CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月25日

誰も云わない・誰も書かないタブー 還暦退職男性の性

私が管理人として運営しているBBS「定年後の過ごし方・ロングステイ・みんなの伝言/情報掲示版」には、海外ロングステイ・年金・趣味の 生活・介護・病気など、退職後のセカンドライフに関する、色々な意見・情報・発信で賑わっています。
http://wwweb.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi

ある日、メールフォーム経由で問合せ・質問が有りました。
タブー化している、高齢者の性の問題について発信したいのであるが、私のサイトの掲示板にダイレクトに書くと迷惑がかかるのでは、と 危惧しての事前の相談メールでした。 確かに、危惧するのは解ります。

昔から老人の性を直視する日本の社会ではなく、オープンに議論はされてきませんでした。
いきなりの投稿で管理者は困惑します。そこで、 一度、発信原稿をメールで送って下さいとお願いしました。その内容を拝見してから考えさせていただく旨、ご返事致しました。

送られてきました内容は、決して興味半分のものではなく、真摯に赤裸々に還暦男性の性について、書かれていました。
しかし、当サイトには、年齢・性別に関係なく支持されていますので、誰でもが読める・見れる状態の掲示板ではなく、読みたい人だけが 選択できるこのページに、匿名・投稿と云う形で掲載いたしました。以下がその投稿内容です。


64才男性・退職後3年・匿名希望:
TV番組のなかで、男性の浮気について、女性タレントや専門コメンテーターが議論していました。しょせん、テレビのバラエティー番組ですが、茶の間で見ている私は、そうじゃない・本当の男の気持ちが解っていない、つぶやいて いました。
誤解と反論を覚悟して書きます。男性の意識のなかでは結婚と恋愛と性行動は別物です。
男は、次のタイプの異なる女性像を同時に求めているのです。
結婚・人生生活を共に過ごす妻として、母親として、ベターハーフとしての理想的な女性像
会っているだけ、話しているだけで、心ときめく恋愛対象としての理想的な女性像
理性・体裁をかなぐり捨てて、単なる異性として接することが出来る妻や恋人以外の女性像 。

興信所の調査で、男性の浮気相手の女性は、総じて奥さんより年齢が高かったり、容姿が劣っていたりするケースが 多いと云われています。
どうして?と思われるでしょうが、求めているものが違うだけです。
殆んど世の中で云われている男性の浮気と云われているものは、第三のケースですから、世の奥様方は鷹揚と構え、自分の基に帰ってくる 事を待っていれば良いのです。

還暦を過ぎた男性の性
還暦60才を過ぎた男性の性について、触れたり・見たりするのは何か汚い・見てはいけない物のように扱われます。
昔から綺麗に自然に枯れて行くのが男の花道・粋と思われています。
しかし、ぜんぜん枯れていません。良く男性の間で云われている言葉「妻以外の女性なら、何時でもOK・スタンバイ状態」は還暦64才の本音です。
妻とは、17年前が最後でした。その後はどうしていたか?
月一度、安全・清潔な、その手の女性たちとお会いしています。
都会のこれらの街の朝から夕方にかけては、明らかに 退職後の年齢と思われる男性の需要で成り立っているのは、業界の常識化している事実です。
これは女性から見ると浮気でしょうか? 男の勝手な言い分かも知れませんが、違います、決して浮気ではなく、帰る家があることを前提にして男の生理です。 そして、何歳になっても疑似恋愛はしていたいのです。

同じ年齢の退職男性とこのような性に関する話はした事はありません。
人格と下半身は別ものと解っていますが、やはり、口にだすには躊躇する現実は、65才定年が定着し、 高齢化が進んだ現代でもあります。

今回、退職者及び退職前予備軍が多く集う、このBBSに投稿しようとした理由は特にありません。BBSで論議・意見を交わすには不適当・難しいテーマであると、自分でも解っています。ただ世の中に 声をだして云いたいのは、高齢者該当の一年前の64才は、ぜんぜん枯れていない、と云う事実を伝えたかった に過ぎません。


web管理者コメント
この投稿を掲載するかどうか、非常に悩みました。この方の心情は良く解ります。
60代は枯れてはおらず、ましてやオジサンではあるけれど お爺さんではないのです。
しかし、この問題で掲示板炎上を恐れて、Web管理者本人のページに投稿記事を掲載した次第です
タグ:還暦 性生活
posted by 西沢 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ