CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月11日

「老後2000万円」問題、「年金だけでは生活出来なくなる」

資産寿命」の指針をお上、政府が公表しました。
「年金100年安心」は噓だったのか、国会で野党が追及しているようですが・・・

sisan01.jpg政府金融庁は、人生100年時代に向けて、老後に必要な蓄え「資産寿命」の延ばし方指針を発表しました。既に退職し、年金生活に入っている、私たち団塊世代にとって、大きなお世話なの話なのです。
政府系共済年金制度あった公務員、企業年金が大きい大企業サラリーマンは別として、厚生年金・国民年金だけで、老後やっていけないことは私たち世代は当に承知しており、今更ながら政府から
・少子化で、年金を負担する人口が減る
・高齢化社会で、医療費が増大し、財政を圧迫する
・景気が思ったよりも回復せず、年金投資が上手くいかない

だから、今後年金を貰う人は、自助努力せよという政府の公式の「お手上げ宣言」のようです。

政府金融庁発表の資料によると
夫65才以上、妻60才以上の夫婦のみ高齢者無職世代の1か月の家計支出は26.4万円だそうです。
一方、年金など社会保障給付額は、20.9万円つまり、毎月5.5万円ほど不足し、足りない分は自らの貯蓄の取り崩しが実態だそうで、老後が20〜30年続くとすれば単純計算で、1,300〜2,000万円必要と云う計算になります。

一方、政府統計では、高齢者夫婦無職所帯の平均貯蓄額は、2484万円と数字も公表されています。これらの、政府統計は数字のマジックです。

1,家計支出も年金給付額も、貯蓄額も、「平均値」です。
 平均値は、ご存知のように100人の一人が、他の99人の10倍以上の数値の場合、
 平均値は10%UPします。
 一人だけ50倍の場合、149%UPします。
 一億層中流の時代では平均値はある程の目安となりましたが、今日のような格差・
 階級時代では一定の役割を果たせません。
 平均値と共に、センター値の公表をすべきです。

2,高齢者所帯の社会保障額が月に20.9万円もマジックです。
 給与所得者であった夫の厚生の年金と第三号被保険者であった妻との合算金額の数値であり、
 自営業であって国民年金夫婦の一か月の年金額は13万円ですから。
 この支給額は介護保険などの税引き前の金額ですから、実際はもっと少なくなります。

3,高齢者所帯の月実質支出が26.4万円と云うマジック
 実際に16年間、年金生活をしています高齢者夫婦所帯の月額支出は20万円前後です。
 しかし、この数字は本当に生きていくために必要な1か月の費用です。
 この金額×12ケ月=年間生活必要金額では有りません。
 ・住民税・国民健康保険料・住民税・個人的保険料
 ・年間に必要な医療費
 ・自宅維持管理費、耐久消費財購入費
 ・冠婚葬祭費
 ・趣味、旅行などの教養娯楽費
 つまり、食って、寝るだけだけでは、退職後の老後二人の生活は成り立ちません。
 
sisan02.jpg政府統計に表れない理由は、これらの費用は、収入・手持ち財産、貯蓄によって様々だからです。定年退職後の年金生活でよく使われる言葉「ゆとりある年金生活」この「ゆとり」は、各人のライフスタイル、資産状況により様々ですし、齢をとるに従い変化します。
私たち夫婦の場合、退職直後の10年間は、毎年4回の2週間の海外旅行が必須の「ゆとり」でした。その後、海外を卒業した後は、毎月一度の宿泊を伴う国内旅行が「ゆとり」です。

趣味やお友達との食事会、家族、孫とのお付き合いも「ゆとり」です。
これがなくとも、寝て、食って、生きていくだけなら確かに、政府統計の数字、年間300万円でやっていけるかもしれません。
そんな、老後人生を送りたくないなら、しっかりと自助努力で、老後資金を蓄えなさい、政府は本音で語りだす時代となったのです。

ではいったい幾らあったら、多少の「ゆとりある老後ライフ」を過ごせるのか?
年金を平均値の月21万円もらっている、政府の云う平均所帯の場合
夫が平均年齢80才、残された妻90才で亡くなると仮に計算した時、
ゆとりある生活に必要な「年間420万」の生活をこのまま続けるには、70才時点で貯蓄は最低3,000万円という計算になります。
政府統計の高齢者所帯の貯蓄高、2,484万円と聞いて、そんなに皆んな、持っているのと思うでしょうが、持っているのです。必要なのです。

sisan03.jpgこれらの発表は、今働き盛りの40代・50代へ向けての政府のメッセージです。
これらのメッセージの受け取り方をどうぞ、ご夫婦で話あって下さい。
自分たちの人生で、何が一番大切なのか?
子ども、家庭、生き甲斐、・・・
社会保障制度は、時代によって変化します。

私は青春時代を南米で最も社会福祉が充実していると云われたアルゼンチンを過ごしました。
しかし、世界経済の流れ、当時の政権の腐敗、軍事政権の台頭などで、ハイパーインフレ、デフォルトに追い込まれました。
これらを回避出来た人達は、皆金持ちだけです。
一般市民・国民は、ただ、ただ銀行の前、スーパーマーケットの前、ガソリンスタンドの前に行列して待つしかなかったのです。

何の為に働くかを一番に考えて下さい。
決して、会社の為、業績を上げる為では有りません。
自分の家族、子供の為に、将来の自分たち夫婦の未来の為に働くのだ、と意識を働き盛りから持て、と政府が云っているのです。

posted by 西沢 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック