CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月30日

70代男性の真の「大人のおもちゃ」を買いました。

大人のおもちゃと云うと、卑猥な、セクシャル的なものを想像するかも知れませんが、かなり枯れて来た(多少の水分は残っていますが)古稀を迎えたオジサンさんたちにとっての「大人のおもちゃ」とは、さして実生活の実用品・必需品ではなく、女性からみれば、
・くだらない、
・それでも結構なお値段がする
・すぐに飽きて使わなくなる
・何かいいの解らない
  趣味の世界に属するもの・・・・なんです。

osm03.jpgパソコン一台は、家庭の必需品、退職老後生活になくてはならないものですが二台目のパソコン、それもハイスペックな高価なものは必需品ではなく、オジサン達の趣味の範囲に属くする大人のおもちゃの部類に入ります。

パソコンは仕事柄、幾つか持っています。
web講座授業で使う、軽量・小型・SSDのWin10パソコン、来月でちょうど三年目になり、そろそろ買い替えを考えなくてはならないのですが、wib10が安定しているのと、SSDなのでメカニカル的に寿命は長いので、買換えはまだ先のようです。

もう一つ、同じノートでwin8.1、HD750GB、CPUi5、メモリー4G、ブルーレイと云う一般的なものですが、これはビデオ動画編集専用に使っています。このパソコンを使い始めた日付けをテプラで本体貼り付けてあり、来月でちょうど5年になります。
普通、私たちパソコンハードユーザーはノートPCの寿命は3〜4年と考えていますが、このようにある特定目的でしか使わないPCは、壊れるまで使う予定だったのですが・・・考えなくては。

原因は新しく買った大人のおもちゃ、超小型ジンバルビデオカメラ オズモポケットです。

車のテレビCosm01.jpgM トヨタタイムズに記者として登場する「香川照之」が手に持っているのが、世界のドローンメーカーDJIが開発した最先端ジャイロテクノロジーを駆使し、ブレない画像撮影が出来る、民生用として最先端のカメラなのです。
これまで、アメリカのGoproやソニー、パナなどが、アクションカムとか、ウェラブルカメラ云う名称で、発売して人気になっていますが、ジンバル(1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種)とかスタビライザー(車のサスペンションのように、振動を抑える役目)は、別物が基本で、それも大きく、重く、値段も高かったのです。

そこに、あの世界一の民生用ドローメーカー(中国)が、ビデオアクションカム市場に撃ってでてきたのです。
これまでウェラブル・アクションカム小型ビデオカメラは、ビクターやソニーを使ってきましたが、画像モニターが別だったり、振動・ブレを制御するジンバルは、他社(これも中国のFEIYU TECHがダントツで世界を牽引しています。)別途に必要でした。

ここまで書いて、ビデオカメラに興味のない方には、馴染みのないカタカナの会社名が頻繁に登場してきます。DJI、Gopro、FEIYU TECH・・・技術立国われらが日本のメーカーの名は全く登場してきません。

osm02.jpgこら辺が大人のおもちゃと、私たちの間で自虐的に云う理由なのです。
最先端、おもしろそう、でも何を撮影するの?
今持っている沢山のビデオカメラでも、十分じぁないの?
その通り、無くても特段困らないし、このカメラが活躍しそうな場面は年に一度あるかないか?なんです。
その為に、ソニーやGoproよりも高いカメラが必要なの・・・
直ぐに飽きて使わなくなるんじゃないの?

だからーーー、それだから大人のおもちゃなんです。
云わせて、老後はお金は大切、もう入ってくるのは年金だけなんだから・・・
解っています。でも節約、節約して、お金を残して逝きたくない。数百万もする道楽だったら考えるけど、5万円を切る価格で、この機能、それも二人の老後資金からではなく、自分の小遣い口座、NPOセンターの講座時給970円で貯めた小遣いから買うんだから、ほっといて下さい。

テスト撮影したものをYouTubeにUPしてあります。
https://youtu.be/GrzyApQSV0E

話はパソコンに戻ります。
この最先端のビデオカメラで撮影した映像データーを自宅のビデオパソコンで編集できないことが判明しました。
CPUi5、メモリー4G、グラフックボートオンボードの一般的なパソコン、慣れ親しんだ編集ソフトグラスバレーEdius2.5では、パワー不足で編集途中でスタックしてしまうのです。
今回は、これに気づいてビデオクラブ所有のハイスペックPC、編集ソフトはEdius3.0で何とかレンダリングして書き出しできましたが、最終的に、自宅で作業するには、これから主流となるだろう4K動画を編集できる、新しいハイスペックPCと、新しい動画編集ソフトが必要になります。
5万弱で購入した「大人のおもちゃ」の為に、かなりの出費が必要となってきています。
さて、どうしようか? お金はあるものの・・・

posted by 西沢 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック