CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月03日

定年退職後の個人自由旅行、格安ホテル・エァーパックの賢い使い方

団体パック旅行は、一日廻る観光箇所が多くて疲れる、何処を廻ったのか後から覚えていない、出来るなら個人・自由旅行スタイルで夫婦二人でのんびりと廻りたい・・・退職後夫婦二人で旅するようになると誰でもがそう思うようになります。
しかし、個人手配ではあの団体パックの値段には到底太刀打ち出来ないのと、自分たちだけで日程やルートを組むのが苦手とと云うことになり、ついつい大手旅行会社主催のお仕着せ、格安ツァーになってしまう、と云うご夫婦は多いです。

私たちの場合、そんなに余裕のある経済環境では有りません。
どちらかと云うと55才と52才で退職していますから年金収入は平均以下です。
でも、だから、自由・個人旅行なんです。

私たち夫婦は、現役時代国内は行かず、海外のもっぱら厳しい、キツイ地域、中近東アラブ社会、中米、南米、ディープアジア、シルクロード、アフリカなどを個人・自由旅行の形態で廻っていました。ですから、お金はなくとも旅行に関する知識・安全と語学力だけは他のご夫婦よりは学んで来ています。

国内向けのホテル・エァー・トレインパックの値段
na05.jpg
今回の長崎・ハウステンボス二泊三日はHQ旅行社の個人向けホテル・エァーパックです。
一人33,000円、二人で66,000円です。
個人でネットに向かって予約すると長崎のホテル「ルークプラザ」は楽天で一室17,000円、ハウステンボスの日航は13,000円で、宿泊費合計30,000円となります。
航空券 羽田・長崎は 一人往復35,000 二人で70,000円 合計100,000円です。

この差は何かというと、大手旅行代理店の仕入れ力、他なりません。
ホテルを個人で直接予約すれば、ホテル予約サイトや旅行代理店の手数料がないので、安くなるのではと云う幻想を抱きますが全く違います。ホテル側からすれば、一番の大切にしなくてはならないお客様は、大量に宿泊客を送り込んでくる、集客してくれる大手旅行代理店なのです。個人客は言い値・定価で買ってくれる「カモ」に近いのです。
もし、ある都市を旅していて宿に困ったら、直接出向くよりは、その都市にある大手旅行代理店に飛び込んで、予約したほうが確実に安く泊まれます。
航空券に至っては、個人客は定価で買ってくれる大得意さんなんです。
大手旅行代理店の正社員は、年間何度かのフリーチケットが航空会社から貰えます、家族も使えるケース、退職社員も使えるチケットもあります。
それほど、大手旅行代理店を大切に扱っているのは、大量に買ってくれるからなのです。

航空券だけではなく、JRも同じことです。
大人の休日クラブに会費を払って、割引で買うよりは、大手のトレインパックの方が安いのは常識です。では、ホテル・エァーパックでホテルに入った時、お部屋は原則選べませんし、変更も出来ません。
ホテル側と旅行代理店の間で決められたお部屋のカテゴリーが決まっているからです。もし、気に入らず変更しようとすると差額料金が発生します。今回泊まった長崎の夜景のみえるホテル「ルークプラザ」は最初から、夜景が部屋から見えない部屋と明記されており、見える海側は一部屋6,000円の追加料金が必要でした。
日航ハウステンボスの場合、通された部屋は、裏側でハウステンボスは全く見えない部屋でした。海外でいつも、お部屋の交渉をしているカミサンは、1月末でガラガラのホテル内を見て、交渉に入りました。
フロントは、このチケットを発券した旅行会社さんのカテゴリーでは、このお部屋なんです、ハウステンボスが見える側に空き室はありますが差額が発生します。と云います。海外なら本日満室と云う決まり文句を云うケースが多いのですが、流石、日航はそんな見え透いたウソは云いません。
そこで丁寧に下手に出て、では同じHQ社との契約カテゴリーのなかで、一番ハウステンボスに近いお部屋をとお願いしたところ、フロントの優しそうな女性スタッフは、奥で上司と相談して、ほぼ正面に近い横方面のお部屋を手配してくれました。

これは、ゴネているのではなく、お客としての正統な要求です。
私たちは年に二度、京都に泊まる定宿があります。個人手配ではなく、JR東海ツァーズの格安ホテル・レールパックです。
河原町・三条にあるシテイホテルですが、ここは毎年きていまのでJR東海の手配が完了したらフロントに電話します。普通は、当日チェックインした時に予約レベルのなかで空いている部屋を自動的に充てるのですが、事前に手配先(この場合JR東海)と自分の名前を伝えれば、予約レベル
で最良の部屋を用意してくれます。

退職後は団体パック旅行を卒業して、ご夫婦二人だけの個人・自由旅行をお勧めします。
posted by 西沢 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ