CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月04日

体の悩み、思い当たることがあれば、要注意、新聞広告にギグ!

10.jpg退職したから、日中にテレビを見る機会が増えてきました。
昼のモーニングショーのCMは、視聴者層を意識してなのでしょう、健康ドリンクや、健康サプリメントのCMがやたら多いのが目に付きます。
50代後半から60代半ばまでは、目にも停めていなかったのですが、古稀を迎えるお年頃になりますと、そんなにサプリメントを飲んだりして、効くの?、還って健康に悪いのでは?と冷やかし半分で見ていたのですが・・・

最近の新聞一面広告を見てギクリです。
再春館製薬の一面広告で「こんなことありませんか?」と問う内容が
・布団から起き上がるのもこと仕事
・靴下を履くときに、よろける
・最近、つまずきやすくなった
・最近、歩く歩幅が狭くなってきた
・階段を下る時に手すりにつかまるようになつた
・買い物に出かけるのが、億劫になつてきた
06.jpg
「思い当たるふしがあれば、早めの対策を」と謳っています。
再春館製薬ですから、漢方の医薬品メーカー、そんなに変なものは売らないと思いますが、サプリメントはアミノ酸と朝鮮人参ベースのクラッシュゼリーとのこと、
初めての方へ「無料 お試し3本セット」、送料も無料。

TVCMの通販でよくある手法なのですが、そんな無料の三包飲んだって、効き目が解る訳がないじゃないですか?
通常値段を見ると、1か月6,000円から10,000円もするものばかりです。
そんなんだったら、美味しい、栄養のあるものを食べたほうが、どれだけ良い事か!

ネットで見る限り、年齢があがるほど、このような健康サプリメントを摂る方が増えているようです。まあ、ひとそれぞれなのでしょうが。


健康食品の定期販売に潜む危険についてシニア向けガイドで警告しています。
出展 https://seniorguide.jp/article/1006694.html


健康食品やサプリメントなどの通販において、「お試し」などの言葉で購入を誘い、通常価格より安い価格で購入したところ、実際は定期購入契約だったというトラブルが急増していると、国民生活センターが警告しています。

これは、通信販売で「お試し価格」「初回無料」などと称して申し込みを行なわせるもので、実は購入者が自分で停止手続きをしないと自動で定期購入へ切り替わってしまうという商法です。
購入者は、1回だけ安く購入したつもりなのに、業者から定期的に商品が送られてきて、代金を請求されます。
さらに、解約を申し出ようとしたところ、「事業者へ電話がつながらない」という悪質な事例も見られます。

国民生活センターでは、消費者に対して、次のような注意を行なっています。

購入時には、契約内容や解約条件を確認する
トラブルになった場合には消費生活センター(局番なしの188(いやや))に相談する」
健康食品やサプリメントは、定期的に商品が届く便利さをうたって定期的な購入を促している例がよくあります。

最初に試す場合は、「お試し価格」や「おトク」などの言葉に惑わされず、1回限りの購入であることを、よく確認しましょう。



皆さんは思い当たる、場面はまだありませんか?
私はこの全てに当て嵌まり、かなりヤバイと思っていますが、週一の遊びスポーツ以外は、特に何にもしてません。
posted by 西沢 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック