CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月20日

古稀を過ぎ、あと何回、さくらを愛でることができるだろうか

sakura00.jpg今朝の新聞で伊豆河津桜が見ごろを迎えているようです。
2月半ばが過ぎ、春の足音が聞こえだすこの季節、新聞の折り込みに旅行会社からの広告に
さくらをテーマにした、バスツァーが目立つてきました。
65才、パスポートの更新時期に思い切って更新せずに、海外旅行卒業宣言をしてから、退職後の旅行は国内へとシフトしてきました。あれから年に10回、2泊3日、二人で10万円予算を基本とした旅のスタイルを6年間続けています。

私の旅の行先は美しい映像・ビデオとして残せる場所を最優先しています。
退職直後(55才の時)に先ず行ったのは津軽・弘前のさくら団体ツァーでした。
現役当時、都内のさくらは、通勤の車窓から眺めるもの、或いは現場周辺から歩いて行ける場所でした。
都内の人気の場所のほとんどは、現役時代の平日、或いは夜、現場の仲間と見ています。
千鳥ヶ淵、九段靖国神社、、六義園、目黒川、新宿御苑、ヒルズ桜坂、井の頭公園、浅草隅田公園、横浜大岡川などなど。
全て都内の現場事務所から地下鉄などで動ける範囲でした。
この頃、将来退職後、今のようにさくらを求めて旅するとは思ってもみませんでした。
さくらは毎年、身近で咲くものだったのです。

sakura01.jpg全国に桜の名所があると意識しだしたのは、55才で退職しようと考えだした頃です。
南北に長い日本列島、東京、関東のさくらは、その気になれば行けるのですが、地方となると、距離の問題よりもさくらの開花、満開時期は4月から5月にかけてです。
サラリーマン生活で一番休みが取れにくいのが4月であることは、勤め人なら誰も経験していることです。
新入社員が入り、新しい年度がスタートし、新規プロジェクトが始動する時期、デタラメ、身勝手、自己中心、出世は放棄していた私でも、この季節はなかなか休めませんでした。
ですから、退職直後の最初の旅は、東北のさくらツァーだったのです。

sakura02.jpgこの時は二泊三日「クラブツーリスモ」の団体パックでした。
海外は過去数度団体パックツァーに参加したことがありますが、国内旅行の団体パックはこの時が初めてでした。
私たち夫婦は50代前半、バス二台のツァー客は、その当時の私たちから見ると、六十代後半のお年寄りばかりでした。
東京からの青森さくら観光の拠点、八戸までの往復新幹線、後はひたすらバスで走るツァー、十和田湖・奥入瀬・乳頭温泉・黒石・弘前・角館と盛り沢山のツァーですが、角館も、十和田官庁街のさくらは散っており、弘前城が辛うじて八重さくらが咲き始めていた程度でした。
この時の毎日のバス移動で引き回され、疲れる団体行動の旅は、今後の退職後のリタイヤライフのなかでは絶対にしまい、すべて自分のペースで二人だけで動こうと決めました。

六十代半ばに、胆石発作を起こし、続けて鼠径ヘルニア手術を受けてから、生き方について再び考えるようになりました。
三十代後半に設計した退職後資金&ライフプランでは、その年としの日本人男性の平均寿命を自分の死亡年齢に置き換えていましたが、古稀を迎えると、来年はないかも知れないと、実感で悟るようになりました。
今年の桜は来年は見れないかもしれない、行ける時に行っておこう。
昨年は、実家の兄の運転する車で、昔の「クラブツーリスモ」の団体パックのリベンジを晴らした上、鶴の舞橋や岩木山山麓の新しい桜もじっくりと自分たちのペースで廻り、望んでいたような映像も撮れました。

sakura03.jpg今年の春の桜の目標は
1,幸手権現堂桜堤と菜の花(県営権現堂公園)/埼玉県
2,忍野八海 富士山と桜の風景/山梨県
3,高遠城址/長野県
関東の最低この三ヶ所をクリアしてから桜の咲き具合を見て、喜多方と函館五稜郭のさくらに行けたら、今年のさくらは見納めとなるでしょう。

来月、三月第二週目で、旅の足かせとなっているNPOセンターの担当講座が終わります。
以後五月までは、生活のベースはさくらツァーを最優先とする予定です。
と、思っていましたら今年は改元に絡んで、10連休があるようです。
この時期は何としても避けなくては。

来年は?
元気で、気力・体力・好奇心があったら「儲けもの」。
先ずは東京オリンピックをTV観戦なのかな。

タグ: さくら 古稀
posted by 西沢 at 08:34| Comment(1) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
河津桜でしたら、今、JR松田駅(ロウバイ見に行かれた駅)の西平畑公園が良い感じかと思います。
18日(月)に見てきましたら、5分咲き位でした。伊豆と比べたら、スケールが全然違いますが、菜の花・富士山と調和して、それなりに綺麗です。斜面なので、歩くのが嫌でしたら、駅からのシャトルバスを使えます。入園料200円です。
Posted by Taibun at 2019年02月20日 09:09
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック