポーツ仲間の女性から、来月夫が65才で退職するけど・・・と浮かぬ顔をしています。
お宅はどうしている・・?と云うので、退職リタイヤ先輩として我が家の幾つかのルールをアドバイスしました。

1,食事についてのルール
 ・朝食は妻が造る、トースト、野菜サラダ、卵料理、ヨーグルト+果物とコーヒー
  基本的に毎日同じメニュー、起床時間・食べる時間は自由、食器洗いは夫。
 ・昼食は妻は造らない、各々勝手に食べる。外食昼食は500円まで家計費負担。
 ・夕食は一緒に食べる、食器洗いは二人でする。

2,買い物 
 ・重い物、かさばる物は夫の役目

3,掃除・洗濯 
 ・バスルーム・トイレは夫の当番、洗濯は妻、洗濯ものの取り込みは夫。

4 ・車 
 ・駅までの車による送迎はしない、バス、タクシーで行く、自己負担。

5,スケジュール 
 ・月曜日〜金曜日までの各々二人の予定を共通カレンダーに記入し、二人とも
  1日中家にることをなくす。
 ・半日単位でどちらかのスケジュールに合わせて、在宅、外出する。

6,旅行など 
 ・基本的に二ケ月に一度、一泊以上の旅行に行く。

7,お金について
 ・夫退職時に、夫・妻ともに干渉しない小遣い口座を持つ、出来れば100万。
 ・家計・資産を管理している方は月に一度、現在の内容を解るように公開する。
 ・毎月、夫・妻共に同額の小遣いを確保する。(現役時の半分 3万程度)
 ・年間予算に交際費、教養娯楽費を設け、夫・妻ともにこの予算内で融通しあう。
 ・年間医療費予算を設ける。
 ・バイト収入は全て、本人のものとする。

8、その他
 ・退職後、趣味もやりたい事もなく家てブラブラしている夫にたいして、
  他人と比較してのアドバイスはしない。
 ・何時かは自分で動き出すのを待つ。
 ・数か月は待つ、男は他人と比較されるのを嫌う。
 ・直接云うのではなく、さりげなく地域の情報などを目につくところに、置いておく。

我が家は子供がいない家庭なので、づつとこのような退職後生活です。
参考になるかどうかは、家庭事情によって違うとは思いますが、夫は現役時と変わらなくてはいけません。
posted by 西沢 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ