CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月19日

鎌倉から見る富士山の夕焼け

テレビニュースでは、西日本・北陸・上信越・東北で大雪ですが、関東太平洋側では連日の雲 ひとつない晴天が続いています。
今月から始まったNPOのスマホレスポンシブル対応後期講座の資料準備も大方終わり、 ほったらかしだった先月の伊豆・静岡旅行のビデオ作成にとりかかりましたが、 肝心の富士山の動画が日本平だけしかなく、ストーリー構成に幅がなく、なんとか仕上げるために、 裏の栄光学園坂を登った先にある公園までいって、ネタを仕入れてきました。 ここの公園の朝の富士山はこの時期、ご覧のような写真が撮れます。

f03.jpg退職後鎌倉に越して来るまでは、二駅横浜よりの東戸塚に21年住んでいました。
当時、この町は新駅駅前開発が始まったばかりで、駅前の坂上から綺麗な富士山が見えました。
今は 沢山のタワーマンションに隠れ、このタワマンの上層階の西側にお住まいの方しか、この霊峰の姿は見れません。
それでも空気の澄んでいる朝は、通勤の横須賀線の車窓から富士山が良く見えました。
富士山は意外と多くの 場所からも見え、会社があった新宿からも夕方の甲州街道のビルの谷間から赤く染まる富士山が見えたことが 度々ありました。

鎌倉・湘南に越して来ると、ちょっと坂をあがり開けた場所にでると、富士山は当たり前のように見え、特別な 場所でもないようです。
私が住むマンションは低中層住宅地域なので、5階建てまでですから最上階でも富士山は見えません。近くの 開けた場所の一つ、県立フラワーセンターでは昔は見えたそうですが、大病院やマンションが立ち並び現在では 見えません。

f02.jpgこの終の棲家になるかも知れないマンションに越して来た頃、まだ若かったのか(私55才、カミサン52才)は、毎日のように この周辺をお散歩して歩き回りました。その時にこの富士山のみえる公園を発見したのです。
私たちの住む共同住宅は駅から徒歩9分・・・不動産屋の公式チラシでは・・・確かに昔は9分で歩けるのを 確認しましたが、今は乗る電車の20分前に家を出るようにしています。少しづつ歩くスピードが遅くなり、 駅構内へはゆとりを持って行くことになり、現役サラリーマン時代のように、ギリギリの時間設定をしなく なりました。
我が家の裏手は文教地区に指定され、神奈川県有数の進学校の男子校と、カトリック系のお嬢様女子高があります。
ここへは、名物の急坂を登って行かなくてはいけないのですが、朝・夕大勢の男子高校生が一列になってこの 急坂を若い体力でどんどんと上がって行きます。
一方女子高のほうは、少し距離も有りますし、男子校生徒とクロスしないような配慮なのか、バスです。学校専用バス ではなく、一般路線バスなので地元住民も乗りますが、朝・夕の登下校時は、どんなに勇気のある男子でも このバスには乗れない雰囲気です。

f01.jpgやっと夕焼けの写真・映像が撮れました
朝は東からからあがる太陽で、関東から見て西側にある富士山は、陽が当たり、割と綺麗に撮影できるのですが、夕方は 必然的に、富士山は夕焼けとなるのですが・・・・お天気が良いだけでは、夕景は撮れないのです。赤く染まる 雲が適当にないと、絵にならず、この日は三回目のチャレンジでした。
この日は、比較的暖かく、高台の公園の割には風もなく、天気予報では翌日から崩れるようで西の空には 少し雲も見え、まあまあのタイミングでした。
夕方、防災無線スピーカーから「夕焼け小焼け」が流れるを聞いてから、10分急坂を登り行ってみると 先客がいました。
ご近所に住むご婦人のようで、立派な大きい一眼レフです。
ご挨拶すると、ここに45年お住まいで毎日のようにこの公園で朝夕撮影しているそうで、70才を過ぎて やっと富士山を撮る趣味が出来て良かった、とお話していました。

これで昨年から続いた、伊豆の富士、日本平の富士の動画に鎌倉の富士を入れて、一本の作品が 出来そうです。これまで撮影してきた作品は「団塊世代の過ごし方 動画の世界」
http://www.tt.em-net.ne.jp/~soy7686/movie.html
に掲載しています。
posted by 西沢 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2017年12月05日

2017 鎌倉の紅葉は終わりです。

先週の木曜日深夜に宮古島から戻ってきて、金・土・日の三日間、旅の疲れと撮影してきた静止画・動画の編集と、今週末のNPOセンターで受け持つWeb言語講座の準備に追われて、一歩も自宅から出ずにパソコンに向かって、作業をしていました。
月曜日朝、ベッドで左足ふくらぎのこむら返りの痛さに飛び起きました。
そして、日課としている体重計に乗ると、また太ってました。
旅行中はかえって間食しなかったので、旅行へ行く前と後ではさして太っていなかったので安心していたのですが、この三日間で0.6Kも太り、危険水域の66K台後半となってしまいました。
こむら返りも、体重の増加も原因は解っています。運動不足です。

これではいけない、と外のお天気を見ると、快晴のようです。出かけなくては。
一日最低一万歩以上歩かなくては、そして、日中家にいると間食してしまうし。

毎年鎌倉の紅葉は12月の第一周から二週にかけて、日本で一番遅い紅葉の時期なのです。
鎌倉の紅葉を撮影する場所・時間帯・太陽の光線の加減は、地元ですから解っています。
朝一番、観光客が混みだす前、9時から10時が絶好の撮影時間なのです。
km01.jpg
自宅最寄のJR大船駅から北鎌倉へ。
最初の目的地は、円覚寺です。
しかし、先々週、電車で北鎌倉駅を車窓すら見た時、撮影ポイントの山門への階段の紅葉はかなり紅葉していたので、不安でした。
不安は的中。今年の紅葉は全国的に早いようで、鎌倉の紅葉も12月4日では、遅すぎました。
台風の潮風の影響もあり、かなり葉は縮み、焼けていました。

北鎌倉の駅を降り立った所に、昔所属し、現在ホームページのサポートをしている写真クラブのメンバーがいました。
今日は、恒例の月撮影会で、やはり円覚寺からスタートするようです。
皆さん、円覚寺の紅葉を見て、今年は遅かった・・・と地元なのに嘆いていました。

次は何処に行くの?と聞くと「長寿院」と云います。
エー、「長寿院」って何処、何があるの?
建長寺の手前、亀ケ谷坂の角のお寺、普段公開していないけど、この紅葉の時期だけ一般公開しているよ、と教えてくれました。
へー知らなかった。
其処って、私たち鎌倉市民高齢者が持っている「福寿手帳」で拝観料はタダになるの?
km04.jpg
建長寺から次の目的地は鶴岡八幡宮を横切って、覚園寺へ向かいます。
鶴岡八幡宮には、紅葉する樹木はほとんどありません。
これまで、八幡さんの秋の鉄板写真といえば、階段左の大銀杏・公孫樹と一緒の絵でしたが、平成22年に倒れてしまって、紅葉写真目的の方は素通りするだけですが、ほんの少し色づく木と、甍を納めました。

覚園寺は知る人ぞ知る美しい紅葉の庭園があるお寺です。
ここは、遠方から観光客はほぼゼロです。
場所は、鎌倉宮の奥、どん詰まりの車一台とおるのが精いっぱいの道の突き当りです。
ここの紅葉もピークは過ぎていましたが、何とか朝の逆光越しの紅葉が撮れました


km05.jpgここから次の目的地は、長谷寺と露座の大仏の高徳院です。
鎌倉宮から鎌倉へは当然ながら歩きです。バスは頻?にでていますが、歩くのが鎌倉です。
特に今日は、健康・ダイエットの為ですから、鎌倉駅まで15分、裏道を通って戻り、長谷まで江ノ電です。

長谷寺の紅葉ライトアップの情報が地元のコミュニティ紙に掲載されていたのは、10日前でした。山門まで行って、お庭を覗くと完全にダメでした。
長谷寺は湘南の海の風をまともに受ける位置なので、ちょっとした台風で、その年の紅葉は汚いのです。ここも、鎌倉シニアパスは使えるのですが、撮っても無駄と、パスしました。

最後は高徳院の大仏様です。
この鎌倉の露座の大仏の定番写真は春の桜と一緒の写真なのですが、秋は手前の黄葉と紅葉の隙間から大仏様を撮影するのが定番です。

さて、これで今日はお終い、自宅へどうやって帰ろうかと思案して、万歩計を見ると、今日の目標としていた二万歩には程遠く、結局、長谷から由比ガ浜通り、六地蔵を経由して、亀ケ谷切通、浄智寺、建長寺、北鎌倉の駅に戻り、JRで帰りました。
この間、間食なしで22,000歩、きっと次の日の朝は痩せているでしょう。
posted by 西沢 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉