CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月13日

台風一過の青空、それでも爪痕がここ、かしこ

今回の台風は、雨台風のようでした。
予報どおり夜の9時頃、湘南の上を通過して行きました。
マンションと云えども、我が家のリビングは東南に面しており、凄まじい轟音とともに、ガラス窓が震えるほどでした。
しかし、朝になると前回の15号と違って、目の前の公園広場にも、道路にも吹き飛ばされた枝や、葉っぱは見受けられません。鎌倉の一部では倒木による停電があったようですが、我が家は停電も断水も有りませんでした。

taifu19-1.jpgどうやら今回の台風は雨台風で、関東西北部の山岳地帯にぶつかり大量の雨を降らせたようです。
首都圏平野部の河川に幾らか影響でているようですが、この時間帯ではまだ分かりません。
が、朝のTVニュースをみると実家の長野市は千曲川の氾濫で大変なことになっているようです。
18才まで過ごした、長野市は、廻りを山々に囲まれているので、どんなに大きな台風がきても、長野に達するに時にはもう、弱小化されている、との認識でした。

ましてや、あの大河、河川敷の広大な千曲川が氾濫するとは、誰も想像したことはないでしょう。NHKのTV画面をみながら、まずは大丈夫だろうと思いながら、実家の兄に電話すると、川からはだいぶ離れているので、全く問題なく、今浸水しているのは、千曲川(信濃川)沿いに走る東北新幹線沿線地域だと、話していました。
そう云われても、故郷を離れてから、50数年たっている今、その地名を云われても、解るのは林檎畑だけの思い出の地なのですが。

taifu19-2.jpg朝のTVニュースを見終わった後、カミサンから今日のお昼の買い出しに、駅前商店街の西友に行って、と、買い出しメモを渡されました。そのなかには、百均でベランダのガラスを拭くシートがありました。
昨夜の強烈な風で、ベランダ側のガラスは潮風で真っ白に汚れていました。
外に出ると、ご近所の戸建て隣組の知合いが数人集まっているので、何事かと聞くと、TVが映らないというのです。
原因は、ケーブルTVの断線のようです。TVがダメならネットっというと同じ契約をしているので、ネットもメールもダメ、と云う事て、最悪、スマホのデザリングを使ったら、と云うと、何それ、初めて聞いた言葉・・・そっかカンタンスマホシニアにはちょっと解らないかもしれないな。

taifu19-3.jpg駅前を流れる一級河川の水量はいつもとさほど変わっていませんでした。
雨台風は、関東平野部ではなく、北の山岳部に集中して降ったようです。
駅に着くと、構内アナウンスが流れています。
動いているのは、根岸線だけで東海道線、横須賀線の運転開始のメドは立っていないようです。
そして、改札口には手書きで、今日のワールドカップラクビー「日本・アイルランド」戦がある、新横浜への乗り換えルートが大書されていました。
駅ビルにある「ルミネ」は昨日12日は終日営業せず、台風一過の青空の日曜日は、午後12時から営業のようです。
カミサンから頼まれた買い物。と西友に行くと、ここも同じ、午後12時から営業のでした。

今日のお昼は、買い置きの「冷凍肉うどん」ですまそう。
タグ:台風19号
posted by 西沢 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック