CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月08日

初秋の北海道の旅三日目 札幌滝野霊園の頭大仏と二条市場の海鮮丼

今回の札幌の宿は地下鉄「中島公園」のJALシティーホテルです。
泊まった29日の10日前、9月20日開業したてのホカホカ・ピカピカのJAL系のセカンドブランドホテルです。
最寄駅・地下鉄から徒歩5分以内でツイン、21平米以上のお部屋、2泊ので私たちの予算25.000円内に納まったので、決めました。
北海道のシティホテルの多くは、大浴場があるのが助かります。

10月の初旬に旅する札幌ですから、大雪山ではないにしろ、ある程度の寒さに備えた用意をして行ったのですが、私たちが旅した3日間の北海道は、ピーカンの天気の上、温度は8月下旬から9月初旬の温度で日中は25℃と暖いと云うより、暑いが続いていました。
札幌と云う大都会のホテルから見る、東の空は、冬の東京の澄んだ朝のように、とても綺麗でした。

札幌に泊まるのは、退職してから16年で4回目です。
札幌以外にも、函館・釧路・登別・稚内・旭川と数えてみると、2年に一度は北海道に来ているのです。
今回は、札幌市内で特に観光する予定もなく、朝は目の前の中島公園を散歩して歩きました。
流石、北海道の大都会、街のなかなのに、こんな大きな公園があるなんて、羨ましい。
定年後の国内移住先人気でも、札幌が沖縄についで二番目の人気地であることは、解ります。
但し、冬の寒さ、訪れの早さを除いては、という条件ですが。

札幌市内の主な観光地は行き尽くした感の私たちのこの日の目玉・目的地は、「滝野霊園の頭大仏」です。
何処かの雑誌か、TV番組で見て、直ぐにネット検索しました。
日本にこんな所、こんな仏様があったのか!
場所は地下鉄南北線終着駅、自衛隊や競技場のある郊外の「真駒内」から路線バスで30分ほどにある滝野霊園です。
平成28年8月、3年前に開園した墓地・霊園です。
この霊園内に、建築家 安藤忠雄氏の設計によるラベンダーの丘のもとに安置された、大仏様があるのです。

その姿SNSで世界に発信されると、外国人観光客の間で評判になりました。
確かに、インスト映えする世界が広がっています。
それと、何故か、イースター島のモアイ、イランの獅子像、イギリスのストーンヘンジまであるのです。
この新しい霊園の人寄せ、メモリアルなのでしょうが・・・
それにしても、大仏の設置方法・見せ方は、流石、安藤忠雄の作品です。
何度かの札幌滞在で半日ありましたら、絶対お薦めの場所です。
JR札幌駅から地下鉄・路線バスで1時間以内で行けます。
私たちは、初秋の10月でしたが、ベストはラベンダーの咲く季節、7月初旬から、中旬でしょう。


3日目の午前中は真駒内滝野霊園で済ませ、昼食は予定していました、二条市場内の「どんぶり茶屋」です。
ここも、インパウンド外国人観光客のSNSで超有名になったお店です。
私たちは、札幌にくる1週間前のTV番組「ユーは何しに日本へ」でこの店を知りました。
番組では「うに丼」を食べたくて、北海道まで旅してきた女性がねネツトでこの店を知り、入るのですが、メニューに「時価」と書かれているのを見て、時価の意味を調べ、その日の値段が5,000円と聞き、自分が泊まっているゲストハウス二泊分というので躊躇して一旦、お店の外に出て考え、再び入店して注文する云う、興味深い映像でした。

その時のこのお店のTVに映ったメニューの値段に惹かれました。
ほとんどの海鮮丼はある程度の大きさ、ボリュウームで税込み1,380円なのです。
安い!、私は何時もこのような海鮮丼の値段基準は、大都会の大手居酒屋チェーンと比較してしまいます。
旅先の観光地の有名「海鮮丼」は小さすぎるし、高すぎる、確かに新鮮なのでしょが。あんなものに、3,000円も、私たちは払えないのです。
この店の値段なら、北海道へ来た記念的に食べてみようと、やつてきました。
お昼時なので、市場内のお店の外は、全て待っている外国人観光客が15人ほど並んでいました。
20分程度待ちまして入れました。
私が注文したのは、少し大きめの1,980円・・・確かに安いのかも知れませんが、若い時ほどの食欲はなくこの程度のものでしたら、自宅近くの廻るお寿司「くら寿司」で、一人2000円分好きなものを注文して食べたほうが私には合っています。
とにかく、旅先での名物料理に興味がなく、蕎麦の美味さも、香りも解らない人間ですから。

夕方17:30発のフライトで羽田に戻り、自宅には20時前に戻りました。
確かに、北海道は近くなっているのを実感した今回の旅でした。
posted by 西沢 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック